ゆにっき

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

プロジェクトインタビュー~Exceed Walk~

こんにちは!今日はプロジェクトインタビュー第一弾として、Exceed Walkにインタビューしました!!

――ではまず、自己紹介からお願いします
足立「 教育チーム3年の足立堯之です。」
222_convert_20170718194444.png


山城「環境 チーム2年の山城さやかです。」
111_convert_20170718194048.png


――今日はよろしくお願いします!
二人「 お願いします!」

――それでは最初に、Exceed Walkの活動内容を教えてください。
足立「Exceed Walkは、一言でいえばチャリティーウォーク。もっと簡単に言えば遠足やね(笑)。参加者の中で班をいくつか作ってその班でコースのスタートからゴールまでみんなで一緒に歩くって感じやな。この間やった新歓Exceedだと参加者が95人くらいいたから合計で班が16個くらいあったかな(笑)。ボランティアをするというよりみんなと仲良くなっていこうっていうイベントみたいなプロジェクトで、合宿の次に楽しむ系の要素が強いイベントなんじゃないかな。」

――それでは次に、ミーティングの様子や、活動の雰囲気を教えてください。
山城「ミーティングの雰囲気は、みんなで話し合いつつ意見を出しあって決めていく感じです。」

――発言などをしやすい環境なんですね!
山城「和気あいあいとやってます!」
足立「いまの2年生がほんとにしっかりしてるからな笑」

――次に、一つのExceed Walkが成立するまでの過程を教えて下さい
足立「ミーティングでどこを歩くかを決めた上で、コースが程よいコースか確認しながら、詰めていくってかんじかな。」
山城「 下見に行ってからその後のミーティングで、ミッションを入れるだとかを具体的に話し合うかんじです。」
足立「基本的に下見は楽しいから最高やね(笑)」

――コースが被ってしまったりすることはないんですか?
山城「 実際、まだ歩いてないコースはだんだん減ってきてますね(笑)」
足立「ところどころ被るところはあるけど、完全に同じにはならないように少しずつずらしてるって感じかな(笑)」

――それでは、印象に残ったExceed Walkをそれぞれ教えて下さい!
山城「私が印象に残ったExceedは、今回の新歓Exceedです!とても楽しかったのもありますけど、なにより初めて企画側として携われたことが大きかったです!」
333_convert_20170718194545.png

足立「やっぱり山手線になるのかな。普段生活している中で通ることない道を歩いてこんなところにこんなものがあるんだっていう発見が圧倒的に多かったからかな~。特に山手線の北の方って意外とおもしろいんだなってこととか分かって楽しかったね!」

――では次に、プロジェクトに入ったきっかけを教えて下さい!
山城「私は、チームの活動以外の部分でもっといろいろやってみたいなと思ったからです!局にも入ってなかったので、何かやりたいなーと思ってるときに、Exceedっていう面白そうなプロジェクトがあったので入りました!あと、参加したExceedが楽しかったので企画する側に回ってみたいと思ったからです。」
足立「先輩と仲良かったっていうのもあったけれど、入った決め手になったのは企画自体が楽しかったから。自分でこの企画を作っていきたいって感じたからかな。」

――先輩と後輩の仲も良さそうですね!
山城「この前旅行にも行きましたもんね!」
足立「そーだね、集まれる人で遊びに行ったりもするから、仲は良いね!」

――それでは、1年生に向けてなにかメッセージをお願いします!
山城「まずはExceedの活動がまた秋にもあるのでぜひ参加してもらって、雰囲気を知ってほしいなと思います!その中でプロジェクトに入りたいと思ってくれたら嬉しいです!たくさんの1年生待ってます〜!」
足立「Exceedプロジェクトは参加しても楽しいけれど企画も楽しいよ!あとミーティング以外にも今年に入ってからメンバーだけでやるExceedや旅行とかしてるから何かと楽しいよ。さらには入ると山手線ゲームが強くなることは間違いないし(笑)。なんか宣伝下手やな(笑)。少しでも参加したいって考えたりしたら一回相談してなぁ~。」

――まずはとにかく参加してみると、1年生もいろんな事がわかりそうですね!
――今日はお二人とも、ありがとうございました!

二人「ありがとうございました!」

活動のほかにも旅行に行ったり、遊びに行ったりと、Exceed Walkプロジェクトの仲の良さが伝わるインタビューでした!ミーティングに参加してみるのも良いそうなので、まだ迷っている一年生は、参加してみてはいかがでしょうか!?仲の良いアットホームなExceedプロジェクトを感じられる良い機会になると思います!もちろん、秋に行われるExceed Walkにもぜひ参加してみてください!

(広報二年大瀧・吉川)
スポンサーサイト

| Exceed Walk | 19:51 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

プロジェクトインタビュー~Exceed Walk~

Exceed Walkインタビュー!今回は三年生の新田恭平さん(教育チーム)、image2[1]
二年生の藤原夏実さん(環境チーム)image3[1]
にお話を伺いました!

―まず、最初にExceed Walkの主な活動についてお願いします!

藤原「歩くんですけど、ただ歩くのではなくて、毎回募金先を決めて参加者から集めた参加費をそこに募金するという感じです」

―なるほど

新田「参加者をいくつかのグループに分けて、結構長い時間歩くから、最低でも8時間くらいはその班のメンバーと一緒にいれて、結構仲良くなれるし、そのご当地のおいしい物が食べれるし・・で仲よくなりつつも気づいたら募金的な要素もしちゃってるよ、一石二鳥じゃね?みたいな感じです(笑)」

―たしかに!(笑)では、Exceedプロジェクトに入った理由をお願いします

新田「入った理由は、あんま覚えてないんだけど、二年の前期にExceedの公開ミーティングがあって、それに行って、自分の意見がスッって通って、スッて企画になる感じは、人数が多いチームなかなか出来ないから、そういう意味では少人数で決める一人の責任の重さが大きくて、結構楽しいなって思って入ったかな、たしか」

―二年から入ったんですか?

新田「そう、二年前期」

―なつみは?

藤原「私は、なんか入学式らへんに色々サークルとか回れるやつ・・あれなんて言うんでしたっけ?」

新田「新歓?(笑)」

藤原「あ!新歓だ!新歓!(笑)新歓の時にUniの部室に行ってUni magazine見て、なんかチャリティーウォーク企画するの楽しそうだなって思ったし、Uniに入る前からExceed楽しそうだなって思ってたから、それで入りました」

新田「へぇ~!意識高い!意識たかceed(笑)」

藤原「意識たかceed(笑)」

一同「(笑)」

―Exceedプロジェクトの雰囲気ってどんな感じでしょうか?

新田「どんな感じですか?」

藤原「仲がいい!と思います(笑)」

新田「仲がいいと思います(笑)この前も遊びに行ったもんね」

藤原「結構何回か遊びに行ってる」

新田「結構OB、OGの人も来てくれて、4年生はもちろん、社会人の人とかともたまに遊ぶし」

―ミーティングの時の雰囲気は?

藤原「ミーティングの雰囲気は、思いついた人からどんどん意見だしてく感じかな」

新田「雰囲気はね~、まあ人数の割にうるさいかな(笑)結構わいわいやってて、ガヤも結構いるから(笑)・・俺とか、けんとぅーとかその辺ががやがやしてるから・・でまあ、リーダーも賢光くんでね!(笑)汚い字で黒板書いてる(笑)」

藤原「賢光さんよく漢字間違えるんだよね!(笑)」

新田「そうそう、漢字間違えるの!」

―そうなんですか?(笑)

藤原「まあ、楽しくやってます(笑)」

―実際に活動を行った場所はどのようなところがありましたか?

藤原「新歓の時期は、池袋から吉祥寺までで、去年の冬のExceedは、東京マラソンのコースを逆走した感じです。ビックサイトから新宿まで!で、次は、山手線!」

新田「そんな感じですかね」

―では、ひとつの企画にかかる期間はどれくらいですか?

新田「新歓の時はミッションを考えたり、一年生と上級生が仲良くなってもらうための企画を考えたりするから新歓は結構長いよね?3、4カ月くらい。ウォークの企画とウォークの企画の間に一カ月くらい間はあるんだけど、基本的にずっと企画してるかもしれない(笑)」

―過去のExceed Walkのなかで、最長距離ってどのくらいですか?

新田「俺が一年の時の山手線かな」

藤原「40何キロとかですか?」

新田「もうちょい長かった気がする。ちょっとあとで米印(※)で書いといて(笑)」
(※多分50キロくらいです(笑))
-了解です(笑)じゃあ今回と同じくらいですね。

新田「そうそう、今回も山手線だからやばいよ。5ゆにゆにの人は本当に死を覚悟した方がいい(笑)まあ他のゆにゆにだったら全然大丈夫」

―何ゆにゆにがおすすめですか?

藤原「あー!それは3だな~!3がちょうどいい!」

新田「まあ人に寄るけどね、いっぱい歩きたいなら、5はやばいけど4くらいならたぶんちょっと運動したいなって人にはちょうどいいかも。1とか2だと歩くっていうよりは観光かな、どっちかっていうと。3はちょうどいい(笑)」

―ですよね(笑)では、Exceedを漢字二文字で表してください!

新田「あ~!出た!(笑)・・賢光!(笑)・・なんだろう、漢字二文字・・徒歩!」

―あ~!うまい!(笑)
新田「募金」

藤原「え~なんだろう!Exceedは超えるって意味だから・・」

新田「超越(笑)!Exceedは、超越徒歩(笑)ボランティア要素全然ない(笑)」

―最後に、一年生に向けてメッセージをお願いします!

新田「プロジェクトに入るときには、僕たちとはあんまりかかわりがないと思うけど、入ってくれたら遊ぶ機会がいっぱいあると思うのでいっぱい遊んでください(笑)元気のいい子が入ってくれると嬉しいな!どんな子に入ってほしい?」

藤原「やる気があって、色々アイデアがわいてくる人!」

新田「ハードル高いな(笑)」

藤原「いや!全然!入りたければ入ってください!(笑)興味があればそれだけでいいです!」

―貴重なお話ありがとうございました!


Exceedプロジェクトの加入を考えている人や、普段参加している人にとって、プロジェクトの楽しい雰囲気が伝わるインタビューになったのではないでしょうか(^-^)
また、お話を聞けるのを楽しみにしています!
本当にありがとうございました!

(三年 竹井、二年 秋元、一年 綱島、吉川)

| Exceed Walk | 19:59 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

プロジェクトインタビュー~Exceed Walk編~

プロジェクトインタビュー第4弾、一番最後を飾るのは、みんなご存知 『Exceed Walk』 です!

今回インタビューを受けていただいたのは、
プロジェクトリーダーの益尾啓士(教育チーム3年)さん、そして富田泰雄(教育チーム3年)さん、新田恭平(教育チーム2年)さんです!


IMG_1190[1]



○Exceedとはどんなプロジェクトか


益尾啓士(以下KC)

チャリティーウォークを企画するプロジェクト!

チャリティーウォークとは、例えば身近なところで言うと、東北の大震災があってそこに対して東北頑張ろう!東日本頑張ろう!という目標を掲げて、それに賛同した人達が集まり参加費をチャリティーとして東北に寄付するというもの。

そこから一緒に歩くことによって合流もできる。

あまり聞いたことはないかもしれないけど、実は日本でも各地で行われてる!



○プロジェクトを立ち上げた理由


KC


気づいたらプロジェクトになってたんだよね!笑

俺が知らない何代も前からチャリティーウォークはやってたらしくて、東京マラソンウォークとか井の頭線ウォークだったりとか。その影響で悠志さん(国際チーム4年)がやってて、その時丁度総務ベガも作られていて気づいたらプロジェクト扱いになってたかな!

僕も気づかないうちにリーダーになってたと。笑


○企画の流れ


KC

まず何を決めるの?


富田泰雄(以下Y)

どこを歩きたいか!

どこを歩きたいかを決めて…


KC

そう!決めて、それから


Y

それからみんなで意見を出し合って、こうした方が良いんじゃない?みたいな!

で、場所が決まったら今度はどんなルートを歩くのかを決めて…今回だったらー…

KC

いや、今回のはまだ秘密かな!笑

まぁ場所決めて、具体的なルート決めて、で後は歩いてる途中にある何を決めるの?はい、きょうへい!


新田恭平(以下K)

ミッション!レクレーション!


KC

そうそう!それを決めてって手順だよね!


K

あとは参加者の自由で!


○ミッションの具体的な内容


KC

新歓ウォークは、池袋の旧成蹊大学〜吉祥寺の現成蹊大学までを歩くって感じで、ミッションは何をやったかっていうと?


Y

チームごとの特色を出したミッションをして、例えば教育なら、公園に行って童心に戻ろうみたいな!笑


○現在のメンバーについて


K

今はー、全体が7!

3年生が4人、2年生が3人ですね。

ほぼ教育チームです笑


○ミーティングの雰囲気


K

そんなかしこまった感じじゃなくて、こういうこと俺はやりたいよー!みたいな感じでどんどん意見を出し合っていって、硬い感じではなく普通に会話してるような雰囲気。

ミーティングっていうより会話の延長線って感じかな!


KC

超早いよね!ミーティング決まるの!


K,Y

早い早い!!


KC

だから放課後ミーティングで18:30〜20:30までやるところを俺はいつも1時間くらいで終わらせる!笑

速攻で意見出してどんどんみんなが意見するから19:30くらいには終わっちゃう!

みんな素晴らしい!!


Y

スパスパ決まっちゃうっていうのは、みんな意見をそれぞれ出すけど、まとめながら進めてくから早いみたいな!


○ミーティングの頻度


KC

だいたい月に1回だけと、ウォークが近づくと月2回になったりするかな。

ウォークがだいたい年に2回あって、そこに合わせてミーティングをするからそこに合わせて、直前はちょっと多めって感じかな!


Y

あとは下見をしに行ったりもします!


○過去に行われたウォーク


KC

1番最初は中央線ウォークで新宿から吉祥寺まで歩こうってなってたんだけど、それは雨で潰れちゃったんだよね…

次は、東京から吉祥寺まで。

その後、山手線ウォークをやり、新歓ウォークとして池袋から吉祥寺まで成蹊から成蹊までをやって、次はどこだろう?って感じ!


K

次回のウォークはもう決まってます!笑

どこだろうなー!笑


○1番楽しかったウォーク

K

僕は山手と新歓しか行ってないんですけど、2つとも違う楽しさがありました!

新歓ウォークの時は企画を初めてさせてもらって、自分達が企画したものがすごくみんなに喜んでもらえる、自分自信も楽しめる、終わった後に楽しかったよとかいってもらえるとすごく嬉しかったです!

山手線は完全に参加者として行って、訳わかんないくらい長い距離を歩いたことで笑、面識のなかった班員ともすごく仲良くなれました!

本当に別々の楽しさがありましたね。

どっちが楽しいとかは言えないです!


KC

俺はリーダーとして初めて企画したのがこの間の新歓ウォークだから、それは一つ印象にすごく残ってるなあって感じ。


Y

俺は1番楽しかったのは山手です!

すごい楽しかった!!

歩いてる時にすごく仲良くなれるのが魅力で、俺とかけっこう人見知りだからあんまり話さないけど班員の人は歩いてる時に自然と話してるし、すごく仲良くなれるかな!


K

ちっちゃい合宿みたいな感じ!日帰りの!


○やりがい


K

少人数だからこそ自分から発言していかないと話が進まないっていう責任感はやりがいの一つだと思います。

終わった後に楽しかったよとか感想を言ってもらえるのもやりがいの一つですね。


Y

参加者からあの時のExeedすごく楽しかったって言ってもらえるし、自分達で意見を出したおすすめの場所とかで楽しんでもらえると企画して良かったなって思えます!


KC

俺はメンバーがやる気を持って企画してくれるってだけでそれがやりがいかな。


○苦労すること


Y

反省を生かしながら、気を使ったり、いろんなところに注意しなきゃいけないところは大変だなって思う。

K

歩くのが大変です笑

まぁ大変だけど楽しいです!

大変なところって言ってぱっと出てこないくらいに楽しいです!


○プロジェクトに入った理由


Y

プロジェクトの活動に初めて参加してすごい楽しかったっていうのと、少人数で一人ひとりの責任が重くなっていくからその中で企画をしてみたいなって思ったからかな。


K

山手線で参加したときにもう楽しくて入りたいなって思ってて、山手線の時ってすごく企画がハイレベルだったんですよ!

レジェンド達が作ったしおりとか!笑

ミーティングに参加した時も楽しそうだったし、一人ひとりの責任っていう面でチームとはまた違う楽しさがあるかなと思って入りました!


KC

僕は気づいたらプロジェクトのメンバーになってました。笑


○みんなから見たリーダー


K

ミーティングが1時間で終わるのはみんなのおかげだって言ってる人がさっきいたんですけど笑、まとめ上手ってことだし意見を出させるのも上手くて、自ら発言しなくても発言しやすい環境を作ってくれるっていうのがリーダーとして優秀なところかなと思います。

頼りがいがすごくあります!!


Y

意見がすごく出ても、すぐにスパッとまとめてくれる。だからそういうのはすごく良いところだと思うし、うーんとねー、すごいリーダーです笑

頼りがいハンパじゃないです!笑

すごいリーダーです!大事だから2回言います!笑


○今後のExceed


KC

日程は12/6(日)です!内容はまだ秘密!

メーリスはメンバーとして1年生が入ってちょっとしてから流すかな。

10月の中旬〜下旬くらい!


K

ぜひチェックしてください!


○募集要項

KC

やりたい人が集まって勝手にやるってプロジェクトなので、一言で言えばやる気がある人!

とにかくやる気があってExceedを企画したいっていう人は来たら良いんじゃないかな!


Y

やる気があれば良いよね!


K

今人数が少なくて、人数が少ないからまとまってるってとこもあると思うけど、やっぱり少ないからこそ意見が偏っちゃったりするんでやる気がある人が欲しいな!


KC

Exceedは来るもの拒まずなプロジェクトなんで誰でもどうぞ!


○1年生に一言


KC

待ってます!的な感じ??笑


K

待ってます!!!!!


Y

入ったら本当に楽しいと思う!

Uni.がもっと充実すると思うのでぜひぜひ!


KC

お待ちしてまーす!


IMG_1189[1]





これでExceed Walkのインタビューは終わりです!
仲の良さや団結感、そして楽しそうな雰囲気の伝わるインタビューで、質問するこちら側も楽しませていただきました!
3人とも本当にありがとうございました。

(インタビュー:3年 竹中、2年 鈴木)

| Exceed Walk | 11:55 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Exceed Walk~新歓walkの巻~

こんにちはー!!!

教育チーム広報局Exceedproject3年
黒川 真実(くろかわ まみ)です
(((o(*゚▽゚*)o)))

今日は先日行われた
新歓walkについて
お届けさせて頂きます~!

前回のExceed walk 山手線の巻
とても素晴らしいwalkだったため
プロジェクトメンバー一同
前回に負けないぐらいのものを!
と企画に励みましたo(`ω´ )o

旧成蹊(池袋)から成蹊(吉祥寺)という
わくわくするようなルートや

各チームのミッションを取り入れたり
競争制をもたせたりなど
新しいことにも取り組みました!

宣伝ムービーも流しました!
チェケラ!(笑)




当日は前日の雨
嘘かのように晴れてくれました
参加人数なんと68人
4年生も忙しい時間の中来てくださって
とても嬉しかったです(>_<)





リーダーのけーし特製しおりを配って
各班スタート!
しおりにはミッションが沢山




また教育チームのミッションは
LINEで突然流しました!

「童心に帰って公園で楽しく遊んでいる動画を撮れ!」というもの

どの班も工夫を凝らした個性のある動画を
投稿してくれました~!

こちらが1位に輝いた動画!



童心に帰りきってますね(笑)

私が1番楽しかったのは
国際ミッションの国際料理を食べよ!
というものですo(`ω´ )o
私のチームでは探しに探した結果
ベトナム料理を食べました!
ほとんどの班が被らず
個性のある国際料理を食べていて
とても面白かったです!


ここで当日の感想です( ´ ▽ ` )ノ

4年生 藤原悠志

正直、想像以上の進化ぶりです
もちろん、いい意味でね
とてもとても良いものに仕上がってました
次も期待してます
最後に、ご一緒にどうぞ、エクシードジャンプ!

3年生 中平一樹

色んなミッションをクリアして歩くのは、テレビ番組に出てるような気分で本当におもしろい。同じ班のメンバーと半日行動を共にし、仲良くなれて嬉しかった。あとはうちの班ちゃっかり優勝しまして、個人的にいい思いもさせていただきました(笑)家に帰ってから意味に気づいたんだけど、成蹊→成蹊っていうのもとてもいいと思った!やっぱりエクシードはやめられない!笑

2年生 柴田美緒

同じ班の1年生は2人とも初めて知り会ったんですけど、歩いてるうちに班員みんな打ち解けて最後は本当に仲良くなり、今でも当日のグループLINEがよく動きます(笑)
エクシードは学年、チーム関係なく仲良くなれる企画だなぁって実感した1日でした!

1年生 古俣朋美

色んなミッションを通して先輩たちと仲良くなれて本当に楽しかったです💓
楽しく歩きながら、優勝までできて素敵な思い出ができました😋

?年生 ゆにーくん

やぁ!Uni.のみんなと沢山歩けて楽しかったよ~!1日一緒に歩くと友情が深まるね!エクシードは班の人と本当に仲良くなれるから、Uni.でもっと色んな人となかよくなりたい!なんて子にもとってもおすすめな企画だよ!ここで仲良くなってみんなが色んなボランティアに参加しやすくなってくれると僕は嬉しいな~!



Exceed walkは
歩くことでボラにもなって
同じ班の人ともとーっても仲良くなれる
とっても魅力的な企画です!

今回参加できなかった人も
ぜひ次回参加して楽しんでもらいたいなぁと思います!

最後まで読んでくださって
ありがとうございました( ` ・ ω ・´ )

それでは次のExceed walkで
お待ちしております!



| Exceed Walk | 00:05 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Exceed Walk~山手線の巻~


こんにちは!!

新年あけましておめでとうございます!
今年も成蹊大学学生ボランティア本部Uni.をよろしくお願いします(*^▽^*)


3年のたまだとしきです♪

さて、新年1発目は
昨年の12/13に行われたExceed Walk 山手線の巻
について書かせていただきます!

exceed参加者


しかし、ただ紹介して、楽しかった、なんてそんなゆにっきを書いてもおもしろくないので、
今流行のチームリーダーインタビュー風に、みんなで話しながら振り返りたいと思います!
(インタビュー受けたい人たちの集まり)

また、Exceed Walk 山手線の巻の企画全体についてもよく分かる内容となっています!

~山手線WALK企画メンバー紹介~
3年
藤原悠志 ふじわら ゆうし(以下 ゆーし)

塚本康貴 つかもと やすたか(以下 ヤス)

宮坂陽介 みやさか ようすけ(以下 宮坂)

渡邊早貴 わたなべ さき(以下 さきにゃん)

玉田稔樹 たまだ としき(以下 玉田)

2年
潘嘉駿 はん かしゅん(以下 ハン君)

exceed企画


司会は玉田が務めました!

玉田「そもそもExceed Walk山手線の巻 のExceedってなんでしょう?
チャリティーウォークですよね?カッコいいからですか?」


ゆーし「Exceed Walk 山手線の巻は、内容は班ごとに山手線の線路沿いとかを原宿から歩いて1周して、原宿に戻ってくる、
ってだけで単純なチャリティーウォークなんだけど、
Exceedの意味って言うのは、今まで東京マラソンウォークとか山手線とかあったけど、まずプロジェクトとして落ち着かせたいっていうのと、
もう1つは今までのウォークイベントを越えるものを作りたいなって思ったからかな」

さきにゃん「え、Exceedってどういう意味??」

さきにゃん以外「え……(絶句)」
ゆーし「超えるとかそういう意味 笑
で、今回、Uni.らしいウォークイベントにしたいなって思ってやりました」

玉田「今回は、国境なき医師団へ西アフリカのエボラ出血熱の支援に向けてのチャリティーだったんだよね、24,000円かな集まったのが」

宮坂「48人…」

ヤス「24,000円でなにができるの?」

玉田「スタッフの予防のために使われるんだよね。防護服だったり、手袋だったり」


玉田「じゃあ1年間リーダーとしてExceedプロジェクトをやってきてどうだった?」



ゆーし「ウォークごとに企画メンバーが違ったし、いろんなアクシデントもあったけどやっぱりそれぞれがちゃんと動いてくれたからすごくリーダーをやってて楽しかったよ」
(一同拍手)


玉田「じゃあ今まで何度も先輩たちの代からチャリティーウォークを行っているけど、今回特にここが違ったってとこってなに?」


ヤス「それはやっぱりゆにゆにじゃない?」

さきにゃん「あーやっぱだって私とか観光とかいろいろ見たいし、そういうのがあったら参加しやすい感はあるよね。
ゆにゆにがあったから参加したって子もいたし。」

(ゆにゆにとは:今回は完歩したい人、観光したい人のために歩きたい度、ゆにゆに を導入しその段階ごとに班分けをしました。
班によっては歩くことだけでなく、普段行かないお店やグルメを巡りました。)

ゆーし「あとしおりとか広報もじゃん?」

宮坂「そうだな、今回はメーリスとかLMでも今までより多く広報した…ふっ笑
PVも作ったしな」

(PV:今回、参加者募集のため、プロモーションビデオを作成し広報を行いました。
以下のリンクのビデオです)
ExceedWalkPV



ゆーし「PVはけっこう反響あったよ、エクシードジャンプやらされたもん」

宮坂「あれは本当にやると腰に来る…」

玉田「しおりもけっこうみんな活用してたよねーしおりに載ってるお店行った班もあったみたいだし。
俺もシュークリーム食べたもん。」

宮坂「俺はカレーつけ麺食べたよ、うまかったよ。」

exceedしおり


玉田「他はみんなどんなとこ行ったの?思い出に残った所とかある?」



さきにゃん「公園!!」
その他「どこのだよ」
さきにゃん「え、、だって楽しかったんだもん、、、迷って行ったとこ」

ゆーし「なんだっけあの上野の世界通りじゃなくって…
あっアメ横!!アメ横でケバブ食べた!」


ヤス「世界通りって(笑)」

玉田「美咲とかしゅんやの班はうさぎや行ってたよね!」


exceedまわったとこ
exceed回ったとこ2




玉田「次回について聞きたいとこなんだけど、潘くん以外3年生で引退なんだよね。
3年がほとんどのこの企画、どうだった??お互いに対してというか。

じゃあ早貴から」

さきにゃん「えーーーー(困惑)私全然やる気じゃなかったんだけど、
一同「えーーーー(困惑)」
ゆーし「何がさきにゃんを変えたの?」

さきにゃん「いや、今ハン君いる前なんだけど、3年生いっぱいでやってみたいなって思った」
ハン君「ドゥフッ(笑)」

ヤス「いやでも実際ねー学年関係ないみたいなのあるけどねー、同期は大事だぞお前ら!(強め)」

さきにゃん「そう、やっぱり3年 って感じで企画するのが新鮮だったし、すごく刺激になった」

玉田「じゃあ塚本は?」



ヤス「めちゃくちゃ好き勝手やらせてもらった!!(強め)」
ゆーし「MVPだもんね」

ヤス「ほめられたい訳じゃないんだけど、それ以上に今自分ができる全力をウワッって詰め込めたのがすごい久しぶりだったし、
本当に最初の1年生のころの何もわかんない状態みたいにがむしゃらにできたし良かった。
そういう意味で、プロジェクトっていいなって思った。みんなやりたいことやって受け止めてくれたし。本当に良かった。」

玉田「じゃあ宮坂」

ゆーし「ほら宮坂、PSPいじんないの」

宮坂「いや実際ねー、PSPいいねえ、やったことないの?」

玉田「ないよ」

宮坂「俺もだ」

玉田「はい、宮坂」

宮坂「俺は最初Exceedってものを聞いてね、なんだこいつはって思ったけど、そのゆーしの熱意に惹かれたって感じかな。
まぁ3年が最後の企画っていうのをみんなの頑張りを近くで見られたっていうの?
頑張りの結晶としての最後の企画を成功できたって言うのを思い返してうれしく思います。
ただ、それだけです!」

玉田「じゃあゆーし」

ゆーし「俺ぶっちゃけ、リーダー向けじゃない人なんだけど、ただ楽しいことが好きで、自分1人じゃなくてみんなで楽しみたいなって思ったのがきっかけで、
この際リーダーやってみよって思ったから始めました。
で、実際何ができたかっていうのは、みんなのモチベーションになれたかな。」


さきにゃん
「いやでもゆーしのさ、誰かになんか言われても、自分のやりたいことを貫く感じはすごいと思うよ。」

ゆーし「あ、そう?まぁ、俺のパワーは唯一の取り柄だったし、自分のやりたいことができたしやってよかったって思う。」

玉田「1年間やってきて、本当にわくわくだった。自由にできたし。あと、ゆーしをサポートっていうか、そういうとこは意識してきたかな

じゃあハン君」


ハン君「最初の新宿から成蹊までの企画から入って、いろいろ経験して、すごい3年生を尊敬してるんですよ。
なぜかというと、前までのとは違って、新しいゆにゆにや、カラーのしおりとか、参加者を楽しませるための気持ちはすごい尊敬してます。
あと、ヤスさんのPVとかを寝ないで作ったりとか、今回の3年生の頑張りに感動しました。」
宮坂「MeltyKiss」

ハン君「だからそういう気持ちをこれから引き継いでやっていきたいと思います。これからチャリ、チャリ、チャリティーとかウォークイベントに興味がある人をもっと集めて、すばらしい大学生活の思い出になるようなことを企画していきましょ。」



玉田「じゃあ最後に今回の参加者に向けて。」


ゆーし「いやまず本当に1日を空けてきてくれたことに感謝、あとやりたいこととかあったらどんどんやってほしい。後輩には。」
玉田「チャリティーとして、24,000円集まって、Exceedに賛同してくれた皆さんありがたいです。

じゃあ、そんなとこかな、これで終わりにしたいと思います。」

宮坂「Exceed Walk恒例の三本締めで締めましょう」
(三本締め)
全員「ありがとうございました!!」

ゆーし「Exceedは次の世代へと続いてく」


ながーーくなってしまいましたが、これでExceed Walk 山手線の巻 完結とさせていただきますが、今年もExceed プロジェクトをよろしくお願いいたします。

Exceed your faith,Exceed your limit,Exceed Walk




| Exceed Walk | 16:47 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT