ゆにっき

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

3/16(土) 炊き出しプロジェクトin埼玉for福島

こんばんは!
ご無沙汰しています、地域チーム2年相崎です~
気がつけばもう3月も後半に・・・
今週の火曜日には卒業式も終え、ついに長かった春休みももうすぐ終わってしまいます(;_;)
卒業式とUni.のGraduation Party(追いコン)についてはこのあとまたブログ上で報告しますね(^ω^)

さてさて、今日は残り少ない春休みの中、行って参りました!
炊き出しプロジェクトin埼玉for福島
~Hot meals for People from Fukushima~


この活動にはUni.としては過去2回ほど参加させて頂いている活動で、今回で3回目になります。

はて、この「炊き出しプロジェクトin埼玉for福島~Hot meals for People from Fukushima~」とは、何なのか?
この活動のFacebookにその活動の概要は載っています。

震災後もうすぐ2年になる今、唯一の避難所となっている埼玉県加須市の旧騎西高等学校に避難されている福島県双葉町の住民の方達に、温かい食事を提供し少しでも笑顔になってもらい、あなたたちのことを忘れず、見守り応援している人たちがたくさんいるということを伝えるプロジェクトです。
                  <以上Facebookより>

ということです。

埼玉県加須市という、関東の比較的近い場所でできる東北支援ということで、レンタカーを借りてみんなで参加させて頂きました!

行ったメンバーはこの7人☆

運転ありがとう!東北プロジェクトリーダー★新井雄大(2年)
前回に引き続き2回目の参加!永遠の中学生★野田里佳(2年)
福島現地での炊き出しにも行ってます!変顔★川合美斗(2年)
東北ボラ初参加で「ねぎすけ」のあだ名げっと!★坪井大輔(1年)
マイペースだけどやることはしっかりやります★佐藤奈津実(1年)
Uni.童顔ランキング3位!賛否両論あります(笑)★太宰嘉希(1年)
そしてわたくし相崎美帆(2年)でした!


朝9:00くらいに加須市の旧騎西高校へ到着し、それからは炊き出しのお手伝い(^ω^)
この日の献立は、
・わかめと里芋とねぎのお味噌汁
・焼き秋刀魚
・白和え
・きんぴらごぼう
・塩麹のお漬物
・おにぎり
・手作りマーマレードのおやつ

でした!\(^^)/

ねぎを切ったり、ねぎを切ったり、ねぎを切ったり・・・
をしてたのは1男の太宰坪井
約1時間ほど(←盛ってる?笑)腰を曲げてねぎを切っててくれました!おつかれさま!(笑)
おかげで、坪井には「ねぎすけ」というあだ名が贈呈されました
よかったね!☆

他には、わかめを切ったり、おにぎりを握ったり、調理用具を洗ったり・・・
炊き出しのお手伝いということで、やはり調理のお手伝い!
調理中には、同じように参加されている方とお話をすることができて、とても楽しく和気あいあいとした雰囲気でした(^^)

お料理が出来上がってからは、出来た料理を双葉町の方々に配ったり、作った料理を頂きました~(^_^)

出来た料理を手渡すと、双葉町のみなさんは嬉しそうな笑顔で「ありがとう。」と受け取ってくださって、わたしたちまで笑顔になりました。
私たちも温かい食事をみなさんに手渡すことができて、嬉しかったです(*^^*)

この日はカラオケの機械も来ていて、食事のあとは皆さんでカラオケを楽しんでらっしゃいました!
また、同じお部屋の端っこにはいらなくなったCDを活用して作られる飾り物?を作るコーナーやマッサージができるコーナーがあったり、余暇を楽しむためのスペースも!

この日の活動は食後、みなさんのカラオケを聴いたり、お話をして終了となりました。
今回も主催団体の方々にはお世話になりました。
本当にありがとうございました!(^O^)

********

震災から2年が経った今も、故郷から遠く離れた埼玉県の高校に避難している方々がいます。
まだまだ震災は終わっていないことを痛感する事実です。
私たちは震災を忘れることなく、風化させることなく、自分に何ができるのか、考え続けていきたいと思いました。
現地でできること、東京にいてできること、様々ありますが、まずは今でもできる、「考え続ける」ことを忘れずにいたいと思います。

ぜひ、みなさんも東北を想ってください。考えてみてください。
まだまだ一緒に頑張りましょう!

今回の炊き出しプロジェクトは諸事情により一旦中断されるようですが、ぜひまた再開された際には参加させて頂きたいな、と思います!

そして、私たちUni.も今後も東北の活動を続けます(^^)
さてさて、次はどんな活動が待っているのでしょうか。



つたない文章でしたが、ここまで読んでいただきありがとうございました!
相崎でした!
スポンサーサイト

| 東北 | 23:43 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

双葉町のみなさんやボランティアの方々が暖かくてわたしは大好きな活動です。

しばらく活動が未定ということですが、これからも寄り添っていきたいですよね。

| もつ | 2013/03/24 00:00 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT