ゆにっき

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

旧三役インタビュー~副代表編~

みなさんどうもです。31日の午前3時からバイトがあって今から億劫な教育1年の上原舜平です。

今回は第6期副代表のつぶろーさんこと中平一樹さんにインタビューをしたいと思います。

tubusann-1.jpg


>>まず、副代表お疲れ様でした!副代表をやっての感想をお願いします

中平「第一に本当に楽しかった…いいこと言えないよ(笑)」

            (一同) (笑)

中平「今までの副代表の人はみんなバリバリ仕事のできる人で、比較するのはどうかと思うけどちょっと今回の代表がスーパーマンだった。だから甘えて好き勝手やらせてもらって代表には感謝してるっていう感じかな。」

局員「全体LMを見てて、代表に甘えてるという感じはしませんでしたよ」

中平「声をしっかり出すってのはできてたからね(笑)LMもだれか来ちゃうわけじゃないですか。だから去年気になってたことで前に出て宣伝している人がいるときに割とうるさくて、そして前に出て100人くらいいる前で話すっていうのは結構(特に1年生は)緊張することだから聞いてあげてよってことで(静かにさせるようにした)。これからのLMどうなるんだろうね(笑)、楽しみだね。」


>>副代表を経験して何か学んだことなどありますか?

中平「今西と3人で代表選に挑んでそこで敗れて、で半年くらい準備して全力で挑んで敗れるともう悔しくもなかった。スポーツとかでもそうだけど(力を)出し切れなくて負けるとあーあみたいな後悔が残って悔しいけど、本気でタックルして負けるともうかなわねぇなって。そこでこれからは普通の一般部員として活躍していた先輩みたいに俺もやっていこうかなと思ってたら、郷(代表)に呼び出されて「副代表やらない?」って(言われて)。それで持って帰っていい?って言ったら今この場で答えもらえないと別のやつにするって言われて。」

           局員一同(驚きの声)

中平「話しながら小一時間悩んで、まぁでも声がかかってせっかくのチャンスだからってやらしてもらえるんならということで」


>>次の副代表に期待することと賢汰さん(副代表)を偉人に例えるとなんでしょうか?

中平「賢汰がこれから大変だと思うのはプロジェクトふられるだとかいろいろやることが増えると思うし、で流星(代表)はスーパーマンではないからほんとに副代表が支えていく必要があると思う。俺の時は好き勝手やらしてもらってそれがお互いにない部分を引き出せて自然と2人で1つみたいな感じになったけど、(賢汰は)流星をがっつり支えていかなきゃいけないと思う。2人は仲もいいし精神的にも実務の面でも支えにならなきゃいけないだろうね。大変だと思うけど、賢汰は自分が代表のつもりでやっていいと思う。賢汰を偉人に例えると…誰だろう…」

局員「自分(中平さん)のことはなんて言ってましたっけ?」

中平「俺がなりたいって言ったのは白洲次郎。吉田茂首相のときの右腕。白洲次郎も好き勝手やってて、かっこいいんだよね。賢汰はマッカーサーかな。マッカーサーは連合国軍の最高司令官としてガンガンやっていったから、ガンガンやっていくって意味で。考えてくれば良かった、これ聴かれるよね(笑)。」

tubusann-2.jpg


>>代交代の時期ですが次の代(第7期)に期待することはなんですか?

中平「まぁ自分がこうしてほしいってのは引退した後にはあんまり言っていきたくはないんだけど、我々6期はもう口出ししないし6期も好き勝手やったから次の代は今までやってきたことにとらわれないでやっていってほしい。答えの出ないことばかりだと思うから、運営に関してもよりよくなるだろうって新しい意見をどんどん出してほしい。運営出てて長くいると発想が凝り固まっちゃってこういう切り口があったかみたいな新鮮な発想があったからその気持ちを忘れずに。コラボラやりたいって声をたくさん聞くからどんどんやってほしいと思う。今そういうことやってるんだ~みたいな驚きをもたらしてほしい。第6期を超えていってほしい。それに尽きるかな。」


>>3年間Uni.をやっていて1番楽しかった思い出があれば教えてください

中平「これ聴かれると思って考えてきたんだよね(笑)ほんとに楽しいことばっかりで、企画局だったっていうのでいうと夏合宿前に長時間のMTGとかあってバイトもできなかったけど今思えば楽しかったなぁ。あの時は何でこんな長時間って思ってたけど思い返してみると楽しかった思い出なんだよなぁ。1番はなんだろう…1年の時に行った水鉄砲かな子どもたちとひたすら水鉄砲で撃ち合うっていう。楽しかったね。月1の人数がどんどん増えていったことも嬉しかったし、合宿本番も楽しいけどそれに至る過程の作ってる時だとか部室にいるときとかの何気ない日々が楽しかったかな。今思うとね。」

局員「全体LMをしきっていく中で気を付けてたこととかあれば聞きたいですね」

中平「やっぱり大切なのは間ですよ間。間延びすると飽きられちゃうから。音楽とかやってるとドラムとかベースが途切れる瞬間ってすごく怖いんだよね、下手感がすぐ出ちゃうから。しゃべりも一緒だと思う。間髪入れずにやった方がいいね。空いちゃう間と空ける間は違うからね。しゃべる前にはあらかじめ組み立てておいて畳み掛けるところは一気に畳み掛ける。あとは大声出すことかな。」


>>最後に何か1言あればお願いします

中平「全体LMでも言ったけどいろんな人がそれぞれ1人1人境遇は違うと思うけどでもそれが自分で勝ち得た立場かもしれないし、代表選負けて副代表になったっていうのだとかいろいろあるけどこの副代表でいる間に得られるものは代表では得られないもので、せっかく巡り合ったものだから意味のあるものにできるように(してほしい)。これも好きな偉人の言葉で、米内光正っていう人なんだけど『人間せっかく巡り合った境遇をもっとも意義あらしめるものにできるよう生きることが大切だ』今をがむしゃらに生きてください(笑)投げ出さないでほしい。朝日新聞の私の履歴書っていう毎週各業界で成功した人が書くやつがあるんだけど、最初どの人もあんまり望んでない部署だったりなんかに配属されてしまうんだけど、今の人って合わないとすぐに辞めちゃうんだけどそうじゃなくて、そこで最初嫌々ながらも我慢してやってみる。合わないこともあると思う、でもUni.をやめないで続けていてほしい。」

tubusann-3.jpg


つぶろーさんありがとうございました!色々とためになる話が多かったです。副代表というUni.で欠かせないポジションのお仕事本当にお疲れ様でした。次はついに代表編です。お楽しみに!!

(インタビュー:1年 上原、柏木 2年 小野)
スポンサーサイト

| インタビュー | 06:35 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。