ゆにっき

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

旧三役インタビュー~会計編~

世の中がSTAR WARSで盛り上がっていて嬉しさのあまり夜しか眠れない地域チーム一年秋元直人です。

今回旧三役インタビューということで無事に仕事をやり遂げ引退された会計山口晶平さんにインタビューしようとしたところ、インタビューがあることを聞き駆けつけた会計補佐田苗雅明さんも急遽参加!
という事でお二人に質問させてもらいました!


20151228131425ac7.jpeg


・会計、会計補佐の任期を終え、Uni.生活を振り返ってどうでしたか?

山口「会計になる前までは普通の一般部員だったから、参加側として武蔵野の森っていう地域のボランティアに一番行ってたかな。一番好きだったボランティア。草刈りとか楽しかったし、土で触れ合ったりダンゴムシと遊んだりとかがめっちゃ楽しかった。」

田苗「前の広報局長の竹中に誘われてなんとなく入ったんですけど、最初は合宿とか総会飲みとか全然行ってないし全体の場とかもほとんど出てなかったし、そんな感じで二年間も過ごしてたんですけど、晶平から会計補佐やらないかって言われて。役職に就いたし全体に出ようかなって思って最後の総会飲みと春合宿に行ってからはすごいUni.いいなって思うようになりました。


・田苗さんも何か推しボラなどありませんか?

田苗「もう引退しちゃったけどチームプロジェクトで農業やってるんで、さっき晶平が言ったように土と触れ合うっていうか自然と触れ合うっていう機会がボラの中であるのはすごい魅力的かな。」


・会計、会計補佐という視点から見て今のUni.ってどう思いますか?

山口「ボラとかめっちゃ参加してくれるし学年会の参加率もすごかったし今年の一年生ほんとすごいなっていうのはめっちゃ思う。俺らの代は全然なかったもんね。最初の夏合宿決まった人とずっと一緒にいて、一年生の間全然友達いなかった。(笑)」

田苗「晶平が言ったけど一年生すごいなって思います。これだけ人がいたら来づらいのかなって最初思ったけどすごい来てくれる。自分ももっと早くから行っておけばよかったなって思ってるので、皆にはどんどん参加してほしいです。」


・自分にとってUni.とは?

山口「大学生活でなくてはならない存在みたいな感じかな?Uni.がなかったら友達とかほとんどいないだろうし、逆にUni.に入ったからこそ学校行く度に何人もすれ違うし挨拶もするし、吉祥寺にいるだけでも結構会うし。友達はほんと増えたなって思うし本当に欠かせない存在かな。」

田苗「なんかもう同じ感じだよ(笑)」

一同爆笑

田苗「さっきも言ったけど、なんとなくボランティアしたいっていうのもあったけど正直こんな大きな団体に入ってもどうせ埋もれるだけだなって思ってて。でも人数の多さもあって友達も先輩も後輩もたくさんできたし、今入ってなかったらって思うと怖いです。ほんとにUni.がなかったらこんな知り合い増えてないし、普段の遊びもないし入ってよかった。」


・次の会計、会計補佐へのメッセージをお願いします

山口「お金の管理とかは正直誰でもできるんだけど、制度的なところでは交通費制度かな。俺の前の代からあったんだけど申請方法とか結構面倒だったりするからそこを改善していただけたらなってすごい思う。紙取りに行って領収書も貼ってみたいな感じ、あと会計に直接連絡しなきゃいけないっていうのがあるからそれも変えていただけたらなって思う。あとは、来年の四年生の部費を下げてください(笑)」

田苗「なったはなったけど晶平がほとんど頑張ってくれたんで、補佐としては新歓期間の部費の管理だったりしか仕事はなかったかな。Uni.に自分から関わろうと思えば全然関われるし、自分も何回か運営に出てUni.全体を見れるいい経験になったかなって。役職に就いたことでこれまで以上にUni.のことを考えてほしいなって思います。」


・Uni.の後輩に向けてメッセージをお願いします!

山口「後輩に向けてメッセージか(笑)一年生は参加はしてくれてるんだけどまだ自分達のグループ内にしか行ってない人が結構多いからだんだんそこから離れていけるように努力すればまた友達も増えるし、そこをやっていただければ嬉しいかな。二年生は自分たちが一番上の年代でUni.を引っ張っていくわけだから、後輩の模範となるような行動、遅刻しないとかは当たり前だしミーティングちゃんと出席するとかもいいけどちゃんとしてほしいかな。あと新歓は手を抜かずにやってって感じかな。新歓に手を抜いちゃうとほんとやばいよ(笑)」

田苗「後半から行くようになってほんとにUni.楽しいなって思った。すごいクサい話になるんですけど、成蹊に入ってこの学生ボランティア本部に入らなかったら今の出会いもないし、皆が何かしらの理由でこのUni.に入らなかったらそれぞれの出会いもないし、そう思うとこういう一つの大きい団体に入ったからには仲間をもっと大切にしてほしいなって思います。三年間本当にあっという間で正直最初からもっと出てたらなって。先輩ともあんまり仲良く出来なかったし、そういう後悔も自分の中であるんで参加するってことは続けてほしいなって思います。」



ありがとうございました!!


会計は代表や副代表と比べると自分の頑張りが他の人に伝わりにくいお仕事ですがUni.にとってなくてはならない大事な役職なんだと僕は思います。お疲れ様でした!

明日は副代表編です。お楽しみに!!


(インタビュー 二年:小笠原、鈴木 一年:秋元)
スポンサーサイト

| インタビュー | 00:07 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT