ゆにっき

2014年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

大型交流イベント Exceed Walk ~参加締切間近のお知らせ~

_78788.jpg

参 加 応 募 締 切 迫 る !!

何がって、6月7日(土) に開催される Exceed Walk のですよ!(写真は下見のときの一枚。)

夜分遅くにこんばんは、地域チーム兼広報局兼さいきんは動物プロジェクトとかもやらせてもらってます、2年の佐藤結香です。余談ではありますがシャーマンキングのメドレー聴きながらこの記事書いてます。

まず Exceed Walk ってなんなの?って疑問をみなさんは最初に持つでしょうね。直訳すると「超越散歩」なわけですが。
去年のこの時期には「東京マラソンウォーク」と言って東京マラソンのコースを歩こう、というイベントがあったんですが(たーのしかったなー!)今回は「中央線ウォーク」でございます!その名の通りではありますが、新宿駅から吉祥寺駅まで(へこたれないで)歩いて帰ります!

中央線をふだん使わないひとは中央線沿線を歩く機会なんてなかなかないですよね。高円寺とか中野とかホットなスポットの存在は知ってるけれど、自分から出向くことは少ないのではないでしょうか?そんな中央線初心者にはゴリ押ししたいこのイベント。(現に下見を終えてわたしもだいぶ詳しくなったので!)

また、中央線ヘビーユーザでも、「ともだち増やしたいよー」とか「みんなで美味しいもん食べたいよー」とか「さいきん運動してないなー」っていうひとも大歓迎なのが最大のポイント。むしろオススメのお店を案内してもらっても構いません。当イベントはボランティアを目的としたものでなく、交流がメインとなっているので懐はどーんと広いです!

噂によるとミッションもあるとかないとか?吉祥寺に到着後はごはん会もあるとかないとか?乞うご期待!

さて。「あ、行ってみたいかも」っておもったひといますよね。たぶんいますよね。
ものすごく急いでください(笑)
何を隠そう、参加応募の〆切が今日までなんです!(笑) ←いや笑ってる場合ではないんですけど。
詳細は5/7のメーリス、または再送の5/21のメーリスをチェケラーウしてくださいね!

もう参加するよ~って決めてる子、ありがとう!熱中症対策・ストレッチ等々準備しておいてください(笑)
スポンサーサイト

| 未分類 | 01:49 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

国際チーム☆インタビュー

みなさんこんにちは〜☆
国際チーム、広報局、東北プロジェクト三年の湯川ちひろです。

1年生の皆さん、uni.へようこそ!!
インタビュー企画第五弾、ラストは国際チームです!
今回は広報局2年で国際チームの藤波志穂が同じく国際チーム2年の石毛夏生と佐藤有沙にインタビューをしてき
てくれました!!

==============以下インタビュー================


藤波:なぜUniに入ったのでしょうか!

佐藤:えっと…新歓で行った時に国際の活動に興味を持って楽しそうだなーっと思って入りました。

石毛:小中高と吹奏楽部をやっていて、他にも何か人のためになることがしたいなーって常々思ってて大学入って、大きいUniっていうボランティア団体があって…さらに私、国際文化学科なので、国際に関するボランティアもあるときいてこれは是非やるしかないなと思って入りました。

藤波:初めて参加したボランティアは何でしょうか!


佐藤:国際の物資回収!

石毛:私まだそれやったことない…!私は武蔵野の森かな…杏仁さんとか優しく話しかけて下さって一番はじめの良い思い出ボラですかね!

藤波:(ありさに向かって)他チームのボラは行った?

佐藤:(地域×環境の)コラボラかな!すごく楽しかった!!!笑

藤波:Uniの一年間で一番楽しかったことは何でしょうか!

佐藤:私は合宿です!!!ボランティアも出来たし、やっぱ一番はいろんな人と友達になれたのが楽しかったです!!新歓、夏、春合宿いきました!!

藤波:結構いってますね…ふふふふ(有紗とアイコンタクト)

石毛:合宿!!!も有紗と同じで楽しかったって想い出もあるんですけど

藤波:「ありさー」が「あにさーん」に聞こえたワハハ

石毛:滑舌の問題だアハハ!…っで、日々それぞれのチームの活動が思い出かなと思います。仲間もたくさんできたし、仲間以外にも地域の人とかと交流が生まれて、すごい充実した一年だったと思います!(ドヤ顔)

藤波・佐藤:模範解答すぎる(笑)(笑)(笑)

藤波:最後に新入生にメッセージをどうぞ!

佐藤:ボランティアを通して学ぶことはそれぞれ違うから、ぜひたくさんボランティアに参加してほしいです!あとUniの人すごくいい人ばっかりなので是非たのしんで欲しいです!
石毛:私自身、一年生とまだあんまり交流はないんです…(笑)(笑)まだ新入生も先輩と何話していいのか分からないとかあると思うんですけど、私もっと仲良くなりたいと思っているので!一緒におしゃべりしつつ、ボランティアたくさん参加して良い団体になっていこうね!!
======================================

チーム決めをする総会まで若干日にちがあるので、1年生はランチミーティングや放課後ミーティングに足を運んでみて下さいね!!
インタビューに協力してくれた二人どうもありがとう!!

| 国際 | 01:43 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【教育チーム】はこんなとこ!インタビュー第4弾

こんにちは!
1年生のみなさんは初めまして。

教育チーム 3年の米本 史稀(よねもと ふみき)です。

インタビュー企画第4弾は我らが教育チームより、2男のふたり!
今西 よしひこくんと、益尾 啓士(けいし)くんです!
同じく教育のユカイな帝王こと、須田 悠平とお送りいたします。


(準備中)

今西:「えっ、何聞かれるんスか
今西:「ちょっと…何、聞かれるんスか
今西:「何、聞かれるんスか…

ふみき:「(不安なのかな)では、お願いいたします」

けいし:「お願いします!
今西「お願いしまぁぁぁぁぁぁす!」

ふみき:「(杞憂だったわ)…(サマーウォーズかよ)」

すだ:「今回は、新入生向けに教育チームの魅力を聞きつつ」
今西:「ききつつ~!

すだ:「ふたりのことについて迫りたいなと思います」
今西:「おねがいしまぁぁぁ(略)
2014-05-22-16-41-38_deco.jpg



教育チームに入った理由

今西:「まあ、俺がこのUni.ってものに入ったのはー、小林 隼大(教育/副チームリーダー)がまず発端ですね
    「あいつが俺をUni.に勧誘したのが事の始まりですね!

ふみき:「(なんで同じこと2回言ったんだろう)」

すだ:「じゃあ、(隼大と)普段から一緒にいる?」
今西:「はい!ずっと!

一同:笑

けいし:「語弊がある!語弊がある!
すだ:「気持ち悪い」

今西:「教職で3人かぶっててそれからずっと一緒で、隼大からUni.の話とか聞いてて、いいなあって思って

ふみき:「なるほど」

今西:「で、元々子供も好きで!隼大チームかあ!って思って入るしかない、と

ふみき:「(うちは教育チームだけどね)」

けいし:「僕もー、まあ今西と一緒なんですけれど、僕自身、将来的に先生になろうと思っていて

一同:おおー!(尊敬の眼差し)

けいし:「子どもと接せられるというのと合わせて教育チームに入ろうかな、と


初めてボランティアを一から企画してみて

ふみき:「『あにまるたんけんたい』という動物園ボラをやりましたね。」

今西:「っっっそーですねえ!こういう企画は自分主体じゃなくてもクッキング(『わくわくっきんぐ』)の時にもー、ちょっとあったんで『いけるかな、余裕っしょ!』って思ってたんですけど、浅はかでしたね!あの時の考えは。

けいし:「(頷く)」

今西:「やることだらけ!ああ、あれもやってない、これもやってない!それこそ俺は保護者の方への連絡担当だったんですけど、はやたとか玉さん(教育チーム/チームリーダー)が大変と言っていた理由がよくわかりましたね!慣れないことなのでやりとりが難しかった!

ふみき:「そっかそっか」

今西:「でも、ボラ自体はすげーいいものに仕上がったんで、マジ、楽しかったっす!

ふみき:「大好評でしたねえ」

今西:「大成功!もう、フゥー!みたいな感じでした

ふみき:「(楽しそうだな)けいしはどうですか?」

けいし:「僕はボランティア2回目で、はじめてリーダーやって一番感じたのは(大学生を)まとめる難しさで、いっぱい意見出してくれたので、皆の意見をつぶさないでよりよいものにするという点では結構大変でしたけどまあ、子どもが思った以上に集まってくれてすごく大きなイベントとなりました

ふみき:「何人くらい集まったんだっけ?」

けいし:「結局、にじゅう
今西:「27!

すだ:「おー!」
ふみき:「すごいね」

今西:「最初の募集、20人とかでしたからね。20人いかないと思っていたら『ヤバイ!ヤバイ!これ、きてるよきてるよ!』って

ふみき:「またこう、当日まで日にちがなかったもんね」

けいし:「初めての遠出企画だったし、電車関係とか結構大変だったかなあ

今西:「3年生の人にすごい助けられたよね
けいし:「経験してる分
今西:「強かった


ふたりの思う教育チーム

今西:「アピールっつったらやっぱり、チームの顔の玉田さんと小林 隼大。このふたりが本当仲がいいんです。だから俺らも雰囲気よく仲を深められるし、あと、騒げるよな!楽しく(満面の笑み)!それにミーティングの出席率も結構高いって聞くし、そのあとのご飯会とかも俺いつも楽しみにしています!」

ふみき:「どうですか、玉田と隼大が仲いいのに嫉妬しますか?」

今西:「やーもう、間入ってトリオに変えてやろうかと思う時があります

一同:笑

今西:「なんならもう、けいし入れてー、なんていうの、あの4人のやつ
けいし:「カルテットね
今西:「そう!カルテットに変えてやろうかと思います(笑)

けいし:「やっぱ仲がよくって、先輩から後輩に対して接してくれて、チームとしてちゃんと輪になってるのかなっていうのがひとつありますね

ふみき:「ふたりは入部したのは?」

今西けいし:「1年後期!

ふみき:「それで結構馴染んでいるよね?」

けいし:「おかげさまで
今西:「地に足付いたね!ふわ~って浮いてるのをここだ!って下ろしてくれたのが助かりましたね!

ふみき:「うん、意味がわからないね」


ふたりの関係

ふみき:「ちょっと聞いたことあるけど、ふたりはこまめに連絡を取り合っている?」

今西けいし照れ笑い
ふみき:「どんくらいの頻度ですか?」

今西:「え、やばい時、毎日じゃね?

一同:爆笑

今西:「MAX毎日!MAX毎日!一週間けいしとラインしなかったときはなかったスね
けいし:「そうだね、そういう時期もあったね
今西:「最近はだいぶ落ち着きましたよ!だってこの前一週間ぶりくらいにしたよね!
けいし:「それが一週間なんだから恐ろしいことなんだけど

ふみき:「でも、大した内容じゃないんでしょ?」

今西:「そりゃもう、お久しぶり!みたいな
ふみき:「お久しぶりじゃないのに(笑)」


ミスターUni.

すだ:「Uni.には『ミスターUni.ランキング』というものがありますね。なんか巷では、けいしくん来年来るんじゃないかっていう話を聞きますが自信のほどは?」

けいし:「ほんとそれ、巷の話なんで何とも言えないですけど(笑)カッコイイと思ってもらえるのはありがたい話で、僕自身あんまりそういう環境に身を置いたことがないので、ぜひ選ばれるように頑張りたいです

ふみき:「今西くんもぜひ!」

今西:「3位狙います!

一同:3位!?



いかがでしたか?
テンポが良すぎて長くなってしまいました!
Uni.でこんな楽しい生活を一緒にしましょう!

| インタビュー | 11:21 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

~Welcome to Uni.~ 各チームインタビュー企画 vol.3 地域チーム

tiikititle.png

こんにちは~。地域チーム2年の佐藤結香と、竹中裕輝です。
確定合宿お疲れさまでした。日々体力の衰えを痛感しています。つらい。

こちらの企画は第3弾となるわけですが、今回登場するのは皆さんお待ちかね~~
地域チームよりお越しの~~~
tanae.png
たなえまさあき(以下、田苗)

あーんど
ayuri.png
よしおかあゆり(以下、あゆり)
のお二人です! やっほー、よろしく!!


――そもそも、地域チームに入った理由ってなんだった?

田苗:先輩にすすめられたからです。(笑)

あゆり:あんまり覚えてないんだけど、教育と迷ってて。先輩が優しかったんだよね~。

――特に誰が優しかったの?

あゆり:りょうたさん(笑)

一同:(笑)

――地域チームの魅力ってなんだと思いますか?

あゆり:アットホームな感じが好き。で、優しい。

田苗:のんびりな感じだよね。

あゆり:そんで、他のチームのボランティアにあんま行かないっていう。(笑)

――確かに。(笑)

田苗&あゆり:地域チームの人はチーム愛が強いんだよね~!

――おすすめのボランティアは?

あゆり:お祭りね。ふれあい夏祭り(詳しくはこちらをチェックだ!!)。あとハモニカも、ぜひ!

――そうだ、二人ともハモニカのメンバーだよね。

あゆり:この前ふたりでハモニカ入ったんだよ。

――お、じゃあそのときのエピソードちょうだい。

あゆり:え、エピソード?(笑) どっちが多くチラシ配れるか競争しました。

――どっちが勝ったの?

(田苗&あゆりどっちも手を挙げる)

――いや、どっちだよ。(笑)

田苗:僕が負けました。(笑)

あゆり:あたしが勝ったから、栗こあんのたいやきおごってもらった! ←いいな~

――ハモニカのボランティアについて詳しく教えて!

あゆり:駅前の「ハモニカ横丁」に案内所があって、そこのお手伝い。
主にハモニカ横丁を案内するお仕事。チラシを配ったり、おすすめのお店とか教えたりするよ。

――ちなみに、二人のおすすめはなに?

田苗&あゆり:「ハモニカクイナ」のソーキそば! あとイカ焼き!

tiiki1.png
ピース。 吉祥寺のお店に詳しくなれるというのも地域チームの大きな魅力!

――じゃあ、地域に入ろうかなって迷ってる1年生にトドメの一言ちょうだい!

あゆり:地域チーム3男がいちばんイケメン。(笑)

――それだと女子しか入ってくれないんじゃないの? いいの?(笑)

田苗:やだ(笑) 自分は地域チームに入ってすごい良かったって思えるんだよね。迷ってるならぜったい入ったほうがいいよ。

あゆり:うちらすっごいかわいがるから!

田苗:全力でかわいがります!!

――最後にがんばるぞ、みたいなポーズしてくれない?

tiiki2.png

してくれたー! お二人ともありがとうございました!!

さて次は何チームが登場するんでしょう? 次回もお楽しみに!

| インタビュー | 23:59 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ようこそ新入生の皆さん!福祉チーム インタビュー

こんにちはこんばんはっ!
広報局3年のさわだあにです( ´ ▽ `)

今回は全5チーム連続インタビュー企画・第2弾といたしまして!
【福祉チーム】竜野 真悟くん潘嘉駿くんのおふたりを、
同じく広報局3年の宮坂陽介、米本史稀とともに直撃しました~♪


IMG_3147.jpg

沢田 「今日はよろしくお願いします。じゃあ、まず初めに自己紹介をどうぞ」

竜野 「福祉チーム2年の竜野 真悟です。」

潘 「同じく福祉チームの潘嘉駿(ハン カシュン)です!」

沢田 「1年間Uni.を過ごしてみてどうですか?楽しいですか?」

竜野 「そうですね。やっぱりボランティアに参加するといろんな人と交流することができて、すごい楽しいです。」

潘 「楽しいですね。ボランティアして、いろんな人と出会えて、素晴らしい経験になりました。」

沢田 「福祉チームはこの1年間やってみてどうですか?」

潘 「福祉チームは人数が少なくてみんな仲が良いので、自分にとしてはこのチームに入ってすごくよかったと思っています。障がいを持っている子どもたちと遊ぶこともできて楽しかったです!」

竜野 「やっぱり福祉チームは少人数なのが魅力だと思います。(ミーティングでは)アットホームな雰囲気で小さな教室で意見だし合ってみんなでワイワイできるのがすごく楽しいです。」

IMG_0791.jpg

沢田 「じゃあ、印象に残っているボランティアについて教えてください。」

潘 「10月にある『あったかまつり』というボランティアの実行委員に福祉チームが参加しています。」

山本 「武蔵野市の障害者養護施設や老人ホームを運営している人たちが一同に会して大きなお祭りを企画しているんだけど、いまの時期から月1回実行委員が集まってどういうことをやろうか話し合っているんだよね。それに今日、俺と潘くんで福祉チームとして参加してきたんだ。しかも今年は福祉チーム初の出店をだすことに決まって、

(一同歓喜)

潘 「ゲーム系の出店をだそうと思ってますね。」

山本 「今年から俺たちもお店をだして子どもたちと一緒に遊んで楽しめたらいいなと。」

沢田 「これは福祉チームの目玉ボランティアになりそうだね!」

竜野 「期待ですね!」

沢田 「福祉のボランティアってやっぱり高齢者の方や障がいをお持ちの方とかと接するということでハードルが高いイメージがあるんだけれども、それに対してはどう思ってるの?」

潘 「実際そんなことない、そんなことはないです。誰でもできますよ! あと楽しいです、やっぱりみんなでボランティアをすることは。」

竜野 「個人個人で行ったらやはり最初は抵抗を感じることもあるかと思います。でも僕たちは福祉チーム、他のチームの人も最初は仲のいい人とみんなで行けばそんなことはないと思います。自分の仲のいい人との交流に加えて高齢者の方たちとの交流なのでみなさんが思っているほどの抵抗やハードルはないですね。」

沢田 「二人は福祉チームの鑑だよ!」

竜野 「まだそんなに参加してないんですけど(笑)」

(一同笑)

IMG_7643.jpg

米本 「もっさん(山本)から見た二人ってどんな感じなの?」

山本 「潘くんはね、一年の最初から福祉チームに居てくれて本当にありがとう。潘くんが居てくれるだけでチームの雰囲気がほんわかとして明るくなるのでいつも助かっています。総務局の仕事もやっていてよく頑張っていると思います。
竜野くんは一年の後期入部にも関わらず分からないことも多いと思うけどよく頑張ってくれていると思います。」

竜野 「夏くらいからどんどんボランティア参加します!」

山本 「これから一緒にどんどんボランティア参加しようね。ところで竜野くんは他チームのボランティアにも結構参加しているよね。」

竜野 「入部してすぐのころは環境チームなどの方が参加しやすいのもあって月一ボラとかによく参加していました。」

山本 「これから福祉の大きなボランティアもどんどんあるので他チームも福祉チームのボランティアもどんどん参加しようね。」

IMG_7206.jpg

宮坂 「では最後に新入生へのメッセージを。じゃあまず潘くんから。」

潘 「メッセージですか。福祉チームは自分としてはA Big Family!A Big Family!」

宮坂 「発音いいね笑 もう一度言ってもらえる?」

潘 「A Big Family!笑 私にとってはA Big Familyだから、チームみんなが仲が良くて活動もそんなに難しくはないです。高齢者の方や障碍のある子供たちと遊んだりすることも気を付ける点はありますがそんなに難しいことではないので一年生のみなさんが福祉に入ってくれたら嬉しいです!」

竜野 「福祉チームは一年生から見るとやはり他のチームより抵抗感もあると思うんですけど、実際にボランティアに参加してみると意外にそういうこともなく、先輩もあたたかく迎えてくれると思うので、もし福祉チームに入るか悩んでいる人がいたら、大学からボランティアとか少しやってみたいと考えている人は福祉チームに顔を出してみてください。」


///

いかがだったでしょーか(^0^)/
残すはあと3チーム!お楽しみに~♪

| インタビュー | 22:21 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

環境インタビュー

こんにちわ~~~~~^^
あったかくなってきましたね~(*^。^*)
広報局&環境チーム二年のばんばん(伴拓実)とゆきゃこ(大橋由佳子)でーーーす(*^。^*)

連続インタビュー企画、記念すべき第一弾は、環境チームです(*^_^*)
さてさて今回は、環境チーム二年の斎藤麗奈さんと平井康太さんにインタビューしました!!

image.jpg



では、さっそくですが、本題のほうへ入っていきたいと思いまーーーす!にこっ

○環境チームに入ってよかったことはありますか?


 友達ができたし、環境問題についてさらに興味を持つようになれたことですかね(ー_ー)!!

 まぁ、やっぱり、素敵な仲間がそこには待ってました。

ゆ・ば あぁいいねぇ~!\(^o^)/ぱちぱち


○環境チームのいいとこはどこですか?


 人数が少なく、アットホームなところです^^

 行事の参加率ですね!!(みんなの環境に対する)熱意がすごい!!ははは



○環境チームのボランティアでなにか思い出はありますか?


さ 地域と環境のコラボラは、吉祥寺の街をきれいにしながらたくさんのお店を知れた上、
ほかのチームと競いながらゴミを拾ったので、とても楽しかったです!


 僕たちはやっぱり、井之頭公園の月一ボラに力入れてるんで~
 月一が一年を通しての大切な思い出になった!! 



ゆ・ば さいこーーー 言うことが違うね!!(●^o^●)
    うれしいよ同じチームで...ありがとっ!笑



○環境面でのボランティアでなにかやってみたいことはありますか?


 ゴミ拾い以外で何か楽しいボラを企画したいです!


 考えたことなかったなぁ~...
去年、富士山清掃ができなかったんでやりたい!...のと、ワークショップにも力を入れたいです!!

ば ほかのチームの子にもワークショップ参加してもらって、環境のこと知ってもらうみたいなね!
んで、チームの枠を超えられると!

 お前、わかってるわ。笑

○環境チームに入ってなにか意識し始めたことはありますか?

 なるべくレジ袋をもらわないようになったことです!

 はいはいはいはい、あるよあるよあるよあるよ!!!!
  街中に落ちてるゴミがつい気になっちゃうことが増えたの!!



○新入生に向けてなにか一言!!

 そうですね~~自分のやってみたいボラをぜひみつけてみてください~~^^
あと、「生物多様性と井の頭公園の自然について」のワークショップをやります!!カード形式で私たちの暮らしと多様な生き物たち、自然界と私たちがどのようなつながりがあるのかを、ゲーム感覚で楽しく学んで考えるので、興味ある方はきてください(#^.^#)締め切りは明日(5月20日)なので興味ある人は斉藤まで連絡してください♪


 ぼくは最初、地域に入ろうと思ってたんだけど、でも自分が環境のために何かしたいと思ってたんだけど、友達が地域  に入って自分もその流れに乗りかけたけど、それじゃいけないと思った!やはり自分が興味あるチームに入ってほし   い!
  最後にお前らに出会えてよかった!!!!!!

| インタビュー | 16:20 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

5月11日(日)第32回けやきまつり

こんにちは、新入生も段々慣れてきましたかね、地域チーム三年の糸嶺柾人です。何、最近ここお前ばっかだなって? イヤ、ソンナコトハナイトオモウヨ?(棒


さて、武蔵野市には実は町内会というのがなく、その代わりとして市内各地域にコミセン(コミュニティーセンター)というものが建てられているのですが、その内の一つにして武蔵野市内で最後に建てられたけやきコミセンは大学より数百m北に行ったところにあります。

ということで、去る5月11日(日)、そのけやきコミセンで行われたけやきまつりに行ってきました。今年はUni.としては二回目の参加なのですが、今年は昨年まで東北の物産を販売していた東北物産館が撤退し、代わってUni.の東北プロジェクトが東北関連の物産販売やワークショップをすることになりました。
IMG_6641.jpg

ほらほら、物産販売に行けば薫が昨年のB1グランプリで優勝した青森はせんべい汁を持ってるじゃないか、早く買わなきゃ!
IMG_6635.jpg

お、そんなこと言ってたらお客さん来たねぇ、さて如何します?
IMG_6636.jpg

ちなみに全ての品物が完売しましたよ。
IMG_6637.jpg

一方で建物内ホールでは、東北プロジェクトによるワークショップが開催中。いざという時の災害のために、すぐに作れる防災グッズ作成のためのお手伝い。
IMG_6630.jpg

午後には防災知識を問うクイズ大会も。いやはや老若男女、盛り上がってますねぇ。
IMG_6649.jpg

そのホール外側では東北プロジェクトのこれまでの活動を記した模造紙展示が。
IMG_6650.jpg
さてここで問題。この模造紙に張り付けられた写真の内、何枚が糸嶺撮影でしょう?


さて、東北チームが今年は大挙してやってきたわけですが、勿論お祭りそのものを手伝いする側も負けてはいられません。
カレーのご飯をよそう葵さん
IMG_6645.jpg

ピザをセッティングするゆい
IMG_6638.jpg
ここのピザはその場で窯で焼くので実においしいんです。いやいやほんとですって奥さん、このコミセンには窯があるんですってば。
とか言ってる横ではあにくんが実にピザ職人面してまっせ。
IMG_6639(3).jpg


こうして写してないところでも、バザーの人混み整理とか受付とか、ピザの仕込みとかカレーの仕込みとかカレー用食器の皿洗いとか皿洗いとか皿洗いとか皿洗いとか皿洗いとか。

自分? 以前の花時計さんのボランティアのゆにっきの記事(この三つ後ろの記事をチェック!)の最後に言った通りに再び紙芝居をやったさ、ああやったさ!
IMG_6642.jpg

何を隠そう、けやきコミセンに二年前から伝わる、伝説の紙芝居お兄さんとはこの私のことだぁっ!
IMG_6644.jpg
ま、花時計さんの時よりかは多くの人に見てもらえたのでよかったんじゃないですかね。

終わってからの交流会も盛大に。
IMG_6654.jpg


というわけで、今年もけやきコミセンの皆さん、地域交流部の皆さん、現代社会学科高田ゼミの皆さんにはお世話になりました……あ、高田ゼミは今年から身内でしたな。
IMG_6657.jpg
高田ゼミ四年の皆さん(相崎さんはUni.地域チーム&東北プロジェクトでお二人は地域交流部なんですけどね)、忙しい中ありがとうございました。
そして、けやきコミセン25周年おめでとうございます。来年のけやきまつりに関してはとりあえず自分はまた紙芝居を適当に図書館から引っ提げて行きますかね。
IMG_6640.jpg


ちなみにお祭りが終わった後の打ち上げで、紙芝居お兄さんの愛称に続いて、同名映画の主人公に似ているという理由でホームアローンという新たなあだ名がけやきコミセン内に於いて頂戴した自分でした。別に家で一人ぼっちじゃないやい! ――いや正直自分はケビンより子供だと思いますけどね? ちなみに自分はシリーズでは3が好きです(ぇ

ちなみに、模造紙の写真の枚数の正解は八枚でした。大目に使ってもらってなにより。

| 地域 | 23:11 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

5月10日0123はらっぱまつり


こんにちは!

ゆにっき書くのは2回目です、苦手です、教育チーム・渉外局3年の玉田としきです!

今回は教育チームではなく、渉外局としてのボランティア、
5/5の0123はらっぱまつりについて書かせていただきます(^○^)

(そもそも渉外局とはチームとは関係なくある4つの局のうちの1つで、
他大・外部団体との窓口役です……詳しくは部員まで)




武蔵野市中央公園のあたりにある、武蔵野0123はらっぱとは、
0歳から3歳の子どもが遊べるスペースを提供している武蔵野市の施設です!
また、その親御さん同士の交流・相談の場でもあります(^^)


その0123はらっぱが5/5、
こどもの日
に年に1回行うのが
0123はらっぱまつり


なのです。

DSC_0010.jpg




かぶとを被っての写真撮影や、ミニSL、移動動物園、ボールプール・・・

などなど、たのしいものがいっぱいです♪


僕たちは各担当ごと、見守りや、写真撮影など行いましたーーー



とてもたくさんの子どもたち、親御さんが来てくれて、とても賑わっていました!


っったっっくさんのこどもたちと触れ合いました、かわいかった・・・(余韻)




そして2年生の今西君は、SLの車掌さんをやってましたが

なんといっても出発進行の声の大きさがすごかったです・・・

すげー響いてた・・・




そして動物園での3男2人。

DSC_0014.jpg

1399565991821.jpg


モルモット(ゆーし)と七面鳥(たまだ)。

ほかにも、ヤギ、ウサギ、ひよこ、ハツカネズミなどなどいろんな動物がいました!!!

ひよこ超かわいいですほんと。
七面鳥だっこしたの初めてでしたさすがに。



動物たちを触らせたり、抱っこさせたり
ほかの場所でもそれぞれでこどもたちと触れ合ってました。

(雑でごめんなさい…)



終わった後は片付け、元通りにする復旧作業。





ボールプールではしゃぎすぎて(※大学生10人)
スタッフの方に
「大学生でもボールプールって楽しいものなのねぇ」

と言われてしまいました(笑)\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/




感想を今西君に聞きました。




「いやほんっとこどもかわいいっす!
SL楽しかったですよ!
はらっぱ行ってよかったです!!」


すごいテンションの高さでこう言われました(^J^)

意外とふつう


せっかくなので、はやたの感想も。


「とてもたのしかったです!
SLや動物園と普段じゃなかなか触れることのできないものがあって
子どもたちがはしゃいでいるのが印象的でした!!
自分の地元ではあまりそーいうのがないので、
とてもうらやましく素敵だと思いました
ぜひ来年も参加したいです!!」




参加したいと思った方ごめんなさい、
来年の参加枠の1枠をはやたが取るようです。



Uni.ではあまりない幼稚園以下の子どもと触れ合える貴重なボランティアです!!


次の機会は来年ですが、
ぜひ来年行ってみてください!!!!



長々と読んでいただきありがとうございました!!!



| 渉外 | 12:31 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

あにまるたんけんたい(=^・^=)

こんにちは!みなさんGW満喫していますか??教育チーム2年益尾啓士です!

今回は4月27日に行われました『あにまるたんけんたい』の紹介です!
当日は子供、大学生合わせて63人が参加!動物園日和の良い天気でした!
初の遠足企画とあっていろいろ大変なこともありましたが、何事もなく終えることができました!
今回の目標は動物の知識を学ぶことと、公共の場のマナーを学ぶことです。

さて、当日の様子について
まず、中央線、多摩モノレールを使って動物園に行きます
IMGP0048x.jpg
電車にゆられ、のりかえ約1時間~
マナーをしっかり守ってついに...

ついたーーーーー!!!!!
IMGP0059x.jpg
子供も大学生もワクワク顔!

園内では動物たちを見て動物クイズを解いたり、
お父さんお母さんの作ってくれたお弁当を食べたりしながら過ごしました
IMGP0081x.jpgIMGP0077x.jpg

そして最後はみんなお楽しみのライオンバスです!
目の前に来るライオンを見て子供は大興奮!
IMGP0113x.jpg

帰りもしっかりマナーを守って帰りました!
IMGP0118x.jpg

これで『あにまるたんけんたい』の報告は終わりです。
次回の教育ボランティアは6月15日の宝探し企画です!
また、日々のぶじかえるボランティアの募集もしています!
最後まで読んでいただきありがとうございました!

| 教育 | 15:21 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

4月26日(土)花時計で遊ぼう!

 こんにちは、GWですが大学で誰かしらに会いたいという逆五月病を発症している地域チーム三年の糸嶺柾人です。

 さて、武蔵野市内には、『武蔵野市では、介護保険制度のスタートに伴い、地域での見守りや社会とのつながりが必要な高齢者等の生活を総合的に支援する「テンミリオンハウス事業」を実施しています(引用:武蔵野市HP)』とあるように、市内七か所にテンミリオンハウスという施設があります。
 ということだけでも頭に入れてもらっておいて、4/26(土)に武蔵境駅最寄りとなる、境南地区にあるテンミリオンハウス花時計さんのお祭り「花時計で遊ぼう!」に参加してきました。

 さぁということでお前らぁ! 耳の穴かっぽじってよぉく聞けよぉ! 自分を含めた今回の参加人数ぅ!





 一人





 (´;ω;`)





『頑張れ頑張れそこで諦めるなって!』(某テニスプレイヤー風


 とまぁ、へこたれるわけにもいかないので、ともあれ現地へ。

 てなわけで武蔵境駅から徒歩七分程度で到着。
IMG_6422.jpg

 まずは綿あめのざらめを機械に入れる手伝いでも。
IMG_6423.jpg

 こんな感じに。
 行ってから知ったのですが、ここの綿あめは自分で作ってお代もいらないという、他では見ないシステムでやっていました。あぁ、自分の小さいときにこういうのがあれば、無理して400円とか500円とかの高いのねだらなかったのになぁ……。

 うまくできるかなー?
IMG_6425.jpg

 昼食はこんな感じにかやくご飯と汁物を頂きました。
IMG_6426.jpg
 ボランティアとして行ったので自分はただでしたが、お客として食べたとしても200円。わぉ安い。
ちなみに自家製のシフォンケーキとあんみつはいつ行っても100円で食べられます。特にシフォンケーキ、お店のものよりおいしいような……。

 何、食い物ばっかだって? そうですねすみません。今回自分がこのお祭りに参加したのは、他でもない紙芝居をやるため。花時計さんに来る前に武蔵境駅南口すぐにある武蔵野プレイスの図書館で適当に紙芝居四つほど借りてきて、ざっと目を通したから準備万端、問題……ありそうに見えると? サーセン。
 あぁ、でも、終わってから学校の先生やっていた人に褒めてもらえたからまぁいいってことで!
IMG_6424.jpg
 そういえばゆにっきに集合写真以外で自分の顔載るのって初めてでしたっけ?

 しかし子供は元気ですね、少しお相手しただけでも跳ねる、投げる、自分に乗っかる……。体力の衰えを感じるのはこの時でしょうか……って、え、お前にはまだ早い?

 というわけで、今回は主に子供の相手をしながら紙芝居をやっているだけに落ち着いてしまった感がありますが、これまでやったどのボランティアよりも家庭的で、寧ろくつろぎながらやれたので、こちらとしても楽しみながら楽しませていただいてしまった感があります。何、お前遊んでいたか綿あめつまむだけだったろ? うん、それは否定できない(← ともあれ、機会があったらまた訪れたいです。
IMG_6428.jpg


 そして、自分の紙芝居、来る5/11(日)にけやきコミセンで開催される「けやきまつり」でもまたやるから興味ある人はチェックや!(宣伝

| 地域 | 22:07 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |