ゆにっき

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

新チームリーダーインタビュー~地域編~


はじめまして、広報局1年の おのはるかです。初ゆにっき、緊張してます。


国際チームから始まった新チームリーダーインタビュー第三弾は、お祭り大好き地域チームです!

今期のチームリーダーになった宇佐見裕也さん、副チームリーダーになった高橋冴衣子さんにインタビューしました。


PicsArt_1418385564440.jpg



――さっそくですが、お互いの印象を聞かせてください。

うさみ「さえこは最初から真面目だなと思ってたし、実際いまもそのイメージ通りだと思います。」

さえこ「ぴょんさん(宇佐見さんの愛称)は優しいです。しっかりしてるし、チーム愛がすごい。」


――ありがとうございます。では、お二人から見た地域チームってどんなチームですか?

うさみ「Uni.全体からみたら地域チームってお祭りのイメージが強いのかなと思うんだけど、自分としてはいろんなニーズの人の要望に応えられるチームだと思っています。最近思ったんだけど、受験でいうと地域チームは国立で、他のチームは私立みたいに例えられるんじゃないかな。地域チームは、今は受験に例えると何か一つの教科に偏って勉強しているかんじなんだよね。偏ってたらまとまりがなくなるけど、全部均等にうまくいけばもっといいチームになるはずなんですよ。」

さえこ「他のチームは方向が一つで地域チームはいろいろな方向があるから……なんだっけ、言いたいこと忘れちゃった。」

うさみ「いろいろな方向にね、ベクトルが向けられるんだよね。」

さえこ「いいフォロー!ありがとうございます。」


――さっそくいい関係を築けていますね! さえこさんが同期である一年生にしてほしいことってありますか?

さえこ「あんまり無理しないでほしいし、楽しんで参加してほしいです。あと、前にぴょんさんも言ってたことだけど、わたしが副チームリーダーだからと言って境界線を引かないでほしいなと思います。」


――宇佐見さんがさえこさんに期待することは何かありますか?

うさみ「自分たちは先に引退しちゃうから、さえこにはいつも“自分を持っててほしい”と言ってます。地域チームは意見があまり出ないことが多いから、さえこが積極的に案を出したり、意見がある人を引き出してあげる能力をつけてほしいなと思います。そういう意味で、自分を持ってほしいです。」


――できそう?

さえこ「うーん、がんばる。」

うさみ「さえこならできると思ってるよ」

さえこ「やったー!」


――では逆に、さえこさんから宇佐見さんにお願いしたいことはありますか?

さえこ「今までの、しおりさんの代の地域チームからいいところをどんどん吸収して、もっとみんながこのチームいいなって思えるような、ぴょんさんのチームを作ってほしいです。それをサポートできたらいいなと思います。ぴょんさんのチームが後になって、あの頃の地域チームってよかったよねって言ってもらえるようなチームになったらうれしいです。」

うさみ「はい、がんばります(笑)」


――宇佐見さんが三年生から引き継ぎたいところはありますか?

うさみ「三年生って面白いひとがたくさんいて、個性的なひとがたくさんいたからすごく活気があったんだけど、二年生って全体としての盛り上がりにかける部分がちょっとあると思うから、楽しさとか活気のあるチームの雰囲気は引き継ぎたいと思います。」


――最後に、今期の代表は地域チームの郷さん(2年・郷瑛三)に決まりましたが、どう思いましたか?

うさみ「郷は今までもすごく頼りになる存在だったから、代表になったら忙しくなっちゃうだろうし頼りにくくなるとは思うけど、一年生に頼りになるひとがたくさんいるから大丈夫だと思います。まぁでも、代表になったから郷の方が上みたいなイメージがあるけど、自分は全然負けてるつもりはないから(笑) 対等な立場で物事を考えたりしたいなと思ってます。壁を感じることなく接したいです。」


――代表と部員の間にも境界線はなし、ということですね。

うさみ「そうそう、自分も不満があったらガンガン言っていきたいし、郷はUni.全体を見ていろいろ考えられている人だと思うから、ぜひアドバイスをいただきたいなと思ってます。」

さえこ「郷さんには最初の頃からいろいろ相談に乗ってもらったりしてて、実はわたしが副チームリーダーに立候補したきっかけの一つが郷さんで…郷さんが代表になったから、自分も郷さんがつくるUni.に役員として関わっていきたいと思って立候補したんです。郷さんは相談しやすいひとだから地域チームについて意見を聞いてみたいし私からも意見があるときはどんどん言っていきたいです。」

うさみ「あと、郷にひとこと言い忘れたことがあるんだけど、ひとりでなんでも抱え込み過ぎないで!って言いたい。」

さえこ「それ、わたしがぴょんさんに言いたい言葉です!」

うさみ「えー、最近はいろいろ仕事振ってるじゃん(笑)」

さえこ「そうだけど、キャパオーバーになる前にちゃんと頼ってください!」

うさみ「はーい。なんで自分がアドバイスしたことアドバイスされてんだろう俺…かっこ悪いじゃん(笑)」

1417668740723.jpg


――ありがとうございました!

宇佐見さんもさえこさんもとにかく真面目でしっかり者です。
地域チームの未来もきっと明るいですね!次は環境チームです。乞うご期待!

(インタビュー:竹中裕輝、小野陽香)
スポンサーサイト

| インタビュー | 22:25 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT