ゆにっき

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

部員ゆる~く密着取材②

充実した大学生活、送ってますか、、、?
今回は部員密着ということでUni.の一番の人気者、三年生のまつざわあさみさんの一日に密着しました。
あさみさんはuni.以外にもバレーボールサークルに所属していたり、バイトをしていたり、通学に時間がかかったりと超多忙。
そんな忙しいあさみさんのある一日の過ごし方を紹介します。

asami4.jpg


7:30 起床
この日は2限からの授業のため遅めの起床。
その後朝ごはんをしっかり食べて9時に学校に向けて家を出発!
朝起きてから家を出るまで1時間半。
この手際の良さ半端ないっす!

10:30 学校
2限は10:45からですが、余裕をもって15分前には学校に到着。
あさみさんの真面目さが垣間見えますね。
2限、3限、4限としっかり授業を受けて、16:25に授業は終了。
18:45からバレーボールサークルの活動があるので時間をつぶします。
あさみさんはこんな隙間時間は課題を終わらせるために使います。
忙しいからこそちょっとした空き時間を遊びに使うのではなく勉強。
見習わなければ!

18:45 バレーボール
Uni.と兼サーしているバレーボールサークルの活動に参加。
武蔵野体育館まで移動してバレーボールの練習。
この日は四大戦前ということもあり練習にも熱が入ります。
あさみさんはここでもみんなの人気者!
ムードメーカーとして場の雰囲気を和ませつつチームをまとめていました。
21:30までみっちり汗を流しました。

asami1.jpg

asami3.jpg


22:00 夜ご飯
吉祥寺駅の南口にあるジャストミート(JUSTmeet)というハンバーガー屋さんで夜ご飯。
大きいハンバーガーに流れ出る肉汁とトロトロチーズ。
おいしそうですね。

asami2.jpg


24:00 帰宅
日付をまたいでの帰宅。
スケジュールが真っ黒なあさみさんはこんな時間に帰ることもしばしば、、、
お忙しいですね。
その後25時頃に就寝。
帰宅後はシャワーを浴びてすぐに就寝。


こうしてあさみさんの1日は終わりました。
兼サーしていてもuni.の活動にもバレーボールサークルの活動にもほとんど参加できているといいます。
あさみさんのタイムマネジメントを参考に皆さんも楽しく忙しい大学生活を送ってみては?


(記事:池田)
スポンサーサイト

| その他 | 11:09 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

成蹊レガッタ

皆さんこんにちは!!!広報局3年の大瀧です!

5月22日、成蹊レガッタにUni.として出場してきました!!

★成蹊レガッタとは★
昭和44年から始まった学内競漕大会のことです!サークル、部、教職員、留学生など、様々な団体が参加することができ、毎年たくさんの参加者で賑わいます!初心者の人がほとんどですが、成蹊大学漕艇部が運営のお手伝いと参加者へのサポートをしてくれるので安心です!機会があればぜひご参加を!ちなみに今年はなんと記念すべき50回目でした!


はい、ということで、今回はそんな成蹊レガッタ自称レガッタエキスパート(三年連続出場ってだけ)の私、大瀧がご案内します!!


成蹊レガッタの朝は早い!
朝七時半から埼京線戸田公園駅に集合です!
毎年開催は同じ場所なので、この日ばかりは成蹊生で駅がごった返しております笑
眠い目をこすりながら副代表到着です。。。

20180521_223023000_iOS.jpg

福祉チーム二年のたかおげん君!!気合い入ってますねえ!!!
20180521_223134000_iOS.jpg

てなわけで集合完了です!
(気合いの入ってる人は自分の出番より前に集合する風潮がありますが、朝早すぎるので自分の出番に間に合ってれば問題無いです!)
20180521_222922000_iOS.jpg

会場につくと、開会式があり、それを終えるといよいよ船に乗り込みます!

20180521_235954000_iOS.jpg
このような感じで、五人グループ+漕艇部1人で船に乗ります。
実際に漕ぐのは4人で、1人はかけ声を出して漕ぐリズムを正確に保つコックスという役割を担います。
漕艇部がサポートしてくれるので、安心です!!!
20180522_000129000_iOS.jpg
我が子を送り出すかのような大瀧の後ろ姿、、、
かわいい子には旅をさせよ。とはよく言ったものですね。笑

それでは、ここで各出場船の紹介です!!

男子船 マジキチスマイル号
20180522_041317000_iOS.jpg
船長 福祉チーム二年 たかおげん(写真右から二番目)


―実際にレースをしてみてどうだった?
何よりも船員全員の息を合わせるのが難しかった!自分はコックスだったのでどうしたらみんなが揃うか考えているうちにあっという間に終わっちゃったって感じでした!

―船員のみんなにメッセージをお願いします!
ほんと頼りない船長でごめんなさい!でもみなさんのおかげで本当に楽しく船長をやらせてもらいました。ありがとうございましたー!!



男子船 ムッシュ・マリン号

20180522_040455000_iOS.jpg
船長 地域チーム二年 やすのかずき(写真上段真ん中)

―船乗ってみての感想は?
俺はボートを漕いだことなかったから不安だったんだけど、意外と行けたね(笑)
あと、開会式でも誰か言ってたけど船員の息があったときは素人でも手に取るように分かって感動した!

―船員のみんなに一言!
船長なのにレガッタ初めてで何も分かってなかったけど、みんなのおかげでめちゃくちゃ楽しませてもらいました!それに準決勝は本当に申し訳なかったです、、。
かなととりょうすけには機会があったら仇取ってほしいかな(笑)

女子船 ぷかぷか丸

20180522_001918000_iOS.jpg
船長 国際チーム二年 ますだななこ(写真真ん中)

―最下位になってしまいましたが…感想をお願いします!
最下位になっちゃったけど、(船員の)みんながすごく頑張ってくれているのを(声をかけていた)前からちゃんと見られました~!!

―船員のみんなに一言!!
ぷかぷか丸のみんな~!!みんな漕ぐの上手でした~!!あとちょっとで最下位じゃなかったけど最下位もとってもいい思い出です!ちょっとバカっぽくないこれ!?(笑)

―よかったね(笑)
うん。ありがとう。

―来年も出たい?
うん!!出ます!!あ、わかんない、嘘かも(笑)。応援行きます!!うん。


女子船 とりあえず乗ってみ号

20180522_005413000_iOS.jpg
船長 地域チーム二年 とうまあいみ(写真真ん中)

―漕いでみての感想をお願いします!!
とうま:とりあえず乗ってみて号にとりあえず乗ってみてどうでしたか!?(船員に)

船員:楽しかったです!!

とうま:最後ね、(声をかけるだけではなく)私も船漕ぎたくてゆり子の股をくぐって席替えして転覆しそうになったけどそれも楽しかったです!!


混合船 河内丸

20180522_033650000_iOS.jpg
船長 国際チーム二年 かわちときこ(写真上段左)

―予選三位の感想は?
もうちょっと練習していたら一位になれたんじゃないかな~!!自信は結構あった。
スタート地点に練習しながら行くんだけど、最初は何が「キャッチ」なのか何が「ロー」なのか全然わからなくて手探りだったからみんなうまくいかなくて戸惑ってたんだけど、本番は結構上手に漕げたんじゃないかな!

―確かに最初のほうは大丈夫かな?って心配になるくらいだったよね(笑)
でしょ!?(笑) でもスタート地点に着くまでに割と練習できるの!!だからだんだん楽しくできるようになっていったんだ。

―一緒に乗ってくれていたボート部の人って何かアドバイスしてくれるの?
うん!個人個人にどんな感じでオールを使えばいいのかちゃんと教えてくれたの!だから教えてもらったとおりにやれば転覆しないし(笑)

―転覆はしたくないもんね!(笑) それでは最後に船員のみんなに一言お願いします!!
もう一回やりたいね!!予選落ちしちゃったから(笑)
あと、レガッタ本当に楽しいからみんな来年も参加してください!お願いします!!


混合船 それいけサイコパス号

20180522_015005000_iOS.jpg
船長 環境チーム二年 すずきはると(写真右から二番目)

―船に乗ってみての感想は?
予選2レース目でみんなの息が完全に合って、風を切りながら水面を滑らかに進む感触を得た時、言葉では表現できないような感動と高揚感に包まれました。

―船員のみんなに一言!
みんな、参加してくれてありがとう!そして来年こそは、決勝のレースであの高揚感をまた味わいましょう。

以上、出場船紹介でした!

そしてなんと今回、船の上からの撮影に成功しました!!
20180522_013513000_iOS.jpg
これはコックスの人から見た景色です。大瀧一生懸命漕いでおります。
カレンダーかなんか作れそうな構図でいいですね。(?)

20180522_011609000_iOS.jpg
副代表をねぎらう代表。。。
おじさん2人でにやにやしてますね気持ち悪い。。。笑


ということで、ちょっと脱線しましたが、このメンバーでレガッタやり抜きました~!!!

そして、Uni.のいいところは、出場者じゃなくてもみんなで応援してくれるところ!!!
20180522_031225000_iOS.jpg
船から見た景色はこんな感じ!この応援が元気出るんですよねえ~笑

元気をもらった副代表は~~~???
20180522_000732000_iOS.jpg
はいもう謎ですね。楽しすぎてネジ外れました。笑

今回Uni.は入賞等はありませんでしたが、過去には好成績をおさめた年もあります!レガッタの魅力は、息を合わせれば、ラグビー部やアメフト部、その他の体育会団体にも勝てちゃうところです!!!みんなのタイミングが合ってスイスイ加速する感覚をぜひ一度味わってほしいな~~。と大瀧は思います!
このあと打ち上げも毎年ありますよ!一日がかりのイベントだということがよくわかっていただけるかと思います!
レガッタの日は大学が全休になるため、家で寝ていたいとか、お出かけしたいという人もいると思います。が、休日返上していいだけの楽しさがあります!!ぜひぜひ船漕いでみてください!
20180522_065213000_iOS.jpg
今回も沢山の部員が参加、応援してくれました!!
わけもわからず飛び込んできてくれた一年生。
船長や船員をかってでてくれた二年生。
見守ってくれた三年生。
ありがとうございました!!次回のレガッタも大盛り上がりになることを願ってます!!

(記事・三年大瀧) (撮影・二年安藤、鈴木) (インタビュー・二年安藤)



| その他 | 21:12 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

宝島ボランティア



こんにちは(^^) 広報局3年の矢島幸恵です!
気づいたらゴールデンウィークも終わっていましたね…次の祝日は7/16の海の日だとか。遠い!
私はゴールデンウィークを使って、宝島というところへボランティア活動をしに行ってきました!
今回はその活動記録について書いていきたいと思います。


宝島という名前、なんだかワクワクしますよね!
宝島は鹿児島県トカラ列島のうちの一つで、フェリーに乗らないと行くことができない離島になります。

IMG_4424.jpg

今年の1月6日に東シナ海で石油タンカーと貨物船が衝突してしまった影響で、その重油が宝島の海岸に漂着していました。黒い重油は宝島の海岸をすべて真っ黒に汚してしまいます。

今回はその重油を撤去する作業を、私たち大学生がボランティアとしてお手伝いさせていただきました!

まず宝島に圧倒されたのは、広い空と、底が見えるほど透き通っているエメラルドの海。魚が泳いでいるのを上からでも見ることができるなんて思ってもいませんでした!日本にもこんなに綺麗な海が残っていたと知るとなれば、なおさら重油を取り除いて美しい海岸を取り戻さなければならない、という気持ちにさせられます。

IMG_4048.jpg

白い作業着に長靴、ヘルメットを身に纏い、準備は完了!
1人一つずつ、木ベラとブラシ、バケツを持って、重油を取り除く作業に取り掛かります。

IMG_4546.jpg

海岸に固まった重油は、このように黒い塊となってこびり付いているので、木ベラで上の柔らかい部分をすくった後にブラシで磨きます。最初は足元の不安定な岩の上での作業に慣れませんでしたが、時間が経つにつれコツを掴んでいき、各々が動きやすい体勢で撤去に取り掛かりました!

IMG_4472.jpg

こちらは休憩時間の様子。シュールだけど私の好きな一枚です!笑
朝早くからの活動のため、休憩時間になると我先にと自分の好きなスペースを見つけてすぐに寝ました( _ _)ZZZ
島は風が強いので、日光があってもどこか涼しく感じるんです!

IMG_4548.jpg

重油は人の手でブラシをかけたあと、高圧洗浄機を使って綺麗にしていくそうです。撤去の作業には島の方たちもたくさん参加されていて、「綺麗な海岸を取り戻したい」という姿勢に私たちも強く心が動かされました。

今回、宝島のボランティアについてお話をくださったUni.のOB、OGの先輩方には感謝してもしきれません。ここでしかできない、今だからこそできる経験をたくさんさせていただきました。


宝島へ向かった部員は計8人。
各々が現地で感じたことを、自分なりの言葉で表してもらいました!写真も載せたので、ご覧下さい♪

↓以下、ボランティアを通しての感想になります。



IMG_4561.jpg

重油清掃はとても地道で、時間と手間のかかる作業でした!自分達が行ったときは半分以上除去していたそうですがそれでもまだまだ汚れていました。この被害は島民によるものではありません。汚すのはあっという間だけどそれをきれいにするのには時間と労力がかかります。それを自分も含め生活の中で意識することが大切だと思いました。(地域チーム2年 安野 一輝)

IMG_4611.jpg

魚は海にいます。星は空に在ります。地球にも人にも優しくしたいです。
行きたいところに行きます。行けて良かったです。ありがとうございました。
また、いつか。
(福祉チーム2年 薬袋 颯季)

IMG_4607.jpg

日常の大半の時間を吉祥寺で過ごしていることもあり、大自然に囲まれた宝島での生活は“非日常の楽園”でした。今しかできない活動がしたいと思い今回の宝島ボラに参加しようと決めたのですが、その充実度は想像を遥かに絶するものでした。ボランティア活動は地道で大変なものでしたが、少しでも宝島の綺麗な海の復活の力になれていたとしたら頑張った甲斐があったなと思います。
今回宝島ボラに携わり、このような機会を提供してくださった全ての方々に感謝の気持ちでいっぱいです。
もっと色んな人に宝島に行って魅力を味わってもらいたいです。僕もまた行きます!!
(福祉チーム2年 中平 太一)

IMG_4560.jpg

青く透き通った海。燃えるような真っ赤な夕日。暗闇で輝く満天の星空。闇を光に変える鮮やかな朝日。宝島の大自然は私を圧倒し、魅了した。人間の本来あるべき姿は何なのか。常に時間に追われ、肩身の狭い状態で生活することなのか。それとも、時間を気にせずに大自然の中で伸び伸びと気の赴くままに生活することなのか。私は後者の方がよっぽど人間らしい生活だと思う。

自分が一番自分らしくいられる場所、それが宝島だと思う。実際にその足で赴いてほしい。自分で足を運んで、その目で見て、その肌で思う存分感じてほしい。そこが宝島ではなくても、自分の行ったことのない場所に自分をどんどん連れ出して欲しい。
その時、自分の知らなかった一面にあなたは出逢えるかもしれない。
そして、人生が変わるかもしれない。
人生は短い。さあ、自分を連れ出そう。
(国際チーム3年 濱本 蒼)

FullSizeRender 2

メーリスで宝島のボランティアが流れてきた時に直感で「あっ!このボランティア行きたいな」って思ってそっこー参加連絡をしました笑(宝島の素晴らしさについてはみんな述べているので割愛します)
宝島に行っていなければバイトと遊びで一週間が終わる平凡なGWを過ごしていたはずです。そんなつまらない日を刺激的で魅力的なものに変えてくれたのは宝島のおかげです。そう思うとあの時の直感は間違ってなかったなと思います。最後に、たくさん助けていただいたUni.のOBや温かく迎えてくれた島民の方々、宝島生活をより楽しませてくれた旅人の人たちには感謝しきれません。ありがとうございました。
(地域チーム3年 宮本 淳之介)

IMG_4610.jpg

普段は人と接することが多い福祉チームに所属している私は、海岸に漂着した重油を撤去するという自然を相手に行う宝島ボランティアにとても魅力を感じて参加を決意しました。
重油撤去は太陽の下で地道な作業でしたが、宝島の綺麗な海と島民の皆さんの助けになったと思うと行って良かったと心の底から思います。なんと言っても、東京では出会えない美しい風景を数多く脳裏に焼き付けることができたことが嬉しいです。
宝島の方々,OBの方々の手厚いサポートのおかげで最高の経験ができました。そしてこの8人で宝島に行けて本当に良かったです。出逢いに感謝!!
(福祉チーム3年 三塚 翔子)

FullSizeRender.jpg

この宝島ボラについて話を聞いた瞬間から「行きたい!」と思いました。難しい条件の中、どうにかやりたいと様々なことを必死で調整しました。オレンジ色の夕焼けと、青すぎる海と、満点の星空と、たくさん自然にあふれた宝島。重油が漂着してしまって、この自然が汚されていることに悲しくなるほどの場所でした。そして島ではあったかくて人懐っこい、素敵な人たちと出会うことができました。
一緒に行ったみんなと清掃活動をして、ご飯を作り、星や夕焼けを見てはしゃいだり…そうやって過ごした時間が本当に楽しかったです!!今回、宝島に行くことができて良かったと心から思います。一緒に行った7人、OBOGの方々、宝島のみなさんにありがとうの気持ちでいっぱいです!!!
(環境チーム3年 澤向 和奏)

IMG_4470.jpg


宝島で過ごした一週間は、大学の行事や勉強に追われている私たちにとって”新しい過ごし方”を教えてくれるほど刺激的なものでした!青や緑に輝く海やプラネタリウムのような夜空は東京では見ることができません。道行く人に挨拶をしたり、時計を見ずに生活することも、日々の生活からは難しいと思います。しかし、宝島ではそれが当たり前の日常で、そんな時間がとても心地よかったです。

宝島で見た美しい景色と、数々の出会いに感謝を込めて…!


(記事:3年 矢島)

| 活動報告 | 20:22 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

福祉チームインタビュー

最近すごく暑くないですか?太陽がもう本気出してきてますね...皆さん夏バテにはご注意を~~!

さて、チームインタビューも第五弾!最後を飾るのは福祉チームです!!
今回は新入生向けにチーム紹介として2年生の薬袋颯季(みないさつき)さん、3年生の長谷川結陽(はせがわゆうひ)さんにお話を聞いてきました!

DSC05031.jpg


(左:長谷川結陽さん、右:薬袋颯季さん)


広報:インタビューを受けてくれてありがとうございます!
早速なんですけど、福祉チームの雰囲気について教えてください。

さつき:いい意味ですごいのんびりしてて、絶対にだれかをないがしろにしないですね。
少人数だからできることだと思うんですけど、ミーティングでもみんなの意見を頑張って取り入れようとしてくれます。

ゆうひ:お互いのことをみんなちゃんとわかってると思う。時期的に忙しくてあんまり来れない子がいても、なんで忙しいのかわかってるからフォローしあえるんだなって思う。

広報:え~すごい!少人数だからできることだね。すてきだ!
じゃあ、次!なんでそのチームに入ろうとおもったのか教えてください。

ゆうひ:さつきから先言って~(笑)

さつき:何でですか(笑)じゃあ、(笑)
わたしは、最初は教育か国際入ろうとおもってて、

ゆうひ:わたしも絶対この子福祉こないなって思ってた(笑)

さつき:でも、総会のときにTLと副TLが話してるのをみて、この2人が好きだ!って思って、最初は全然考えてなかったんだけど、2人がいるチームに入りたかったから、ぎりぎりになってその場(総会)で福祉に決めました(笑)

ゆうひ:嬉しかったのそれを聞いたとき!

広報:すごいね!それは!でも確かに、リーダーの2人見ればチームの雰囲気もわかるかもね~

さつき:そうなんですよ!ボランティアの内容とかよりも人柄で選んだ感じです(笑)

ゆうひ:めいさんとかまゆかはちゃんと新入生に福祉を伝えたいと思って話してたと思うからそう感じてくれたのは絶対うれしいと思う。

広報:福祉はボランティアにしっかり向き合ってる人が多いイメージがある。

さつき:たぶん、リーダーがちゃんと考えてるっていうのがみんなに伝わってるから、みんなも真剣に考えるんだと思うな。


ゆうひ:私は、学科が国際文化学科だから国際と福祉で迷ってて...
でも、新歓ボラに行けなくて、合宿行ったときにいろんな先輩に「どのチームで悩んでるの?」ってきかれたときに「福祉と国際で悩んでる」っていったらいろんな福祉の先輩と引き合わせてくれたの。それで、実際に話してみたらみんないい人ばっかりだったし、ほかのチームの先輩にも「自分のチームを進めたいけど、福祉考えてる子には、福祉入ってほしいって思う」っていわれたりして、そんなに言うなら福祉っていいチームなんだなっておもったのが理由かな!

広報:なるほど~
やっぱりいろんな先輩とたくさんあえるから合宿ってすごいね(笑)

ゆうひ:そうだね~。合宿で自分のいきたいチームも固まったし、今こんなに頑張れてるんだと思う!

広報:ありがとう!
じゃあ、最後に、福祉チームに入ってよかったなってところを教えて!

さつき:いっぱいあります(笑)
もともとあんまり興味ないところに入ったんですけど、今はほんとに興味があって...おもしろいなっておもえることが見つかるきっかけになったなって思います。

ゆうひ:わたしは、合宿とかケヤキとか全体の場で仲良くしてる子と、福祉で仲良くしてる子が違うから得してるなって思う!
   福祉のみんなも大好きだし、活動も大好きだし、ボラ先のひとも大好きだから自分が福祉チームのことを自慢できるなって思えるのが一番よかったな~
そう!今度新歓ボラにボラ先の人が来てくれるの!これも仲がいいからできることだなって思う!

広報:すごいいい話いっぱい聞けたね。
なんかこころがやさしくなれそう(笑)
じゃあ、新入生に一言お願いします!

さつき:ん~、いろんなチームの決め方とか大学の過ごし方があると思うけど自分で決めることでよくても悪くても次に進めるとおもうから、いいなと思ったチームにはいるのがやっぱりいいと思います!(笑)

ゆうひ:まず、Uni.に入ろうと思ってくれたのがありがとうって思う。
これからいろんなチームをみて、自分に合うチームをみつけてくれたら、そこにいっぱい良い先輩もいるから、不安なこともあると思うけど、入ったところでどう頑張るのかちゃんと決めて、後悔しないように過ごしてほしい。それをちゃんとサポートできるように私たちも頑張るから、なんにも心配しないでね!

広報:ありがとうございました!
  
DSC05034.jpg
(仲良し!な1枚!!)

福祉チームの暖かい雰囲気が伝わるインタビューでした!
どんなふうにチームを決めるかも、いろんなパターンがあるんですね♪一年生の皆さんは参考にしてみてはいかがでしょうか!

これにてチームインタビューは終了です。協力してくださった皆さん、ありがとうございました!

(インタビュー:3年甲斐、2年藤間)

| 福祉 | 20:11 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

教育チームインタビュー

こんにちは!広報局です!


チームインタビュー第ニ弾の今回は…


教育チーム  です!


教育チームは、地域の子どもたちと一緒に遊びながら学んだり、子ども向けイベントのお手伝いをしたり、子どもを支援する団体に寄付をしたりする活動をしているチームです。



今回インタビューを受けてくれたのはこの3人↓



それでは、教育チームのリアルな声を聞いていきましょう!



ーーーまず学年と名前を教えてください!


栗原:教育チーム2年の栗原啓吾(以下:栗原)です!



あきこ:2年の登坂明子(以下:あきこ)です!



えと:3年の江藤達也(以下:えと)です。



ーーーよろしくお願いします!


みんな:お願いしま~す


ーーーまず、教育チームの雰囲気は?


栗原:教育の雰囲気といったら「明るい」ですかね。あと、えとさんみたいにクセが強い人とか、独特な人が多いです。


あきこ:多い多い!(笑)


ーーーじゃあみんなミーティング中にめっちゃ発言とか…


栗原:そう…


あきこ:でもない!(笑)


栗原:やるときになったらちゃんとやるみたいな、メリハリがしっかりしてる感じです。



えと:教育はやっぱ個性的な人が多いかな~って。


栗原:それはえとさん自身では…?(笑)


えと:いや、自分以外(笑) Uni.全体で見たときに「この人教育だな~」みたいな(笑)


栗原:人数少ないけど目立つ人が多いですね(笑)


えと:男子とかみんな元気で…


あきこ:うん、元気(笑)


ーーーチームリーダー、副チームリーダーの印象は?


栗原:りあさん(教育チームリーダー)は…


あきこ:頼れるお姉さんだよね!


栗原:いや、ボス


あきこ:ボス…?(笑)


ーーー副チームリーダーは?


栗原:ゆりこ(教育副チームリーダー)はホントに…


あきこ優しいよね!


栗原:うん。気を配る力がすごい。全員を平等に見れてるから。


あきこ:ちゃんとみんなに話しかけてくれるよね。


栗原:あんまりUni.に来れてない人のことも考えてるし、周りをよく見てます。


(写真左:チームリーダー・関根莉亜 右:副チームリーダー・森藤ゆり子)


ーーー教育チームを選んだ理由は?


栗原:友達が一人Uni.にいて、そいつについていったっていう単純な動機です。


あきこ:私は、子どもが好きなのと、チームリーダーがすごいしっかりしてて頼れるので、「ついていけそうだな」と思ってこのチームを選びました。…この質問の答えちゃんと考えてきました!(笑)


えと:…。 質問なんだっけ?


栗原えとさんカメラ気にしすぎです(笑)


ーーーチームを選んだ理由です(笑)


えと:先輩が個性的な人が多くて…、なんか良い人が多かったから、それで教育を選びました。



ーーー教育チームに入って良かったこと・他チームに負けない所は?


栗原:俺がここまでUni.を続けられてるのも、先輩とか同期がいい人ばっかりで、面白いから、自分の雰囲気に合ってるな~みたいな。そこが一番ですね。


あきこ:自分たちでボランティアを企画するので、普段得られないような達成感が得られて、そういうのがすごい良いなって思います。


えと:いろんな意味で面白いところかな。ミーティングとかがわちゃわちゃしてて楽しいね。


ーーーおすすめのボランティアは?


あきこ:やっぱりハロウィンボラですかね~。…。


ーーーあの、内容を…


あきこ:あ、内容か!(笑) 内容は、子どもたちと一緒に仮装して学内をまわってお菓子を貰ったり、一年生だけで劇をやったりしました。二年生はお菓子作りも!


栗原:なに作りましたっけ?


えと:カボチャの形の…


あきこ:あ!スイートポテト!


ーーー教育チームといったらハロウィンボラが一番有名だよね。


栗原:メインですね。


(去年のハロウィンボラの仮装の様子)


えと:俺は新歓の遠足ボラかな…。ま、行ったことないんだけど(笑)


みんな:ええっ!!(笑)


えと:話聞く限りめっちゃ楽しそうだなって(笑) 去年は博物館だっけ?


あきこ:私それ行きました!


えと:どういう所?(笑)


あきこ:子どもたちを歴史を学べる博物館に連れていって、引率の先生みたいなことやりました(笑)



栗原:今年は遠足ボラ無いんですけどね。代わりに母の日を題材にしたボランティアを企画してます。


ーーー新歓ボラ宣伝コーナーは最後にあるので…(笑)


栗原:ごめん(笑) 俺が1年生に一番行ってほしいのは、教育じゃないんだけど、東北プロジェクトの現地ボラかな。今年の3月11日に参加したんだけど、7年たっても「こういうことがあったんだなあ…」って実感させられる場所でした。時間とか予定が合うなら、ぜひ一回は行ってみたほうがいいと思います。


ーーー教育チームのボラじゃなくても、良いボラはいっぱいあるってことね。


栗原:そういうことです(笑)


ーーーどんな1年生に入ってほしい?


栗原:誰でもウェルカムです!でも、子どもが好きな子とか…


あきこ:責任感がある子!


栗原:そう。とかにおすすめかな~。


えと:誰でも歓迎だけど、大学生活でしかできないことをやりたい!って人にもおすすめだな。


ーーーチーム決めで迷ってる1年生にアドバイスを!


栗原:俺は新歓ボラ一個も行かなかったんですけど、チームの雰囲気を知るために、行ける新歓ボラは全部行っとくべきだったなって思います。フィーリングが大事ですからね(笑)


あきこ:一緒なんですけど、とりあえずいろいろ参加した方がいいなって思いますね。私は教育と国際に絞って行ってましたが(笑)


えと:同じなんだけど、教育チームに限らずいろんなチームのボランティアに参加してみて、チームの雰囲気を知るっていうのが大事なんじゃないかなと思います。


栗原:序盤の方は知り合いもどんどんできますし、そこで知り合った先輩がいるチームに入るっていう人もいると思うんで、いろいろ活動行ってみて、自分でチャンスつくるのがいいんじゃないかなと思います!(カメラ目線)


あきこ:おーかっこいい(棒読み)



ーーー新歓ボラの宣伝お願いします!


栗原:母の日に向けて子どもたちと一緒にプレゼントを作るボランティアを企画してます!1年生にとっては実際に子どもたちと触れ合うボラは初めてだと思うから、気軽に来れるようなボラになってます。教育チームの雰囲気も知れるんで「ぜひ来てね」って感じです。はい(笑)


あきこ:カードつくったりするんだよね!


栗原:そう。開いたら飛び出てくるようなカードに…


あきこ:感謝?


栗原:そう。感謝のメッセージを書いてお母さんにプレゼントするっていう。子どもたちと一緒にそれを作ります。


以下新歓ボラの詳細です↓


【日付】5/20 (日)

【時間】12:00-17:00

【場所】学生会館談話室

【定員(新入生)】10名

【締め切り】5/16 (水) 23:59


応募、質問はメーリスに記載されているアドレスから!


※募集は締め切りました



どうでしたか?

教育チームの雰囲気が少しでも伝わっていれば幸いです…!


興味を持った方は、ボランティアやLM(ランチミーティング)に行ってみてください!



取材に協力してくれた3人、ありがとうございました!




(インタビュー:3年 吉川麻乃 撮影:2年 鈴木啓仁)


| 教育 | 00:41 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT