ゆにっき

2014年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

Uni.ランキング受賞者インタビューVol.5

前回ブログ書いた時より2kg痩せました、
広報局・新2年 藤波 志穂 です!

Uni.ランキング受賞者インタビュー第5弾 オオトリをつとめるのは!
環境チーム新2年 宮田明日香です!
インタビュアーは広報局 新2男・伴拓実とわたくし藤波でございます(OvO)
学年会のあと行いました!


では、明日香さんへのインタビューを始めまアアす!なぜ明日香さんにインタビューをすることになったかというとー!
藤波 なんとー!結婚したい人ランキング第1位ミスUni第3位、優しい人ランキング第3位に輝きました~!!
宮田 ほ、ほんとですか?
   最高かよ
藤波 では本題へ移りますよ~

― なぜUniに入ろうと思いましたか?
宮田 ボランティアの経験はなかったんですけど、東日本大震災があって、ボランティアの大切さとかうすうす感じていました。
  成蹊大学に入ったとき、Uniという団体があることを知って、とりあえず新歓に行ってみたんです!そしたら、ゆんゆんさん(教育新4女・桑田由季)とかがとても親切に対応してくださって履修まで組んでもらって、こりゃもう超雰囲気いいな!と思って入部を決めました!

― なぜ環境チームを選びましたか?
宮田 教育チームと迷っていたんですが、環境チームの新歓ボラに参加してみて、すごく楽しそうなチームだなぁ~と思って、決断しました!

雑音(by環境新2男・中平一樹) U!D!O!N! U!D!O!N!
一同 うるさい!!!!!
※この日、麺通団(うどん屋)でてんぷら一個50円セールでした

― 結婚したい人ランキング1位など3部門に選ばれた率直な感想を!!
宮田 えーっと…すごくビックリしてます(◎_◎;)
   え?それだけ?
藤波 尺が足りない(笑)
宮田  そんな恐れ多いです
藤波 謙虚だな...!

― みんなに選ばれたその自分の魅力はどこにあると思いますか?
宮田 私が知りたいくらいですよぉ~
藤波 謙虚だな~(Part2)
宮田 私が環境の副チームリーダーになったりで、名前がちょっと有名になったからじゃないですかねぇ?(笑)

― このあいだの春合宿はどうでしたか?
宮田 A日程で、1女が少なかったんですけど、すごく楽しかったです!今までの合宿ではあまりなかった福祉系のボラに初めて参加できて、とても貴重な体験もできたし、レクでも優勝(青龍チームが優勝しました!)できて、くまもんのハンカチとストラップもいただきました!、超楽しかったです!

― 結婚したい人ランキング1位の明日香さん、結婚したい人はいますか?
宮田 芸能人でいうと関ジャニ∞の大倉くんですかね!
   大倉忠義くんですね??

【 しばらくジャニーズトークが続く 】
宮田 ちなみに、私が男なら堀北真希ちゃんがいいです!

― オススメのボランティアは?
宮田 月一ボラです!毎回班に分かれて活動するので、いろんな人と関わることができてとても充実した時間を過ごせます!初心者にもおすすめですよ!みなさん!笑

― 最後に新入生に向けて一言お願いしますっ!!
宮田 Uniはすごく人数が多い団体だから、たくさん知り合いもできると思うし、ボランティアも特に強制してるわけじゃないから、好きな時にやりたいボランティアもできます!堅苦しい団体ではないので、友達作るぞ!くらいの勢いでぜひ楽しんでほしいなと思います!
  では、ありがとうござ...

宮田 あ!あと、環境チーム入ってね!!!ほんと楽しいから!!!

藤波  そこ太字にしとくね!笑

dhhtdht.jpg
某洋服メーカー風にしました(訳すと「地球~音楽&環境~」のアレです笑)


いかがでしたか!

今日でUni.ランキングにランクインした人のインタビューは終わりになります。
しかし!まだ沢山ランキングがあるんですね!!!部室に全て一覧が貼ってあります(OvO)
私もランクインしてるんで探してくださいね!!(自身宣伝)


ちなみにインタビューのなかで明日香が紹介していた
環境チームの新歓ボラ!今年もやります!
5月11日(日)です!!
私もいきます!!笑 自己主張うざくてすみません!笑

メモりましたか~(⌒▽⌒)?
ではみなさん、また学校でお会いしましょ~(^^)/~

スポンサーサイト

| インタビュー | 13:17 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Uni.ランキング受賞者インタビューVol.4


もういくつ寝ると入学式ですね!
広報局新3年のさわだあにーです( ´▽ `)

前回までに引き続き今回も、
企画局主催の「Uni.ランキング」で見事1位を獲得した人を
ピックアップして行ったインタビュー企画の第4弾!

今回は「ミスターUni.」1位に選ばれたこの方、
地域/教育チーム新3年の手塚亜門さんの登場です!!

InterviewwithAmon1new.png

──ではまず最初の質問です。Uni.は楽しいですか?

「楽しいですね。人がたくさんいるから元気がもらえる。もう1つオールラウンドサークルの「コロンナ」と掛け持ちしてるんだけど、そこは1、2年生あわせて20人くらいの少人数。大人数のUni.も少人数の「コロンナ」も、どっちもそれぞれ良さがあって楽しい。」

──春から3年生になりますが、どういう心境ですか?

「いやあ、3年生になっちゃうね(笑)。でも、3年生になることに対しての不安とかはないね。この春に入ってくる1年生は、去年と同じように今の2年生のときみたいに入ってくるわけだから、去年経験したぶん余裕ができてる。2回目の新歓だから、すごい楽しめるんじゃないかな。」

──亜門さんは地域チームと教育チームを2つ掛け持ちしていますが、2つのチームの違いや魅力はありますか?

「2年生にあがるときに地域と教育の兼チームをすることになったんだけど、どっちもけっこう違いがあると思う。教育チームは全体的に賑やかで活発だから、ランチミーティングとかは小さい教室だといっぱいになるくらい人が来る。地域チームは、落ち着くよね。わかる?(笑)。」

──わかるわかる(笑)。チームカラーがそれぞれ違うよね。

「そうそう。教育チームだとみんなボランティアやってて元気で楽しいみたいな感じだけど、地域チームだと落ち着いてる中でお話してて、そのなかにボランティアがあってみたいな。両方ともすごく好きだから、兼チームしてよかったと思ってる。」

Collage_Amon1small.jpg

──今までボランティアしてきたなかで、印象に残ってる・オススメしたいボランティアはありますか?

「けっこうあるよ。教育チームに入っているならハロウィンのボランティアは絶対にやってもらいたいし、地域チームならお祭りのボランティアはぜんぶ面白い。あと、東北のボランティアは、現地に行っても最初の頃よりは町並みが整ってきてるけど、現地の人と話して、いまここで暮らしているのとはかけ離れた言葉をもらったりすると、またこれからの生活でふとしたときに何か役立つというか、自分のためになるんじゃないかなと。」

──亜門さんは地域チーム、教育チームの他に東北プロジェクトにも加わっているんですよね。


「そうなんだよね、けっこうボンボン入っちゃったからね(笑)。グラパ(※Graduation Party、いわゆる卒コン/追いコン)の企画も入ってて。途中からもうミーティングとか被るし忙しいし、あんまり軽い気持ちで入るのはオススメしないよ(笑)。でもそのぶん充実してて楽しいね。」

──東北プロジェクトに入ってる亜門さんとしては、東北は行けるなら行ったほうがいいという感じですか?

「そうだね、是非。東北は土日使ってとか早朝で日帰りとか、最近はあまりお金もかからずに行けるから、人生経験の一つとして行ってみるのもいいと思う」

Collage_Amon2small.jpg


──では、マジメな質問ばかり続いたのでおちゃらけた質問をいくつか。「Uni.ランキング」が発表されてミスターUni.に選ばれましたが、どんな心境ですか?


「周りから「ミスター」って呼ばれ方するようになったかな(笑)。わりとどういう対応が正解なのかとか考えるね。でも、ミスターUni.に選ばれたのもUni.には俺よりもっとかっこいい人がたくさんいるけど、その人達よりも俺のほうがたくさん顔出してたってだけだから、みんなもきっとUni.にたくさん顔を出すようになれば1位に選ばれると思う。みんな知らないと投票できないからね」

──去年のミスターUni.こと高城淳史さん(国際チーム4年)にも同じ質問をしたんですが、ずばりイケメンを保つ秘訣は?(笑)

「高城さんは何て答えたの?(笑)。俺はバイト中ぶすっと真顔で働いているときは、一緒に働いてる社員さんとかから「なに疲れてるの?」とか「気持ち悪いよ」とか言われる(笑)。でも逆にお客様に接客しているときとかボランティアで子どもと触れ合ってるときとかはすごい笑顔でやってるし……うん、やっぱり笑顔だよ笑顔!(笑)」

Collage_Amon3small.jpg

──亜門さんは低めのすごくいい声をしてると評判ですが、イケメンな声を出す秘訣はなんですか?(笑)

「これは生まれ持っちゃったものだからなあ(笑)。でももともと自分のこの声がすごく嫌でずっとコンプレックスだったんだよね。例えば電車の中にいると、電車のガタンゴトンの波長と自分の声の波長が合っちゃってなんも聞こえなくなるみたいなんだよね(笑)。隣で話してて俺は聞こえるのに俺が話すと向こうは「えっ?」ってなったりとか(笑)。でも最近になって周りから褒められるようになって、自信というか受け入れられるようになった。」

──では最後に、新入生に何か一言お願いします。

「きっとUni.に入ったら、その時期によってやる気がすごく高ぶったり、逆にもう辞めたいって思ったりするかもしれないけど、Uni.はみんないい人ばっかりだから不安にならないで。自分一人でもボランティアに行ってみたりとか、どのボランティアでも興味が湧いたら参加してほしいですね。」

──ありがとうございました。


+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+


さて、数日にわたり更新された「Uni.ランキング」特集もいよいよ次回で最後!
つぎは誰が登場するのでしょうか、みなさんお楽しみに~(^0^)!

 

| インタビュー | 20:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Uni.ランキング受賞者インタビューvol.3

こんにちは!広報局2年、米本 史稀(よねもと ふみき)です。
今回は、企画局が行ったUni.ランキングにランクインした人にインタビューを行いました。

第3弾は、『笑顔が素敵な人ランキング』1位の押見 夏菜子(環境2年)さんです!

ごらんごらんよ、この笑顔。


1057038500624.jpg

●突然の申し出にも関わらず、すいませんね…(アポなし取材でした)

かなこいえ!何聞かれるんだろう・・・。

●合宿こられてましたよね?そこで発表されたUni.ランキングにて『笑顔が素敵な人ランキング』1位に輝いていましたね!

かなこはい!ありがとうございます。

●今も素晴らしい笑顔です。

かなこやめてください(笑)

●すいません(笑)ではですね、押見さんのことについてお伺いいたします。まず、Uni.に入った理由を教えてください。

かなこそういうこと聞かれるんだ。

●そういうこと聞かれます。

かなこ高校の時から元々ボランティア団体に入ろうと思ってて、もうそしたらほぼ(成蹊大学に)Uni.しかないじゃんみたいになって。

●そうだね、一番大きい団体だもんね。やりたいと思ってたんだ。高校の時は特にそういうのはやってない?

かなこうん。やってないけどー、なんか大学生っぽいなあ、やってみようかなあって。


~ここで2年の塚本 康貴が耳打ち~

ヤス(笑顔ひとりじめとかゆるさねえぞ…!)

●いやいや、インタビューですから(ざまあみろ)

~さらにいつの間にか2年の中村 亮太が様子を見つめている~

●中村亮太おはよう。

亮太おはよう。(微笑)

かなこ(笑)

●話を戻しまして。で、環境チームじゃないですか、環境チームに入ったのはなんで?

かなこああ、それもゴミ拾いとかがボランティアって考えた時に、まずぱっと思いついて。

●うんうん、THE・ボランティアって感じ。

かなこそれ考えてたら環境チームの先輩たちがなんか面白いらしいみたいな。

●ちょっとクレイジーな。

かなこそうそう、なんかクレイジーだって聞いたから、「ああ、もうここしかないわ」って思って。

●なるほど。実際、2年生終わって3女ですよね?3女になるにあたってこんな先輩でありたいみたいなのってありますかね?

かなこうわあ、マジかあ(困惑する押見)やっぱ2年であんまりやらなかったからその分、後輩とかをちょっとご飯に誘ったり、面倒見のいい先輩になろうかなという。

●うん、【面倒見のいい押見 夏菜子】

かなこそう。

●【面倒かなこ】ね。(メモ)

かなこちがうよ(笑)

一同(笑)

●今後、こんなことしたいなってある?

かなこああ、そうだなあ。月1とかは続けつつ、やっぱ今までもやってたけど地域とのコラボラは盛り上がるし、大事にしていきたいかなー。

●じゃあ基本的には今までのボランティアの継続をはかって、より盛り上げていきたいってこと。

かなこそうそう。

●最後にですね、笑顔の秘訣について。

かなこやばい(笑)それ聞かれるんだ。

●個人的に思うのは笑顔って楽しい時、嬉しい時、明るい気持ちの時に出るものじゃない?

かなこそうですね。

●押見さんの中ではこう、いつもお花畑が広がっている?

かなこやばいやつじゃないですか(笑)

一同(笑)

●すべてを見ているわけじゃないからわからないけど、基本笑顔だなって。

かなこ嫌なことがあった時も、笑顔だったら気持ちも明るくなるんじゃないですか(照れる押見)

●あー!いいことがあったから笑顔になるんじゃなくて、笑顔でいるからいいことが起こると。

かなこそうそう!

●【笑顔だといいことくる】(メモ)

かなこさっきからメモ雑じゃない?(笑)

一同(笑)

●そうやって過ごしてれば周りも気持ちいいし、自分も気持ちいい。これを実践すればみんな笑顔が素敵ランキングに入ると。

かなこそう。みんながそうなったら世界がハッピーになる!

●あー。【世界がハッピー】(メモ)

かなこああ!そこメモるんだ…(笑)

●だいぶハッピーな方ですね。ちなみに、来年ランキング入るとしたらどれに入りたい?

かなこそれはもう、2冠じゃないですか?

●私は笑顔が素敵だから来年も譲らない。

かなこそこまで言ってないから!(笑)ここまできたらね、3女でも衰えず笑顔を見せていきたいですね!

●おー、すばらしい!まとめていただきました!本日は押見 夏菜子さんでした。

かなこありがとうございました。



いかがでしたか?
とっても、話していて心地よい素敵な人でした!

第4弾もお楽しみに!

| インタビュー | 17:45 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Uni.ランキング受賞者インタビューvol.2

どうもー!地域/広報局もうすぐ2年になっちゃいますよの竹中裕輝です-!
引き続きUni.ランキング1位受賞の方にインタビューしてきました!
今回は「ボラ熱心な人」ということで、見事1位に選ばれたのは・・ボラのためならどこでもGO!の郷くんです。

人前で話すのが、とても上手な郷くん。
果たして、インタビューも上手いのか!?

竹中「今から、春合宿で決めたUni.ランキングで『ボラ熱心な人』で1位になった郷くんにインタビューしたいと思います!!」


さんぺー「俺じゃなかったんかい!絶対俺だと思ったわ!(笑)」


みんな「笑笑笑」


竹中「えーと、まずは初歩的な質問でね、なぜUni.に入ったのー?」


郷「んー、大学生になってボランティアをやろうと思ってたんですよ、入学前から。」


~ここで前回インタビューされた「仲良くなってよかった人」ランキング1位の野本乱入!~


野本「なんでなんで~? 何をきっかけに入学前にやろうと思ったの?」


郷「運動部はきつそうだし、まあその他諸々ありますけど(笑)何かボランティア団体って多くの大人が関わっててたり、まあ一番気軽な感じがするんですよねー!」


竹中「なるほど! 俺もその気軽さが好きです!そのボランティアと言っても、様々な活動がありますが、具体的にボランティアの楽しさとかやりがいって何なんですかね?」


郷「やっぱり、地域の方々や多くの社会人の方々とボランティアを専門にやっている人や専門としてではなく土日だけにやっている人などと関われることが素晴らしいですね。」


竹中「年齢層に関わらず交流できるところですかー!なかなかそういうのは経験できないですもんね! これから新入生がUni.に入ってくると思うんですけど、郷くんが経験した中でおすすめのボランティアはありますか?」


郷「初めに各チームの先輩が作り上げた新歓イベントに来て頂いてそれで先輩たちと打ち解けたら、是非、僕が武蔵野の森を育てる会をやっているし、地域チーム/渉外局としてまた大学が武蔵野市にあるので武蔵野市のボランティアから始めましょうか~(笑)」


竹中「さすが地域チーム!意識高いね!えー、地域チーム以外の他チームのボランティアでおすすめなのはありますか?」


郷「全チーム楽しいですよ!(笑)教育は純粋に楽しいですね、福祉はためになることが多くて、環境はある程度身近に感じられる問題でありますし、国際は僕はグローバルフェスタというイベントにスタッフとして行ったんですけど、そこでは、僕たちの団体以外の様々な国際的なものに関心のある人たちがボランティアとして参加している。そういう人たちとの交流も楽しかったですね~!充実してましたよ!」


竹中「これから地域チームとしてまたUni.全体として新入生と共に新しく企画したいボランティアはありますか?」


郷「やっぱり、これだけ人数が多いし、ボランティアっていうのはニーズがあって、そこの定員が決まっているんですけど、皆で一緒にできるボランティアができれば良いと思いますね(笑)」


竹中「新入生に向けて熱い一言をお願いします!! 郷くんの一言によって新入生がたくさん入ってくるかもよ(笑)」

郷「まず挑戦!!」


皆「からのー?」


郷「挑戦からのー継続(笑)Uni.の良い面と悪い面どっちも見えると思うんですけど、それも1回自分で飲み込んでその良い面を伸ばせるように頑張っていきましょ!! でも挑戦だけでも良いです。継続はちょっとやばいですね(笑)」

その後・・・

さんぺー(大阪の選挙について語り出す)
郷くん(真面目に答える)


ということで、最後は大阪へと話がGOしてしまいましたが、とても良い話を聞くことができました!
自分ももうすぐ2年生になりますが、とても勉強になりました!
ありがとうございました!

GO.jpg
(ボラ熱心な人第1位の郷くん)


第三回に続く・・・。

| インタビュー | 02:38 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Uni.ランキング受賞者インタビューvol.1

こんにちは。広報局・もうすぐ三年生地域チーム宮坂陽介と、同じく広報局地域チームもうすぐ二年生佐藤結香です!
今回は企画局が行った「Uni.ランキング」のみごと一位に選ばれた方々を対象にインタビューを行いました!
五回連続更新の第一回目は…。

「仲良くなってよかった人」ランキング、中沢一貴(ムッチィ)さんと同率1位を受賞した、野本愛さんです。

1年学年会終了後、けっこうなざわめきの中でインタビュースタート~。
(インタビュアー:宮坂、佐藤、結果的に+αの方々)

初めてのインタビューにテンション上がる野本さん。

野本「何言えばいんだろうね!」

とりあえず、写真撮影しますか。

撮影した写真がこちら。
unnamed_20140328010724f7d.jpg



はい。写真いただきました。ちなみに野本さんが指さしているのは今年度の新歓合宿の日程です。はいメモー。

佐藤「まず、受賞の感想を(メロンパン食べながら)」

野本「とりあえず、1位にしてくれてありがとうございました。こんなんでいいのかしら。びっくりしてる~。Uni.のみんなに感謝です。ほんとにありがと~(手を振る)手振っても意味ないか(笑)」

※野本さんは終始iPhoneとの交流を図っていました。

野本「でもほんと、Uni.に入って友達は増えたから~」

佐藤「その人たちが思ってる、ってことだよね」

野本「ね~、や、でも、思うのは、わたしがいいんじゃなくて、Uni.のみんながいいから、わたしがいい影響をもらってるっていうのはすごい思います」

佐藤「いいこと言った」

宮坂「いいこと言ったね」

(と、ここで小川麻衣が加わる)

(佐藤のメロンパンを催促し、食べる)

野本「なんか、くだらないことでも、真剣なことでも、人と喋ってって、その差異みたいなのを感じるのが好きだから、とりあえず人としゃべりたい欲みたいなのがあるんですよ。だからね、あれじゃない?わたしとしゃべってるから、そう思っちゃったんじゃねい?」

宮坂「そういうところが評価されてるんだよ。…ちょっと待ってこれ録音されてんのかな。(ちゃんとされてました)」

野本「ね、だから、周りのみんなが素敵だから野本がいい人になれたんですよ~」

小川「なんてこと言うの(ガチトーン)」

佐藤「なんてこと!?」

野本「えー、なんでなんで!?それはマジでそう思ってる。周りの人が素敵だから、なんか自分がよくなってる気がします」

小川「でも、あたしも愛って入れた」←なんなんだ

佐藤「じゃあその理由を」

小川「え、やだやだ(取材を拒否る小川)わたし感性で生きてるからそういう言葉とかに表せない」

宮坂「なるほどね(?)」

野本「結論はUni.のみんなが素晴らしいってことです」

佐藤「じゃー、今後の抱負。殿堂入り狙う?」

野本「とりあえず後輩が入ってくるので、後輩ともいろんな話とかして、自分はこうだったよ、みたいな話もしたいし、後輩の話も聞きたいし、先輩とはこれからも仲良くやっていきたいですね。みんなだいすきー!」

(ここではやたくん参戦)

宮坂「…そもそも、Uni.に入ろうと思った理由は?」

佐藤「そこまで遡るんだ」

野本「やっぱ人の多さですかね。最初はぶっちゃけそんな大学入ってボランティアやりたいから、って入ったわけじゃなくて、いろんな人いるし、やっぱ人脈広がるのがいいなあと思ったから入ったんですけど。入ってみて、興味なかった分野とかも、ワークショップに参加して知ることが多かったから、そこからのめり込んで行った感じですね」

宮坂「好循環ってやつね」

野本「でもそういうのも、先輩とか人が教えてくれたから参加して良かったなって思えたし、だからもうほんと人!周りの人が素晴らしい!」

宮坂「今回のインタビューのテーマだね。“人”。(まとめた)じゃあね、今度1年生入ってくるけどね、その1年生に対してメッセージを」

野本「仲良くしよー、って感じだけど、でもやっぱ、Uni.ってところにいるだけで、5種類のチームのボランティアがあるし、ボランティアだけじゃなくて合宿とかもあるから、それを自分からやってかないとその世界を知らないままになっちゃうから。何事も自分からやってく能動的な姿勢をもってがんばってください!そういうのをこっちに引き寄せるための仕事はわたしたち先輩のやることだから、その仕事はこれから頑張ってやっていきまーす」

インタビュアーからは以上!ありがとうございました~。

と、ここで終わると思いきや途中参戦組から質問が。

小川「なんでそんなにみんなと仲良くなれるんですか?」

野本「それこそあれじゃない、能動的に自分からやってかないとこの人がどういう人なのかって分からないから。積極的にいくのが大事だって、Uni.に入って分かった」

小川「愛は、その人が自分をどう思ってるのかっていうより、その人を見てるから、いろんな人と喋れるんだなって思いました」

一同「感想かよ(笑)」

来年の殿堂入りなるか!?さあ、第二回は誰が登場するでしょうか、乞うご期待!

| インタビュー | 12:37 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ペットボトルキャップ仕分け見学

どーも!福祉チーム1年の田古島慎哉です!春休みも残り少ないですね♪
さて、今回は3月12に行ったペットボトルキャップの仕分見学です!

内容は、集めたペットボトルキャップを障がい者が仕分けするという活動を見学するというものです。
実際行ってみたら、、、あーら不思議!!
アットホームな感じで仕事しているじゃないですか!しかも!!!仕分けだけでなく、袋づくりなど様々なことをしていました!
ぼくらも体験してみたのですが、難しいですね。そして、職場の方々は熟練の技術で淡々とこなしていました!!

担当者のおはなしだと、障がい者が仕事をして貢献しているというやりがいを感じながら仕事をしているらしいです!
海外へもいったりしているらしいです!!

今回は福祉チームだけで行ったのですが、次からは全体募集も行います!
楽しく見学、体験できるので是非参加してみてください!

1394711656264.jpg

| 福祉 | 20:56 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |