ゆにっき

2017年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

プロジェクトインタビュー~東北プロジェクト編~

こんばんは!広報局です。遅い時間の更新申し訳ありません(´-ω-`)
いよいよプロジェクトインタビューも後半戦!今回は東北プロジェクトに関してのインタビューですよ~!!
それではいってみましょう!!!

広報:まずは自己紹介をお願いします。

小口:東北プロジェクトの小口舞子(教育チーム、3年)です。

小堀:同じく東北プロジェクトの小堀ななみ(国際チーム、2年)です

広報:じゃあインタビューはじめます!(笑)

-活動内容について教えて

小口:はーい!東北プロジェクトは復興支援活動と防災活動を行っています。復興支援活動の方は宮城県石巻市と福島県いわき市の方へ行って仮設住宅の人との交流会とか施設でのイベントのお手伝いをしています。こっちの方では欅祭とかけやきコミセンの方で東北のものを売る物産展も東北復興支援活動と思って活動しています。あとは今年ななみも参加したみちのくフェス!
IMG_2497.jpg


小堀:あーフジテレビの!

小口:そう、うちらが石巻のものを売って収益をあげることで復興につながるということで行ってます!
防災活動の方は武蔵野市の方で、例えば災害救護体験とか、あと子どもたちに防災のクイズラリーをやって防災について教えることとか。今年は警視庁の方の防災講演会にも行きました。あとは池袋の方の防災館に行って消火器体験や地震体験をやったりとかしたりするのが、主な防災活動かな!

広報:結構いっぱいやってるんだね!

小口:意外にやってるんだよね

広報:ななみがしゃべることないな(笑)

小口:違うところでしゃべってもらうから!!(笑) プラスであれば!!

小堀:プラスで!?(笑)

広報:ここからプラスはきついよ!!(笑) でもほんとにいっぱいあるんだね

小口活動の幅を広げております!!

広報:そういえば交通事故の多そうな防災マップを作るとかもやってなかったけ?

小口
:あーそれはハザードマップってやつだと思う。この武蔵野市らへんの消火器の場所を確認したり、自分たちで避難所へ行く近道を考えたりとか。それは引退ボラでやったやつです。

広報:結構、幅広いけど忙しいの?

小口:毎週とかはないけどあるときにめっちゃあるかな。まあ現地に行くのは自分たちでやる感じで、他のは他団体の方に教えてもらったりする感じかな。代表的なボラは東北の現地、石巻の方です。全部東北プロジェクトの方で準備しているから。



-東北プロジェクトの雰囲気はどんな感じ?

小堀:一人一人の個性が強くてキャラが濃い(笑) でも現地に行ったときはみんないつもと違ってメリハリがあるなって思います。

広報:人数的には規模が大きい方なんだっけ?

小口30人くらい。三分の二くらいは二年生。

広報:二年生はどんな感じなの?上の代を受け継いでいる感じ?

小堀:受け継いでいるタイプの感じの子もいるし。あと東北に重きを置く人もいるし。

小口:そうそう。活動も真剣にやってくれるし、MTでも意見を出してくれる。頼んだこととかも全部やってくれるとか・・・。ボラに対してすごく一生懸命で上から見ると二年生はしっかりしているかな。あと三年生も頼れる!同期が!(笑)

広報:とってつけたみたいな言い方(笑)
じゃあオンオフつけられる感じかな?

小口:うん。なんか3月の現地に行ってからみんなの意識変わったかなって思う。

広報:それはなんで?

小堀:初めて現地に行ってテレビとか画面越しに見てたものよりも衝撃も違くて。行くまでもっとふわふわした気持ちだったんですけど、現地に行って目的がはっきりしたって感じが・・・。がんばろうって思いました!

小口:いえーーい!!!(笑)



-じゃあ実際に行ってみて現状はどんな感じだった?

小口:瓦礫はもちろんないし、片付けられている。でもみんなが思っているより復興は進んでない、今私が思っていることです。行ったことのない人はみんな、6年経ったし復興してるだろうって思うんだろうけど、実際仮設住宅はたくさん建っていて自分の家が建てられない状況だし。今は高さをあげるっていう盛り土の最中でそれが終わらないと何も建てられないから家も建てられない。復興はまだまだ進んでないっていう印象がある。でも東北に行ってて思うのは、震災があったけどみんなで協力して頑張って生きていこうみたいなのが感じられて、すごい元気をもらえるかなって。来てくれてありがとうって言ってくれるようなすごい優しい人も多くてこちらが元気をもらいます。

小堀:舞子さんも言ってたんですけど、行く前は6年経ったので報道も少なくなって、自分の中で薄れてるものがやっぱりあって。でも行ったら心苦しくなるような・・・当時そこの人たちが避難していた場所を訪問したりして、想像以上に復興していないなって思ったんですけど、東北の人たちは明るく感じてむしろ元気をもらえたなって感じました。

広報:復興してるけどしてない面もあるみたいな、半々くらい?

小口:そうだね。もちろん復興してるなって思うところもあるし。仮説商店街というところがだんだんなくなって、また店舗を再開できるっていうお店も最近になって増えてきたかな。家はそうはいかないけど。

広報:東北に行くメンバーはプロジェクト以外も来ているの?

小口:今まではたくさん募集してたんだけど、東北の2年生がたくさん来てくれるから、枠が東北だけで埋まっちゃって。でも9月は規模を増やしたいなって思ってる。でも東北プロジェクトに入ってれば優先的に行ける!空きがあったら一般って感じだから。

広報:東北に何回も行く意味ってなんだろう?あ、意味ないってことじゃなくて(笑)

小口:(馬鹿にしてるわけじゃなくて)普通に聞いてるのね(笑) 何回も行く意味はあるし、まああるから何回も行ってるんだけど(笑) 私が行き始めた一年生の夏からちょっとずつ変わってきてて。そういうところも見れることと、やっぱり震災直後ってたくさんのボランティアの人が来てたけどもう6年経ったから行く人もいなくなってきたんだよね・・・。でも先輩たちがずっとやってきて私たちも行くことで、ボランティアの人が来てくれたっていうだけで、東北の人たちが嬉しく思ってくれるというのを聞いて頑張って行ってる。ここが結構、問題点でギブアンドテイクできてるの分かんないけど、自分たちに出来ることはやりたいなって。来て欲しいって言われたらそれに応えるようにしてますね。昔は「モノの復興」、今は「心の復興」だから。心の復興をサポートしたいと思って何回も行ってるかな。今まで成蹊大学学生ボランティア本部が来てくれてたのにあるとき行かなくなったら「ああ、もういいやって思ったのかな」って私だったら思っちゃうかもしれないから。自己満かもしれないけど。それで活動しています。


-東北プロジェクトは「最終的になくなるように・・・」という願いがあったようですがそれについてどう思う?
【東北プロジェクトは最初立ち上げた人が、いつかは復興しないといけない。そしてこの先復興したときしっかり終了という形になるようにしたかった。そのためチームではなくプロジェクトとしてできたという経緯もあるようです。】

小口:そうですね・・・私は終わりにするにはまだ早いと思っていて。6年も経ったって言えばそうなんだけど、まだ6年しか経っていなくて。完全に元の状態になるのはまだ先の話だから。まだ復興が終わってないのにこういう活動を終わりにしちゃうっていうのは、私はまだ出来ないかなって思う。・・・でも終わりどきは分からないけどね。まだ早いかなって考えてる。

広報:いつかは終わって欲しいっていうのはある?

小口:出来る活動も減ってきてて。終わらせてほしい・・・終わらせざるをえないっていうときが区切りだと思う!だけど今はこっちでみちのくフェスに参加したりとか、そういうのがある限りは終わらせちゃいけないというか・・・。なんか防災活動っていくらでも防災プロジェクトみたいな感じでできるけど、東北プロジェクトっていう名前でやってるからさ。東北プロジェクトで防災をやってる目的は現地で学んだことをこっちで次の震災に備えることだから。災害プロジェクトにでもしますか?(笑) 

広報:でも現地で知ったことをこっちで災害が起こったときに活かそうっていうのはいい流れなんじゃないかな!

小口:かなー

小堀:なんか東北っていう名前でやってるけど、今熊本とか、あとこれからまた大きな地震が来るって言われてるし。東北プロジェクトっていう名前を意識してたら、いつかはなくなるのがゴールなのかもしれないけど。でもこれからに向けてやれることはあるから、なくしたくはないって思います。

小口:やれることがある限りなくしたくはない!!

広報:かっこいいですね(笑)

小口:あざーす(笑)



-最後にこれから一年生が入るけどどんな人に向いている、入って欲しいとかあれば教えてください

小口ボラに対して一生懸命な子がいいかな!東北プロジェクトはUniのなかでも様々な活動を多岐にわたって出来ると思ってます。教育チームと福祉チームのようなことも欅祭で出来たりするし、東北現地でも高齢者の方と関わるってことで福祉チームのようなボラも。だからどんなチームの子も大歓迎だし、やっぱりどんな活動にもオンオフ切り替えて一生懸命できる子募集しています。

小堀:東北プロジェクトに入ってみて、普段関われない色んな年代の人たちと関われて自分にとってもプラスになることが絶対あるなって感じてます。いろんな輪が広がると思うのでとってもおすすめです!

小口:それはすごい感じる。自分が能動的に動けば動くほど色んな経験ができるプロジェクトだと思います。

広報:東北のプロジェクトはみんな現地に行ったことがあるの?

小口:二年生が結構わりと行ってる!お金がかかるからみんなじゃないと思うけど。費用は現地に行くのに1万円前後くらいかな。あとは交通費以外は基本かからないかな。
でも楽しいので!!これはほんとに。行きと帰り、ボランティアもほんとに楽しいので!ここはアピールしたい!!

小堀:ほんと楽しい!!

小口:朝とかめっちゃ早い集合でほんとに眠いけど、現地着くまでずーーとしゃべってて(笑) で、帰りもずーとしゃべってて(笑) ほんとに楽しい。それに現地行くからみんな仲良くなるんだよね。仲いいです!どのプロジェクトよりも仲がいいです!(笑)

広報:いやそれは軋轢をうむ可能性があるから(笑)

小口:大丈夫です!!東北が1番!!!(笑)
一年生待ってまーす!!!
IMG_4611.jpg


<編集後記>
皆さん、東北プロジェクトの雰囲気と活動内容はつかめたでしょうか。インタビューをしていて東北プロジェクトの彼女たちが東北の現地に行くという活動そのものと現地の被災者の方とのつながりをとても大切にしていることがよく分かりました。
自分も現地に一度だけ行って仮設住宅にまだお住まいの方とお話したことがあります。一見普通なように見えましたがやはり震災という大きな脅威が被災者の方々の心に大きな傷を作っていることは話しているだけでも分かりました。
自分たちのような学生には大きな力はありませんが若い世代の自分たちだからこそ直接顔を合わせるだけで被災者の方のこころの傷を少しでも癒すことができるとも思いました。
1年生の皆さんもこの機会にぜひ東北へ足を運んでみませんか?

(インタビュー、記事→広報局3年:上原、清水)
スポンサーサイト

| インタビュー | 01:14 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |