ゆにっき

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

国際環境コラボラ

みなさん!
こーんにちわー!!!

環境チーム一年のみうらあやのです
国際チーム一年のさくもとなおです


今日はなんと!

国際環境コラボボランティア!通称コラボラについて書いていきます!

まずは佐久本から書いていきますね。

すこし長くなってしまうのですがとても思い入れのあるボランティアなのでお付き合い下さい。

発足から。

わたしが国際問題と環境問題が深く繋がってると外部のワークショップに行った時に感じ、同じ国際文化学科であり環境チームの三浦に声をかけました!
三浦は行動力があり、人を巻き込むパワーがあるのでずっと一緒にやりたいと思ってたんですヽ(`・ω・´)ノ

以前国際環境コラボラで外国人と鎌倉観光というのがありました。

それとは一転!!!

今回は学びということでワークショップを企画しようということになりました。
環境チーム初のワークショップであり、ワークショップをよく企画する国際にとっても新しい分野での視点でした。


一年生同士の企画ということもあり、心配ごともたくさんありました。
それでも企画メンバーは両チーム合わせて18人という大所帯でのスタートでした!

試験直前ということもあり、放課後のミーティングはわずか一回!
お昼休みを利用したミーティングを重ねました。

知識もなかったので、いつも学生ボランティア本部がお世話になっているボランティアコーディネーターの日比野さんのアドバイスのもとフードマイレージをやろうという話をもちあげました!


フードマイレージはなにか!?

私たちが日々食べている食品の多くが海外からの輸入品ということは多くの人が知っていることでしょう。
輸入は船や飛行機を使って行われていますね。
そうすると地産地消すれば発生しなかったものが出てきてしまいます。

みなさん自分のなかで答えを出しましたか?

二酸化炭素です。

地球温暖化の原因ですよね。

これを読んでくれている人の中にはエコバッグマイはしなど身近なもので環境問題に対して取り組んでいる人もいるかと思います。

しかし地球温暖化!とひとことでいわれても大きな問題過ぎて日常生活で常に意識するのは難しいように思います。

今回は“”を通して
より身近に環境問題を感じてもらうのが目的でした。


そのために使ったのが
私たちの学校がある武蔵野市で生産されている粉。地粉でうどんを作ろうというイベントを開催しました。
残念ながらこねるところからは出来ませんでしたが、とても楽しく、美味しくできました。


みんなで作ったうどんを食べ、午後はワークショップ×勉強会を行いました。

先ほども書きましたが知識がないところのスタート。勉強会班のひとが調べてくれたことを聞いて企画のわたしたちも学ぶことができました。

反省点はとても多かったですが、
得られることが本当に大きかったです。

今後も国際環境コラボラを続けていこうと思うので見守っていてくださいヽ(`・ω・´)ノ




お次は環境チーム一年の三浦綾乃です。( ´ ▽ ` )

もつが、いろいろ詳しくかいてくれたので、わたしは主に当日のことをかきたいとおもいます!( ´ ▽ ` )



2月10日、午前中から南町コミセンでうどんづくり!武蔵野市で作られている地粉うどんです。時間の都合上粉をねるところからできなかったのですが、どの班もおいしくできました!\(^o^)/




うどんを食べ終わったらアイスブレイク!うどんづくりでもうすでにみなさん仲良くなっていたので和気あいあいとした雰囲気!´ ▽ ` )



休憩を挟んで、午後の部スタート!班に分かれてかるくアイスブレイク!そして、ワークショップと勉強会をしました!





日本の食料自給率の低さはみなさんご存知ですよね?日本は多くの食料を海外からの輸入に頼っています。フードマイレージとは、その輸入時に利用する飛行機や船、トラックなどから発生するCO2が環境破壊につながっていて、なるべく国産で産地からの輸送距離の短い食品を食べることで、CO2を削減できるという考え方です。

今回のワークショップや勉強会で、"食"が、日本の食料自給率の問題や、わたしたちの身の回り
の環境問題に関わっているということを、参加者のみなさんに伝えられたのではないかと思います。( ´ ▽ ` )
ワークショップでの意見交換も、勉強会も大変充実した時間でした!



はじめての企画ということもあって、反省点もすごく多いのですが、その反省を次の企画ボランティアに活かして行きたいと思います!


参加者のみなさん、ありがとうございました( ´ ▽ ` )

そして企画者のみなさん、お疲れ様でした( ´ ▽ ` )

もつ、ありがとう!

最後になりましたが、武蔵野プレイスのボランティアコーディネーターの日比野さんには大変お世話になりました!本当にありがとうございました。


おわり☆
スポンサーサイト

| コラボラ企画 | 23:35 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

うどん食べたかったです~(笑)

いわゆる、典型的な「日本の食卓」でも、それぞれのメニューの原材料がどこから来たのか?と考えてみると、海外からの輸入に頼っているものがほとんど。
「日本食」を成り立たせる上で、海外に依存せざるを得ない状況があるわけです。

その輸入元となる国もまた、異常気象・気候変動などの要因で作物が不作になり、供給量が減るなどということもあるわけで、ここにも地球環境問題が関係してきます。

食糧自給は、地球環境問題との関係はもちろん、例えば地域経済の活性化、更には大規模災害時の備えという観点からも重要です。

今回は環境-国際という観点で取り扱いましたが、地球規模の問題を考えていくと、実は地域・経済・果ては人権・平和といった問題にも関係していきます。
何より、私たち自身の生活にも…

みんなが活動を1つ1つ積み上げていく中で、自分自身や友達・仲間、そして社会の有り様との関係を問い続けながら深めていくと、より一層充実することになると思います!

ぜひ、ここから次へとつなげていってね!
また、一緒に考えていきましょう☆

| ひびの@プレイス | 2013/03/16 01:07 | URL |

ありがとうございます!

いろいろなアドバイスありがとうございました!!
次回はひびのさんが来れるような日程にしますね!

| もつ | 2013/03/22 21:32 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。