ゆにっき

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

新チームリーダーインタビュー~教育編~

こんにちは!寒さと眠さで家を出る時間がだんだんとギリギリになってきてる広報局1年秋元直人です!

今回新チームリーダー、副チームリーダーインタビューの最後を締めくくるのは、教育チームです!!
チームリーダーになった2年の篠田彩乃さんと

IMG_0022.jpg


副チームリーダーになった1年の上原舜平さんのお二方にインタビューさせてもらいました!

IMG_3542.jpg





・まずお互いの印象を教えてください

篠田「舜平は一歩引いてる感があって大人だなって思った。だけど副チームリーダー選の時とかその時期になったら自分の意思をちゃんと持ってて、これから一緒に頑張っていこうって思った。」

上原「最初はチームに入りたてっていうのもあって彩乃さんが副チームリーダーとして前で仕切ってて、みんながどう思ってるかはわからないですけど俺の中ではやっぱりこの人がリーダーでありこの人を筆頭としてやってるんだなぁ、頑張ってこの人についていって一緒に教育チームをいい風にしていきたいなって思ってて、自分が副チームリーダーになって周りから結構色々心配されるんですけど、やっぱり内部事情は俺たちにしかわからないわけなんで、その中ではこれから先も彩乃さんとうまくやっていけると俺の中では思ってます。」

篠田「涙がちょちょぎれそうだよ(笑)」



・チームリーダー、副チームリーダーになろうと思った理由を教えてください

篠田「ユニ入って最初から教育チーム入るって決めてたんだけど、本当に教育チーム大好きだから自分が中心になってやっていきたいなって思ったのと、それこそ私が1年生の時のチームリーダーの玉さんと副チームリーダーの隼大さんを見てて自分もこういう風にやっていきたいなっていう思いがあったから。」

上原「副チームリーダーに立候補しようって決めたのがだいたい2週間前くらいでしたね。」

局員「ギリギリですね!」

上原「はい。それまでは全然絶対なりたいっていうのはなくて、なんでそこで決めたかっていうとみんながそろそろ代表だとか副チームリーダーとかチームリーダーとかも決まる時期になってきてちょっとピリピリしてきた時に、もう一回自分のチームを見直してみて今の教育チームに必要なものだとか足りないものを補えるような存在になりたかったというか、他の1年生の意見を聞いてそれをやるんだったら俺がなってやってやりたいなみたいな(笑)」

局員「誰がきっかけとかもなく、自分の中で湧き上がってくる思い的なもので立候補ですか?」

上原「他の人の話とかを聞いてっていうのもありますね。だからすごい前からなりたかった人みたいな感じじゃないんですけど、そういう時期になってきてやりたいかなって。」



・次は彩乃さんへの質問です。副チームリーダーを1年やってきてどうでしたか?

篠田「いろいろあったねぇ(笑)身になる1年間だったし、本当にあっという間だった。こんなに早い1年間初めて経験した。さらに教育チームが好きになった良き1年だった(笑)」



・次も彩乃さんへの質問です。副チームリーダーにはどんなことを期待していますか?

篠田「私とはタイプが違って舜平は一歩引いた目線から見れる人だから、私大人じゃないからさ(笑)私は踏み込んでいくタイプで結果前見えなくなる。あ、前じゃないや。たまに横見えなくなるから。」

局員「横?(笑)」

篠田「・・・周り・・・?」

局員「それそれ(笑)」

篠田「それなぁ~~(笑)」

一同爆笑

篠田「今の消しといてね?(笑)」

局員「消さないです(笑)」

篠田「だから二人合わせてちょうどいいバランスになったと思うし、今後もう交代して仕切ってるのが舜平だから私がこの1年間の経験を全部渡しつつサポートしていくっていう感じ。」



・舜平さんへの質問です。どんなチームにしていきたいですか?

上原「出たその質問(笑)やっぱ結構大きなテーマだと思うんですけど、副チームリーダーになったからチームをこう変えるというのも大切だとは思うんですけど、やっぱりその代によって仲間たちの特色も違いますし自分自身が彩乃さんや2年生の人たちとどうやってうまくやっていくかによってもチームの方向って変わっていくと思うんですね。なので自分の中では副チームリーダー選の時に言ったこんなチームにしたいっていうのは、教育という名のチームなので子供たちにただ一緒に遊んで笑ってるだけじゃなくて、子供たちが興味を持つものを見つけるためのお手伝い。だから本当の教育っていうものを目指してボランティアをやっていきたいっていうのを自分の理想として掲げたんですね。でもそれはあくまで理想で、実際にボランティアをやる上ではそう上手くいかないと思いますし、俺自身が先頭となってみんなを引っ張っていくんじゃなくてみんなが前に出ていこうとするのを俺が統率して整列していかせるみたいにしてやっていきたいなって思ってます。」



・最後にチームに向けて一言お願いします!

篠田「1年間支えてくれてありがとうございました。」

局員「引退みたい(笑)」

篠田「私仕事振るの下手だったりとかしてほんとみんなに迷惑かけたと思うんですけど、今度は1年生を支える側に回って1年生は自分たちが主体だと思って頑張っていってください。リーダーがこんなんなんでね、みんな楽しくやっていきましょう(笑)」

上原「みんな足並みそろえて頑張ろうぜ!って感じですね(笑)みんながバラバラにいくんじゃなくて。あと彩乃さんには迷惑かけると思うんでよろしくお願いします。」

篠田「いえいえ(笑)」

上原「自分は1年生なので前に立って運営側に回るっていうのはやっぱりわからないことだらけなので、2年生はかなり頼りにしてます。1年生が結構やる気ある人が多いので全部自分でやるんじゃなくてその人たちの協力を得つつ自分がやるべきことはしっかりやっていきたいです。」

ありがとうございました

IMG_6809_201512021645517e0.jpg

タイプは全く異なるが教育チームのことを熱心に考えている二人がこれから教育チームをどう導いていくのか非常に楽しみですね!
では今回はこの辺で終わりにしたいと思います!

(インタビュー 3年:佐藤、1年:秋元)
スポンサーサイト

| 教育 | 17:12 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT