ゆにっき

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Uni.ランキング受賞者インタビューvol.1

こんにちは。広報局・もうすぐ三年生地域チーム宮坂陽介と、同じく広報局地域チームもうすぐ二年生佐藤結香です!
今回は企画局が行った「Uni.ランキング」のみごと一位に選ばれた方々を対象にインタビューを行いました!
五回連続更新の第一回目は…。

「仲良くなってよかった人」ランキング、中沢一貴(ムッチィ)さんと同率1位を受賞した、野本愛さんです。

1年学年会終了後、けっこうなざわめきの中でインタビュースタート~。
(インタビュアー:宮坂、佐藤、結果的に+αの方々)

初めてのインタビューにテンション上がる野本さん。

野本「何言えばいんだろうね!」

とりあえず、写真撮影しますか。

撮影した写真がこちら。
unnamed_20140328010724f7d.jpg



はい。写真いただきました。ちなみに野本さんが指さしているのは今年度の新歓合宿の日程です。はいメモー。

佐藤「まず、受賞の感想を(メロンパン食べながら)」

野本「とりあえず、1位にしてくれてありがとうございました。こんなんでいいのかしら。びっくりしてる~。Uni.のみんなに感謝です。ほんとにありがと~(手を振る)手振っても意味ないか(笑)」

※野本さんは終始iPhoneとの交流を図っていました。

野本「でもほんと、Uni.に入って友達は増えたから~」

佐藤「その人たちが思ってる、ってことだよね」

野本「ね~、や、でも、思うのは、わたしがいいんじゃなくて、Uni.のみんながいいから、わたしがいい影響をもらってるっていうのはすごい思います」

佐藤「いいこと言った」

宮坂「いいこと言ったね」

(と、ここで小川麻衣が加わる)

(佐藤のメロンパンを催促し、食べる)

野本「なんか、くだらないことでも、真剣なことでも、人と喋ってって、その差異みたいなのを感じるのが好きだから、とりあえず人としゃべりたい欲みたいなのがあるんですよ。だからね、あれじゃない?わたしとしゃべってるから、そう思っちゃったんじゃねい?」

宮坂「そういうところが評価されてるんだよ。…ちょっと待ってこれ録音されてんのかな。(ちゃんとされてました)」

野本「ね、だから、周りのみんなが素敵だから野本がいい人になれたんですよ~」

小川「なんてこと言うの(ガチトーン)」

佐藤「なんてこと!?」

野本「えー、なんでなんで!?それはマジでそう思ってる。周りの人が素敵だから、なんか自分がよくなってる気がします」

小川「でも、あたしも愛って入れた」←なんなんだ

佐藤「じゃあその理由を」

小川「え、やだやだ(取材を拒否る小川)わたし感性で生きてるからそういう言葉とかに表せない」

宮坂「なるほどね(?)」

野本「結論はUni.のみんなが素晴らしいってことです」

佐藤「じゃー、今後の抱負。殿堂入り狙う?」

野本「とりあえず後輩が入ってくるので、後輩ともいろんな話とかして、自分はこうだったよ、みたいな話もしたいし、後輩の話も聞きたいし、先輩とはこれからも仲良くやっていきたいですね。みんなだいすきー!」

(ここではやたくん参戦)

宮坂「…そもそも、Uni.に入ろうと思った理由は?」

佐藤「そこまで遡るんだ」

野本「やっぱ人の多さですかね。最初はぶっちゃけそんな大学入ってボランティアやりたいから、って入ったわけじゃなくて、いろんな人いるし、やっぱ人脈広がるのがいいなあと思ったから入ったんですけど。入ってみて、興味なかった分野とかも、ワークショップに参加して知ることが多かったから、そこからのめり込んで行った感じですね」

宮坂「好循環ってやつね」

野本「でもそういうのも、先輩とか人が教えてくれたから参加して良かったなって思えたし、だからもうほんと人!周りの人が素晴らしい!」

宮坂「今回のインタビューのテーマだね。“人”。(まとめた)じゃあね、今度1年生入ってくるけどね、その1年生に対してメッセージを」

野本「仲良くしよー、って感じだけど、でもやっぱ、Uni.ってところにいるだけで、5種類のチームのボランティアがあるし、ボランティアだけじゃなくて合宿とかもあるから、それを自分からやってかないとその世界を知らないままになっちゃうから。何事も自分からやってく能動的な姿勢をもってがんばってください!そういうのをこっちに引き寄せるための仕事はわたしたち先輩のやることだから、その仕事はこれから頑張ってやっていきまーす」

インタビュアーからは以上!ありがとうございました~。

と、ここで終わると思いきや途中参戦組から質問が。

小川「なんでそんなにみんなと仲良くなれるんですか?」

野本「それこそあれじゃない、能動的に自分からやってかないとこの人がどういう人なのかって分からないから。積極的にいくのが大事だって、Uni.に入って分かった」

小川「愛は、その人が自分をどう思ってるのかっていうより、その人を見てるから、いろんな人と喋れるんだなって思いました」

一同「感想かよ(笑)」

来年の殿堂入りなるか!?さあ、第二回は誰が登場するでしょうか、乞うご期待!
スポンサーサイト

| インタビュー | 12:37 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT