ゆにっき

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

プロジェクトインタビュー 〜ゆめはかせ編〜

さて、まだまだ続きます、プロジェクトインタビュー!
皆さんお待ちかね、第3弾の今回は「ゆめはかせ」です!
今回インタビューを引き受けてくださったのはゆめはかせプロジェクトリーダーの井上愛香(地域チーム3年)さんと、小野寺律(地域チーム2年)さんです。

IMG_5208.jpg

(「ゆめはかせ」のポーズでパシャリ☆)

――それではインタビューを始めたいと思います。よろしくお願いします!

一同「ゆめはかせプロジェクトです!よろしくお願いします」


――まず始めに、ゆめはかせはどのような活動をしているのですか?

井上「ゆめはかせは主に読み聞かせをやっているプロジェクトです。最近は8月に武蔵野第三小学校でストロンボーンという工作実験もしました!20人くらいの小規模な実験でしたがすごい充実しましたね!」

小野寺「うん、すごい充実しました(笑)」


――活動頻度はどのくらいですか?

小野寺……自由です!その人に合ったプランで活動できます」

井上「NPO法人のぐーぐーらいぶさんに協力させていただく形で多く活動させていただいてます。
ぐーぐーらいぶさんが開催しているイベントや読み聞かせに行くので私たちは個人的にぐーぐーらいぶさんとやり取りして行きたい時に行く、という感じです!

私たちの方では月何回か放課後や昼休みにミーティングがあって、そこで情報の共有をしています。
なので本当に好きな時に活動に参加することができます!」


――好きな時に活動できるのは嬉しいですね!何歳くらいの子を対象に読み聞かせをするんですか?

小野寺「対象年齢は0歳から小学生まで、幅広い年齢層を対象に行っています」


――読み聞かせで緊張することはありましたか?

井上「最初はめちゃめちゃ緊張しました!笑」

小野寺「読み聞かせって結構難しいんですよね〜」

井上「簡単に読んでそうで色々気をつけなければいけないポイントがあって、まず絵本を見せなきゃいけないから自分は前に出てはいけないし、声の大きさとか滑舌とか。まぁ発声練習とかしてるわけではないんだけど!笑

でも最初こそ緊張するけど、楽しさの方が大きいです。
読み聞かせを聞いてる子供たちが、ここで笑ってるんだぁとか気にしてる方が楽しいですね!」

IMG_5210.jpg

小野寺「子供たちは本当に純粋だから、つまらない時は聞いてくれないし、面白い時はめちゃくちゃ笑ってくれる!」

井上「子供たちは気分屋さんだから!笑
でも聞いてなさそうでもたまにチラッとこっちを見てくれたり、違うゲームしながらパッてみてたりする小学生とかもいて、一見聞いてなさそうに見えても本当は聞いてくれてたりするからあまり気になりません!笑」


――ゆめはかせでは読み聞かせ以外に理科の実験も行っているようですが、そちらの方の今後の展開などについて教えて下さい。

井上「そもそも、ゆめはかせプロジェクトは最近できたプロジェクトで、理科実験もやりたいね、っていう意味でゆめはかせの”はかせ”があるんだけど全然できていなくて、今年初めて理科実験ができたんですよ!

でも8月とかの長期休みじゃないと小学生とスケジュールが合わないので、理科実験を行うなら長期休みかなぁ、とは思っているけど次回いつやるかとかはまだ決まってないです(笑)とりあえず8月にできた!っていうところです!」


――ちなみに8月の理科実験ではどのようなことをしたんですか?

小野寺「詳しいことは、これから報告会をやるので、そこで発表しようと思っています。
報告会は10月14日(金)の放課後に行うので、来ていただければ嬉しいです!」


――それでは、お二人がゆめはかせプロジェクトに入った理由を教えて下さい!

井上「私はそもそも読み聞かせがしたいなぁっていう気持ちを中学生くらいから持っていました。
小学生の時に読み聞かせをしてくれた親御さんがすごい上手で、聞いてて楽しかったので、私もそれをしたいなぁって。
でも読み聞かせをする機会がなかったとき、uni.に入って読み聞かせをするプロジェクトがあると聞いて、もう入らなきゃ!と思って、その気持ちだけで入りましたね!」

小野寺「僕は読み聞かせをすることよりも、『はかせ』部門の方針がブレブレだったっていうのを1年生の時に聞いていて、僕はもともと理系で科学的な実験とか好きだったし、実験関係で意見をバンバン出していきたい、運営や企画をしたい!と思って入りました。

最初は読み聞かせにはあまり興味がなかったけど、読み聞かせをしていくうちに面白いなって思うようになりました。
あとは小さい子や小学生が好きだから続けている、っていう感じですね」
 

――プロジェクトに入る前と入った後で、ゆめはかせのイメージの違いはありましたか?

IMG_5209.jpg

小野寺「uni.だけでは運営できない、いろいろな人の援助がないとできないということがイメージとは違いましたね」

井上「確かに、対子供というだけではなくてNPO法人の人だったり、親御さんやコミセンの人たちだったり、いろんな人と関わるのが意外でした!
最初、自分たちは子供と関われればいいなぁっていうことだけしか考えてなかったけど、入ってみたらいろんな人と関われるから、そう言った楽しみもあります」

小野寺「そういったところが教育チームのボラとは違うかなぁって思います」


――ゆめはかせプロジェクトの雰囲気や魅力について教えてください。

小野寺「雰囲気は完全なアットホームっていう感じですね」

井上「そうですね!少人数のプロジェクトだから本当にアットホームな雰囲気です!」

小野寺「少人数だから一人予定が合わなかったりすると、簡単にミーティングの日程も変えられるし、個人に合わせてミーティングもできるのはゆめはかせプロジェクトの魅力かなって思います」

井上「一人一人が意見を出しやすい、少人数だから個人の意見が通りやすいし、ポロッて言ってみたことが本当に実現したり、そういうところはあるかな!」


――少人数というと、現在ゆめはかせプロジェクトは何人いるんですか?

井上「全体では7人、3年生が2人、2年生が5人ですね!」


――どんな1年生に入ってきてほしいですか?

小野寺「どんな人でもいい、って思います!
今プロジェクトに多いのは、教育チームと悩んで違うチームに入った人とか、教育チームの中でももっと子供に関わりたいとか、小学生以下の子供とも関わりたいっていう人が入ってくれてるイメージです」

井上「私は、人が好きな人、子供が好きな人、本が好きな人、どれかに当てはまる人、それとこれらに当てはまらなくても何かをやってみたいっていう気持ちがある人かな。運営とか企画とかできるから、本とかに興味がなくても何かをやってみたいっていう人には合ってるプロジェクトだと思うから誰でも歓迎してます!」

小野寺「読み聞かせとかできない、恥ずかしいって思う人でも全然できる、できるようになるので心配はいらないです!
今、人数が少なくて困っているので、10人くらいでも、20人くらいでも、何人でもウェルカムです(笑)


――他のプロジェクトとゆめはかせプロジェクトとの違いってなんだと思いますか?

IMG_5211.jpg

一同「人数!!!笑」

小野寺「ゆめはかせプロジェクト、人数1桁ですからね。笑」

井上「他のプロジェクトにはないよね!笑」

小野寺「あとは内部的な活動がないところとかですかね。uni.の人向けのボランティアじゃないから」

井上「外部向けのボランティアだから、今はuni.内向けにも何かできないかなって考えています!」

小野寺「あとは透明性がないっていうのもありますかね」

井上「そうだね。uni.内で何もしてないからuni.の人たちがゆめはかせプロジェクトが何をしているかがわかりづらいっていうのも…っていうことでtwitterやっています!笑」

ゆめはかせのtwitterアカウントはこちら→@yumehakase_Uni


――宣伝頂きました(笑) 最後に、お二人から何か伝えたいことはありますか?

井上「実は欅祭で欅祭本部さんとコラボで中庭で読み聞かせします!初めての試みなので、皆さん宣伝お願いします!笑」

――以上でインタビューは終わりです!ありがとうございました!

――――――――――――――――――――

インタビューの最中でも、とても楽しそうに語ってくれたお二人でした!
ゆめはかせがたくさんの人の支えで成り立っていること、そして子供が好きな人から本が好きな人まで、様々な人にこのボランティアが向いていることがわかりましたね。

今年は8月の理科実験や欅祭で行われる予定の読み聞かせなど、色々なことにチャレンジしているゆめはかせです!今後もどのように発展していくのか目が離せません(^^)

プロジェクト紹介も残すところあと一つです。
もっともっと活動を広め、皆さんでボランティアを楽しいものにしていきましょう!
改めまして、ゆめはかせのお二人ありがとうございました☆

(インタビュー:2年 金子、福丸 1年:矢島)
スポンサーサイト

| ゆめはかせプロジェクト | 19:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。