ゆにっき

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ハンガーバンケットーーー!

こんにちは!
国際チーム 2年 佐藤琴未です!

みんなが6月中旬の活動の記事を書いている中、わたしは5/29(水)に行われたハンガーバンケットの報告をしたいとおもいます。そんなことあったねえレベルだと思いますが、よ、読んでくれたらうううれしいです。(^◇^)


ではまず、みなさん!
ハンガーバンケットってなんだかご存知ですか?
ハンガーバンケットとは、簡単にいえば貧困格差を食事を通して知ろう、というNGO団体Oxfamが始めたワークショップです。
今回はそのOxfamによるプログラムにならって、1~3年生約50名に体験してもらいました。




企画のメンバーは、もつ、美咲、しずかさん、おでさん、あずさ、ヒデ、わたし佐藤でした。


当日はみんなスーツでビシッと!
これが怖かったという感想も…(笑)


でもなぜかおでさんだけ高校生でした。まだまだわかいんですねーーーーーーーー(^.^)(^.^)(^.^)(^.^)(^.^)(^.^)


今回はそんな感じで、かなりピリッとした雰囲気で進めさせて貰いました。簡単な説明のあと、カードを配り所得層ごとに席についてもらいます。そこでは私語禁止。薄暗い部屋で、参加者のみなさんには今世界で起きてる格差、不公正についてお話しました。

image_20130618161848.jpg



世界は所得層で大きく3つに分けられます。まずは高所得層。食事は満足にでき、むしろ余ってしまうほどで、世界の15%を占める人々です。医療や教育へのアクセスも十分にあり、多くは安全が保障されています。
今回高所得者を表すために、フライ、からあげ、煮物、コロッケ…と、豪華なオードブルを用意しました。コーラ、お茶、紅茶…とジュースも飲み放題。もちろん机と椅子があり、簡単ですが画用紙でランチョンマットもつくり、お箸、お手拭き、プラスチックのコップも与えられています。




つぎに世界の35%を占める中所得層。高所得に比べ、遥かに食事の量や質は下がります。今回はひとりひとさら、少なめの焼きそばと水を一杯用意しました。机はなく、椅子のみになります。生きるのに精一杯な量しか与えられません。


最後は低所得層です。
低所得の人々は、一日に一食程度しか得られず、栄養はもちろん不十分です。それに加え多くの危険にさらされ、住む場所も満足に得られないのが現状です。
日本に暮らしている私たちには想像し難い状況ですが、このような生活を送る人々がなんと世界の50%もいるのです。


今回、低所得になった人には粉々に砕いたビスケットをぐしゃぐしゃのお皿に盛り、また水も潰れた紙コップに少量用意しました。これを参加者の半分で、分け合いながら食べることになります。また、よりリアルにするために、男性が先に食べ、女性はその残りを食べるというルールもあります。

image_20130618161854.jpg

まんなかでレジャーシートに座っているのが低所得
手前の椅子だけのひとが中所得
奥の椅子と机があるのが高所得
です。

つぎつぎに飲み物をつがれ、食事もサーブされずっと食べ続けている高所得者に対し、低所得者は分け合いながら少しずつクッキーをつまみます。この時間が15分間続きました。見てるこっちも辛くなりました……長かった……\(^o^)/




そうして実際に貧困格差を体験していただいたあと、少し考える時間を設けました。
誘導しまくりのへたくそな司会ですみません(笑)
でもみんな、自分の中で今回のことを感じて、そして考えてくれているのが伝わってきました。




その時もすこし言わせてもらったのですが、「貧困」と聞くとやはりアフリカやアジアの発展途上国をイメージしがちだと思います。それはもちろん間違ってないし、わたしもそうなのですが、それでもやはり日本の中にも貧困があることを忘れずにいたいと思います。駅でみかけるホームレスの人たちや職を得られない人たち。
身近にそういう人たちがいて、同じ日本人なのに、少し見下した目で見てる自分が少なからずいると思います。でも今回、ふとした出来事で、簡単に低所得に落ちてしまうことがあるということを学びました。


まずはそういった人たちを知らんぷりせずに、同じ対等な関係で見ること、他人事だと思わないこと。例えばスープの会の活動に参加してみるとか、BIG ISSUEを買ってみるとか、方法はなんでもいいとおもいますが、自分にできる小さい支援をしていきたいなと思います。


あとあとやっぱりなによりごはんをのこさない!!!!!
いま食べられていることに感謝する!!!!!
簡単だけど、なにより大切だと思いました。




今回はたくさんの方が参加してくれてめちゃくちゃ嬉しかったです!反省点もたくさんありますので、またそこを直してやりたいです!なので次回期待していてね(^_^)☆

くそまじめに長々と失礼しました!ありがとうございました!
国際チームの他の活動にもぜひ参加してください♪
スポンサーサイト

| 国際 | 09:07 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

こっちゃんありごとう!
当日の様子がひしひしと伝わってきました!
やってるこっちも辛いなんてなかなかないよね!みんなで企画できてよかった!
ありがとう!

| もつ | 2013/06/19 09:12 | URL |

スーツ姿、きまってますねぇ(^v^)
ファシリテーション、おつかれさまでした!
みんなでこの体験を共有したことで、互いに気づきあったこと、気持ちを新たにすることがたくさんあったんじゃないかと思います。

日本の中の貧困…
特に国際協力に関わる人は、必ず持つべき視点であると思います。
スープの会、BIG ISSUE、そして3Keysの取り組みからも、日本社会に根付く貧困が垣間みえると思います。
それらは、私たち自身の生活や、これから描いていく未来とも、決して切り離せるものではないと思います。

自分たちの暮らしに引きつけて、そして私たちがこれからどう向き合っていくか、どこまでを自らの課題として引き受けるのか。
こうしたワークショップや実際の活動を、大切な友達・仲間と共にしながら、語り合っていくことって、本当にかけがえのないことだと思います。

私も、ぜひみんなともっと語り合いたいです!

| ひびの@プレイス | 2013/06/19 11:19 | URL |

正直国際チームのやっていることはまず事前勉強、つまりある程度知識が必要で俺みたいな自分のことだけで精一杯な人間にできることなんてないと思ってた。

だけど、それは違うのかもしれない。まずは、イメージすることから始めてみようと思った。できることは必ずあるんだろう。記事を読むだけでも少し考えは変わった。

更新ありがとう。

| みや | 2013/06/23 17:18 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT