ゆにっき

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

新歓スタート!

皆さんこんにちは!
学生ボランティア本部Uni.の広報活動を担当している広報局です!(^^)!



寒くて長い冬が明け、とうとう春がやってきましたね~!

そしてそして、本日は成蹊大学の入学式!

桜の開花とともに大学に新たな仲間が入ってきてくださったわけですね(*´▽`*)

新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます!


さてさて、今日から4/6までの4日間、部活やサークルの新歓が行われています!

私たち学生ボランティア本部Uni.ももちろん!絶賛!新歓活動中ですよ~

Uni.では学生会館305にて部の説明などしています^^


そしてそして、注目すべきは我らが広報製作のUni.Magazine!!

Uni.の公式フリーペーパーになっています(^^)/

s_S_5878048484237.jpg

s_S_5878048551287.jpg


↑表紙・裏表紙はこんな感じ~

気になる中身は…!

s_S_5878048605463 (1)

s_S_5878048625929 (1)


見てのお楽しみです(笑)

これを読めば、Uni.の楽しさが伝わること間違いなし!

ということで、少しでも興味のある人は学生会館305をのぞいてみてくださいね~

優しくて頼もしい先輩たちがお待ちしております(*^^)v

ではでは!

スポンサーサイト

| 未分類 | 09:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

局長インタビュー~広報局~

局長インタビュー第二回目!
今回は、このゆにっきをはじめとするSNSやUni.magazineという広報誌を製作する
広報局の局長、上原舜平さんのインタビューをお送りします!

Image_b636561.jpg


―局に入った、局長になった理由は?

上原「局に入った理由は、上の代の先輩に誘われたから!ミーティングに行ったとき自分の意見を言わせてもらう機会があって、それがしやすいなと感じたから。あとは俺がSNSをあまりいじる人じゃなかったからそういう仕事も面白そうだなぁって思って。

局長になった理由は、ホントは俺じゃなくて別の子をみんなも推してて、その子になるかな〜って思ってた。だけどその子は他にも色々忙しくて本人も局長になりたいって気持ちがあったけどそれを抑えてやめたんだ。その子がやらないなら俺がやりたい!と思って局長になりました!」


―局の魅力、アピールしたいことは?

上原「うーん、魅力は何と言ってもふつーの大学生活では得られない経験ができることかなぁ。ブログを書いたり、SNSでいろんな情報を大勢に向けて発信したり、あと忘れちゃいけないのがUni.magazineだよね。雑誌を作るなんて機会はそうそうないと思う。そんな貴重な経験ができる場が広報局の魅力かな。

あとは、メンバーに一人一人の個性があること!ていうか個性が強いことかな?
みんなが自分の考えをしっかり持っててしっかりと主張できることって意外とすごいことだと思う!局員のみんなには色々助けられてばかりです。みんな自分のキャラがあってミーティングも面白いと思ってる。少なくとも俺は 笑」


―局長としてこれからどうしていきたい?

上原「局長としててやりたいことはすごいUni.magazineを作るとかもそうなんだけど俺としては局員のみんなが広報局として活動しやすい環境を提供する事を頑張りたいと思ってる。今までは人が少ないこともあって大変だったけど俺よりもいろんな面白い意見を出せる人がもうたくさんいるから面白い意見が出た時それをどう実現するかとかみんながやりたいことのサポートをする立場として活動したいと思ってる。一見ショボそうだけどね 笑
でも、俺1人だけが空回りして頑張るのと13人が力を合わせて頑張るのじゃ出来上がりや達成感が全く違うと思うから。

あとはHPだね。今はなき(冗談だよ?笑)竹井さんたちの代が残してくれたものをよりみんなが使いやすい形に次の代の広報局が使いやすい形に変えていきたいと思ってる。これはSNSにも当てはまるかな?情報を発信する局だから過去の意見にとらわれすぎず、常に新しいフレッシュな考えでやっていきたいな!」


―代替わりで局のどんなところが変わった?

上原「まずは人数だね 笑
上の代の先輩方が各々の事情もあって忙しかったからミーティングに、全員が集まることが結構難しかったんだ。けど、新しく1年生が7人、そして2年生にも1人新たな仲間が入ってくれて13人で活動できてることがもう驚き!笑
この前Uni.magazineのページ割り振りをしたら1人1つの担当で間に合っちゃったから本当に驚いた!

あとは、2年生の雰囲気が少し変わったかな?先輩になって前よりもさらに頼もしくなったなぁって感じる。俺の中でも他の2年生には迷惑をかけて助けられてばかりて本当に感謝してます。2年生だけじゃなくて1年生にも普段はバカなことばっかりやって困らせてばかりで申し訳ないけどそれを受け入れてくれるみんなに正直甘えてます。みんなありがとう。多分俺、みんなのことが好きなんだよな。
あれ?こういう話だったっけ?笑」

Image_7f92b84.jpg


―大変だったこと、楽しかったことは?

上原「うーん、確かに今までにも少し大変と呼べることはあったけどまだまだかな。
あえて言うとすれば局長になるときかな。実は俺以外にもなりたいって立候補してくれた子がいて結果的には俺がなったんだけど正直、なってから本当に俺でいいのかなって考えちゃったな。でも、俺を選んでくれた人のためにもそれをバネにしてもっと頑張ろうと考えてる!

あとは、大変なのはこれからかなって広報として色々な障害にぶち当たると思うけどみんなで協力して乗り越えていきたいな!
楽しいことはもうすでに現在進行形で楽しいからそれを途絶えさせないように頑張りたい。今までにもあった広報が楽しい雰囲気であることをまたさらに下の代にも伝えていきたいな。」


―新1年が入る前に今の局員で共有しておきたい目標

上原「1回、ミーティングで目標の話をしたんだけどうまくまとまらなかったんだよね。笑
その時、話し合ってわかったのはそれぞれの局員が自分の目標をしっかり持ってたってことだったからそれぞれの目標を1年間忘れずに頑張るってことが広報の目標になるかな?

あとは、さっきも言ったけどSNSだとかは情報の鮮度が大事だと思うから固定観念や過去にとらわれすぎず『今』にあった情報を発信し続けることが大切だと思う!過去の先輩方には先輩方の『今』があっただろうし、俺たちの代には俺たちの『今』がある。未来の代の子たちにはその子たちの『今』があるだろうから、それに寄り添って活動していきたいと思う!
最後はちょっとぐだったけどそんな感じです!笑」

―ありがとうございました!





新しい広報局の様子は知っていただけたでしょうか?
現在、春に配布する新入生向けの新しいUni.magazineを製作しています!
お楽しみに~(*´▽`*)


(インタビュー:2年 秋元、1年 江本、大瀧)

| 未分類 | 20:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

福祉TL・副TLインタビュー

TL・副TLインタビュー第5弾!とうとう最後となりました(´д⊂)
ラストを飾るのは福祉チームのお二人!

image4.jpg
TLの森めいさん(2年生)と...

image3.jpg
副TLの和田麻友香さん(1年生)です!

――お互いの印象を教えてください

:会った時から全く変わらなくてとりあえず元気で明るい!
悩み事とかあるかもしれないけどそれをおさえてスマイルでいる子。すごい優しい子なんだなと思いました!

和田:ありがたや~(笑)

――めっちゃ笑顔!(笑)

和田:だって褒められる機会ってあんまりないじゃないですか!面と向かって印象を言われることはなかなかない!
なんだろ、、初めて会ったのがスープの会なんですけどすごく良くしてくれてすごく優しくて、おしゃべりで!(笑)
すごくふわーっとした感じが居心地いいというか。いいお姉さんだなぁっていう感じ!

――じゃあ結構仲良し?

和田:仲いいですよ!いいと思う!え、悪いのかな?(笑)

一同 (笑)


――自分とチームをどうしていきたいですか

:やっぱり私はチームリーダーをみんなに任せてもらってるからそれに見合ったことをしていきたい。例えば基本的なことだけどミーティングとかボランティアには遅れないとかそういうこともだけど、やっぱTLの立場だとみんなを上手にまとめるのは大変そうだと思うし、私が不安だとみんなも不安になってしまうから...結構自分が不安だと表に出しちゃうのがここ1年で多かったし、それは私が副TLのときだったから良かったけど、私はもうTLだから不安を出さないような運営をしていきたい!
こんな感じかな…あと説明は簡潔に!(笑)

一同 (笑)

:あとチームは今福祉でめちゃくちゃ変えたいっていうのはないんだけど…でもこの1年でボランティアとか増えてきて、それが果たしてみんながやりたいっていう思えて自発性をもって挑めるボランティアなのか今すごく疑問に思ってる。だからみんながやりたいことをとことん追求したボランティアをしていきたい!全部のボランティアをやめたいってわけじゃなくて、今やってるボランティアに改善を見いだせることがあったら変えていきたい!ボランティア先の人のニーズに応えることも大切だけど部員のニーズにも答えたい!こんな感じです。まとまってないけど…(笑)

和田:まとまってます!私の方がまとまらない…。最近なったばかりだからチームをどうしていきたいとか大それたやつはないんですけど、福祉チームで新しいことやりたいなぁと思って私は副チームリーダーやりたいと思ったところもあるので。他のところは企画ボラとかやってるじゃないですか。でも福祉チームは人数的にもきついところもあって割と実現できてないから、1つ何かしらやってみたいなと思います!
チームの雰囲気は本当に好きなのでこれは変えたくないかも(笑)
自分が変えたいとこ…変えたいところいっぱいあるんですよね(笑)

――あるの?(笑)

和田:福祉は大人しい子がいっぱいいるのに私がグイグイいきすぎるとこもあるし。

: いやいやそんなことは

和田:もうちょっと人のことを考えた接し方をしてききたいなっていうのもあるし、遅刻魔だから…

一同 (笑)

和田:朝早いのがほんと無理でたまに遅れたりするので気をつけたいと思います。あ、あと運営に出るようになったんですけど議論の場っていうのが昔からそんなに得意じゃなくて、自分の意見とかを発信できる福祉チームの代表としてそこにいるわけだから、その議論に積極的に参加できるように自分を変えたいなとも思いました!
でもできてません(笑)頑張ります!!

――ではチームの雰囲気は?

和田:それはアットホーム!?アットホームって家庭的って意味だよね?ずっとうちの前の前の代の人も福祉チームの紹介するとき言ってて、大切にしてほしいって言ってるから大切にしたいって思う。でもそんなに意識しなくても福祉は人数的なのもあるかもしれないけど穏やかな雰囲気出てるから、ずっとそのままで気にせず続けていきたい!こんな感じ?

和田:ほんわか!やわらかい!

:うんやわらかい!あ、あとみんなの顔が見れるからお互い来てない子に対しても意識できるし。みんなのことをみんなが知ってるみたいな?
和田:気遣いができる感じ!

――チームの変えたいところは?

:さっきと被っちゃうんですけど活動の見直し!私の立場ってこういう活動があって、みんなでやろうって言えるけど、人によって違和感を感じてしまうものも多い。活動によっては。この活動行きたくないけど参加者少ないから行ってあげなきゃみたいな感じに思わせてしまってら、ボランティアという自発性が失われちゃうから。もっと具体的に言うとそのためには運営を変えていきたいのかな…自分の変えていところと被るんだけど、運営の仕方を丁寧にしていきたい!1回1回みんなで決めるミーティングにしていきたいかな。私たちのチームじゃなくてみんなのチームだからみんなで運営していくっていう気持ちで!この1年間そういうの少なかったかなって思うからそれを変えていきたい。

和田:・・・頑張る!頑張ろ?

一同 (笑)

:しみじみ(笑)

――TL、副TLそれぞれの立場でがんばりたいことは?

和田:副チームリーダーとしてチームリーダーを支えたいです!

:良い!すごい簡潔や(笑)

和田:いや、本当に!めいさん仕事ができるせいで抱え込みすぎて…。私に先駆けて色々やっちゃうんですよ。ほんと助かるんですけどもっと仕事を振ってくれっていう!会う度に言ってますけど(笑)

:そうだっけ?(笑)

和田:そんな気がします(笑)

:おっけおっけ!

和田:もっと負担を減らしたいと思って副チームリーダーになったんで…。

:マジか

和田:チームのみんなも思ってることで。めいさんが抱え込みすぎてるんじゃないのかっていう心配をみんなしてて!

:うーマジか…すいませんなんか…

和田:みんなしてますよ?(笑)
みんなの思いを副チームリーダーという立場があるから…
任せてもらえやすいんじゃないかなぁって(小声)

一同 (笑)

和田:ふってほしい!ふってほしい!体を壊してもらいたくないです!(笑)

:ありがとうございます。言葉だけでいっぱいになっちゃうじゃん(笑)。
やっぱさっき言ったのをやるっていうのとまゆかとのバランスを頑張りたい。まゆかは運営にも出て、去年1年間私がそうだったんだけど、結構運営に出るということはユニ全体のことを考える立場になると思うから…今は議題的にそんな感じじゃないと思うけど、新歓の時期になるとすごいユニのことを考えなきゃ行けない場面が出てくると思うのね。だからまゆかにはチームのことも見てもらいつつ全体を頑張って欲しいからっていうのもある。でも私も今まで1年間は同期とチームリーダー副チームリーダーやってたから、仕事の振り方とかバランスとか分かんなかったから、それをもうちょっと掴んでいきたいな。これはまゆかにやってもらう、ここは自分がやるとか!まゆかかやった方が上手くいくことも、私がやった方が上手くいくこともあるかもしれないから。それをまゆかに「はい」って。(笑)

和田:はい。もらいます!(笑)

:性格の問題で私も結構キチキチしてタイプだから…

和田:私はちょっと大雑把なんですけど、めいさんは細かい所まで気をつかえるタイプだと思うで私にはないタイプだなっていう(笑)まあいいっしょーっていう性格なんで。多分それは良くないから…

:まあそういうのも大切な時がいっぱいあると思うのね。そういうのをTLとして、まゆかだけじゃなくてみんな一人一人の性格を理解することをもうちょっと頑張りたいかなぁ。絶対みんなには突出したものがあると思うからそれを分かって運営していく。これはこの子に頼めばいいかなって。そういうみんなが輝けるチームにするためにTLとして成長したい!

和田:すごい!めっちゃいい!

image.jpg

ほんわかした福祉チームの雰囲気が伝わってくるあたたかいインタビューでした(´∀`*)
お二人ともありがとうございました!

以上でTL・副TLインタビューを終わります!
次回は局長インタビューです!お楽しみに~(^^)

(2年・清水、1年・甲斐)

| 未分類 | 22:51 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【2016、夏…】夏ボラ告知!

こんにちは!広報局です(*´▽`*)
8月に入って暑さも厳しくなってきましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
熱中症と日焼けが怖いから家でゴロゴロしよう…クーラーの効いた部屋であえてグラタン食べるのが良いよね…というのは私だけか(;´∀`)

日差しを避けて室内にこもりがちなそこのあなた!
そんな暑さも気にならなくなるような夏のボランティア、略して夏ボラを今回ご紹介しますよー!



【環境】

環境チームは毎年、夏には3つほどボランティアをしています!今回は山ボラ、高尾山清掃について告知したいと思います。
※昨年の山清掃についてのインタビューはこちら

【日程】8/26
【時間】9:00〜17時終了予定
【参加費】各自、交通費や食費を持参
※詳細は7/30のメーリスをご覧ください

年で1回の山の清掃!日頃の月一出たことある人も無い人も絶賛大募集中です!!
高尾山で清掃しながら充実した1日を過ごしてみませんか?
お待ちしてます( ´ ▽ ` )ノ


【教育】

そういえば夏って暑いですよね?そんな時ってだいたい家でクーラーつけて扇風機の前であ〜〜ってやるじゃないですか。でも、たとえ暑くてもクーラーを使わずいろんな方法で涼しくなれてなおかつ楽しい方法があったらみんなそれやりますよね!?

というわけで子ども達と一緒にアイス作ったり、冷却パック作ったり、水鉄砲打ちまくったり(予定)します!
題名は暑いの飛んでけおひサマー☀︎〜だんだん涼しくなってクール〜です!

【日程】9/4
【場所】北コミセン→立野公園
※詳細は決まり次第追記します

絶対に楽しいですからぜひ来てください。集合場所に来るまでにたくさん暑くなれるから一石二鳥ですよね?
皆さん9月4日に会いましょう!!


【国際】

国際チームの夏の活動の中から、今回はハンガーバンケットの告知をさせていただきます!

Q.ハンガーバンケットとは?
食事を通して、世界の格差を疑似体験するイベントのことです。参加者は世界の貧困レベルに沿って、高所得層、中所得層、低所得層の住人に分かれてもらいます。
※以前行われたハンガーバンケットの様子はこちら

【日時】10/3
【場所】 学生会館309・310
【参加費】 ¥300

10/2の23:59まで参加者の募集をしています!
※詳細は8/7に送られているメーリスをご覧ください。

ただ学ぶだけでなく、食事を通して実際に体験することでより身近に貧困問題を感じられるようになるはずです。
たくさんのご応募お待ちしています!


【地域】

地域チームは夏ボラとして本宿小学校盆踊り大会のお手伝いについて紹介します!
これは昨年から始まったボラで、本宿小学校の教員や地域の方をはじめとした実行委員会が主催しています。21日は浴衣の着付けもしてもらえるそうですよ

【日時】
8/20(土)8:00または9:00~12:00 お祭り準備
8/21(日)14:00~20:00 模擬店の運営
8/22(月)8:00または9:00~11:00 片付け
途中参加、途中抜けあり

【場所】本宿小学校(吉祥寺駅から徒歩10分程)
※詳細は7/27のメーリスをご覧ください。

さまざまな屋台と賑やかな子ども達と関われる夏の風物詩ボラです!
締切は過ぎましたがまだ募集しているので興味のある方はぜひ参加してみてください!!
初心者でも大丈夫!子ども好きな人、浴衣が着たい人、夏ボラに参加してみたい人オススメです!
みんなで夏を満喫しましょう!


【福祉】

福祉チーム「日曜喫茶」のお知らせをさせていただきます。この活動は、今期4月から月1回のペースでスタートしました。

︎日曜喫茶とは
活動場所は、夏祭りでも毎年お世話になっている高齢者施設です。施設のお年寄りの方の日曜日のティータイムにコーヒーやお菓子などをお出しするサポートをさせていただく活動です^^

〜活動のポイント〜
活動を通して、おじいちゃんおばあちゃんの「ありがとう」という優しい言葉にほっこり癒されてしまいます。
また、楽しいおしゃべりも魅力に思います。異世代と関わる大切さを改めて感じさせられます。施設の方にもそう感じていただけていたら幸いなところです。

【日時】8/21(日) 13:40〜15:30
【場】吉祥寺ホーム(吉祥寺駅から徒歩15分)
【締切】8/19(金)
※詳細は8/3のメーリスをご覧ください。






各チーム多種多様なボランティア・イベントが計画されていますね!
気になった活動はありましたか?
この夏、すべてのチームのボラに参加するのも良い経験になると思いますよ( ̄ー ̄)
まずは参加メールを送ってみましょう(^_-)-☆

それでは皆さん、よい夏休みを~(@^^)/~~~

| 未分類 | 12:36 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

局インタビュー~企画局~

こんにちは!広報局2年の清水です。
この前はレガッタに参加した皆さんお疲れ様でした~

さて恒例の局長インタビューです!今回は企画局長浜岡紗恵さん(地域3年)にお話を聞いてきました!
1465602206719.jpg

Uniでも一目置かれている紗恵さんがどんなことを語るのか注目です!!
では始めたいと思いまーす


ーまず企画局の仕事内容を教えてください
新歓、春、夏、冬の合宿を企画することと期末の最後らへんにある年2回の納会の幹事をすることと、年3回の総会後の交流会を幹事することです!


ー企画局に入った理由は?
まずユニに入って、レガッタに出ることになったんですけどその時のレガッタの打ち上げで三瓶さんとつぶさん(元企画局)と仲良くなって!そしたらその二人が企画局に入っているってことも知って!仲良くなって誘ってもらえて。新歓合宿で企画局の役割も見てきたしキラキラして見えて、やりがいがありそうだなって思って入ることにしました!


ー企画局の雰囲気はどんな感じですか?
雰囲気は賑やかで会議中も常に笑ってるイメージがあります。みんな面白い。真剣なときはもちろん真剣な雰囲気ですけど!!意見とか1回出たらそこから、こうしたほうがいいんじゃない?とかどんどんみんな案だしてくれて盛り上がります。合宿当日のこと思い浮かべながら「こういうレクだったらすごい楽しそうだよね」って想像して話し合うのが楽しいです!!


局長になって変わったことはありますか?ユニの見方とか?
前までも楽しかったんですけど自分が局長になってから自分のペースでできるしさらに楽しくなりました。それと責任感がもっと強くなったかな。・・・あとは、この人はこういう役が向いてるんだなとかこういうのが強いんだなとか、そういうのを客観的に見れるようになった!みんなそれぞれ何が強いとかあると思うからそういうのを活かせるようになりたいです。
・・・ユニは周りのペースに合わせなくても自分のペースで楽しめばいいんだなって最近気付きました!今はひたすら楽しいし引退まであと半年くらい、悔いなくもっともっと色んな人と仲良くなりたいです!

ー企画局で大変なこと、楽しかったことを教えてください
大変だったことは私が局長になって初めての合宿が去年の冬合宿だったんですけど、その場所が雪が全然積らなくて、スノボとかスキーができないってことが分かって・・・。スノボとかみんな楽しみにしてくれてたのにできなくなってどうしようって焦ったのを覚えてる。そのときは室内レクに重点をおいてたのしめるようにしました。
あと合宿を企画する上で個人的に難しいと思うのは金額設定!飲み物とお菓子と雑費にかかる料予想するのが難しい。

楽しかったことは春合宿中の企画会議で次の日の室内レクのシミュレーションをみんな疲れていた深夜のテンションで騒ぎながらしたのがすごい楽しかった!テンション上がりすぎてそのときの記憶ないんですけど。あ、でも最近は会議自体がすごい楽しいです(笑)


ーでは今後企画局をどんな局にしたいですか
企画局員みんなが楽しいって思いながら会議に参加してくれることが目標!これから新しく1年生が参加することになるけど1年生も2年生も3年生もみんなが「企画」することを楽しいって思ってやりがいを感じながら会議をして当日も動けるようになることが目標です。
あと企画局員は合宿中割と忙しくてあんまりみんなと一緒にいれないってこともあるんですけど局員も合宿中みんなと騒げるように、私も含めてみんなもうすこし心に余裕を持てるようにしたいな!力を抜くとこは抜くって技がむずかしい。先輩はそういうのうまかった!
あといままでの合宿や交流会の反省を生かせられるようにするのも目標!ユニのみんなもなんかこうしたほうがいいとかアドバイスあったら気軽にしてください!



インタビュー途中ですがここから下のインタビュー内容、なんと紗恵さんインタビュー前に自分で質問内容予想して考えてくれました(笑)必見です!!

ー2年生と3年生に対して思うこと
じゃあまず2年生に対して!かわいいです。積極的に意見を言ってくれるし真剣に考えてくれるし。私局長になってからすぐ誕生日があったんですけどその時いまの2年生が「支えますね」「頼ってください!」とかLINE送ってくれたんですよ。本人たちそれ覚えてるか分からないですけど、その言葉でやる気Maxになったし、本当にその言葉の通りいまみんな支えてくれるしこっちも頼りまくってるしすごく助かってます。

つぎ、同期に対してです!安心感があります。何かあったら心にためないで言い合える関係だと思います。一緒にほんとに色んなこと乗り越えてきたからこれからもこのメンバーで何でも乗り越えられるんだなって思います。


ーどんな1年生に入ってほしいか
責任感あるひとやる気あるひとやりがい感じたいひと!
今までの局長もみんな言ってると思うんですけどやっぱり合宿とか終わった後の楽しかったっていう言葉を聞くのが一番嬉しくて頑張って良かったなって思うんです。企画局に入って気づいたことは、夢中になって頑張ったらその分だけ楽しくなるし自信になるし自分にとってプラスになるってことなので、頑張ろうって思えば思うほど自分で役割見つけられるしやりがいを感じられる局だと思います!

私についてきてくれる人はぜひ企画局に来てください!(笑)
次の企画会議は20日なので見学にも来てください!その場合お近くの企画局員か私に連絡ください。
会議が多い分みんな会う機会も多くて仲良くなれます。一緒に色んな事乗り越えましょ!!

私たちの仲間を募集しています!


1465602210629.jpg


ありがとうございました!!!
今回のインタビュー始まる前からとても緊張してた様子でしたが、準備も周到で企画局の魅力が十分に伝わったのではないでしょうか。
Uniにとって欠かせない存在である企画局。興味がある方、このインタビューを見て自分もやってみたいと思った方は企画局員まで!!
次のミーティングは20日にあるそうなのでぜひ見学に行ってみてください(^-^)/

(インタビュー:3年竹井 2年清水)

| 未分類 | 09:49 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT