ゆにっき

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

第五回東北ボランティア~2日目~

こんにちは、地域チーム1年の磯江諒介です!

昨年の12月15日から17日にかけて行われた第五回東北ボランティア、1日目については去年の大晦日に大ちゃんが書いてくれたので
今回は、2日目の活動報告となります。

更新するのがとんでもなく遅くなってしまい申し訳ないです。


さて、2日目はというと
まず追浜川河川団地にお邪魔して、「被災地に寄り添う上田市民の会」の方たち主催の餅つき大会のお手伝いをさせていただきました。



このイベントは、石巻市住吉町女性部の方々のダンスによって始まり、その艶やかな踊りに集会所は大にぎわい。

会場がひとつになって笑顔であふれていました。

石巻市住吉町女性部の方々の踊りが終わると
私達は、仮説住宅の希望者のお宅にお邪魔して掃除をする「大掃除部隊」


お昼に皆で食べるお餅を、心を込めてつきまくる「餅つき部隊」


仮説住宅の方々に肩揉み、ハンドマッサージをする「マッサージ部隊」

の3つに分かれ、それぞれの作業を進めていきました。


特にマッサージは大盛況で、自分の子供や孫ほどの年代の美男美女にマッサージをされて、皆さん嬉々としていました。
また、マッサージには心をほぐす効果もあるようで、自然と会話が弾み、和やかな空気に包まれていました。



餅つき大会が終わると、近くにある大川小学校を見学にいきました。


大川小学校とは、東日本大震災の津波によって、多くの児童と職員が犠牲となった場所であります。
実際にその現場を目の当たりにすると、言葉が出ないほどの衝撃がそこにはありました。

大川小学校を見学したあとは、今回のボランティアの反省会をして、東京へと戻りました。

2日目の大まかな内容はこんな感じでしょうかね。
ここでは書ききれないほど多くの経験ができた2日間だったので、詳細が気になる方は参加者から直接お話を聞いてみてください。

東日本大震災から今日で2年
復旧から復興へとニーズが変わっていき、自分達になにができるのか常に模索している状況ですが、被災地の復興に少しでも力を添えられるような、そんな活動を続けていければと思います。

また、震災から学んだ、地域のコミュニティー作りの大切さ、積極的な防災の必要性などを東京の地でいかしていかなければならないでしょう。


あれから2年、震災を過去のものにしてしまわないように。
スポンサーサイト

| 東北 | 15:43 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

いそちゃん更新ありがとう!

プロジェクト東北!これから本格始動やね!!風化させないために!がんばろう!

| もつ | 2013/03/15 20:09 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT