ゆにっき

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

新歓合宿インタビュー~まさかの3部構成だぞ!~

こんにちは~!
雨が降ったりやんだりで心もどんより…ですが、1年生たちとお話すれば全て癒される(*´▽`*)皆さんもそうですよね?
そんな癒しの存在である1年生たちとの最初の大きな行事と言えば…?

新歓合宿~!!

そう!5月に行われた新歓合宿です!
今回のインタビューは、タイトルにもある通り、3部構成となっておりますっ

①(合宿中)1年生、上級生数名
②合宿に参加した1年生3人
③新歓合宿を運営してくれた企画局員のお2人

1回の新歓合宿といっても、それには様々な人が関わっています。
この記事を通して色々な立場の見方、意見を知っていただきたいです(^_-)

それでは行ってみましょう!!




第1部 合宿中のみんなにインタビュー!

Q.今回の合宿に対して意気込み、考えていることを教えてください!(1年生のみ)

・先輩たちの色んな話を聞きたい!

・先輩と仲良くなりたい^^

・同期の1年生の友達をたくさん作りたい。

・:部屋割りで友達と分かれるので心配です…

・Uni.はたくさん人がいるので、色んな人と話したい!

・チームのことを知りたい。

・(新歓の時期に行われた)立食パーティーで先輩たちが面白かったので、合宿も絶対楽しいと思った!

⇒先輩はもちろん、同期とも仲良くなりたいという意見が多かったです!


s_attachment01.jpg
▲レクの説明を聞くみんな


Q.合宿を終えて、思ったこと、印象に思ったことは?

~1年生~

・レクで打ち解けることができた!

・学部学科にとらわれずに色んな人と仲良くなれた。


~上級生~

・1年生が新鮮な気持ちで参加してくれるから、こちらも新鮮だった!

・フレッシュな1年と付き合って、去年の自分を思い出した。

・楽しかったです、と言ってくれた1年生がたくさんいて、成功したなと思った。

・もっと話せばよかった(´・ω・`)

・サンキュー企画!

⇒合宿開始当初は仲良くなりたい、という意気込みが多かったですが、1年生も上級生も無事色々な人と仲良くなれたようです(^^♪

s_attachment00.jpg
▲白熱したポートボール!




第2部 合宿に参加した1年生にインタビュー!
(担当:2年 秋元、福丸)

1年生の久保大地子ちゃん德田雅信くん綱島大暉くんにお話を聞かせてもらいました^^

s_IMG_0665.jpgs_IMG_0667.jpgs_IMG_0662.jpg



―まず、今回の新歓合宿は どうでしたか?

久保さん(以下、久)「まだ何もボランティア参加してなかったから、自分から話しかけないともう輪ができちゃってるのかなと思ってたのですが、先輩たちから話しかけてくれたので、あまり心配せずに楽しめました^^!」

德田くん(以下、德)「率直な意見で言うと本当に楽しかったんですが、大変だったのは名前を覚えるってことでした。最初は先輩方々の顔を覚えるのも必死で。でもやっぱり名前を呼んだほうが会話とかコミュニケーションもとれるので、一日一泊二日の間でしたけど常に人の名前、顔を意識していましたね。」

綱島くん(以下、綱)「緊張してたんですけど、先輩たちが優しくてとても楽しかったですね。いろんな先輩からいろんなチームの話聴いたりして、チームを決める参考にもなって。やっぱり一泊二日だと物足りないかな、みたいな合宿でしたね。」


―新歓合宿で よかった点は何でしょうか?

「(バスレクの)自己紹介ゲームがあったじゃないですか。あれがすごく楽しかったし、(他のレクではガムテープで)名前をみんな付けてやってたから、名前忘れても『あ、あの人か』って感じでできたのでよかったです。」

「レクリエーションのポートボール、最初聞いたときなんなのかわからなかったんですけど、ルールがしおりにわかりやすく書いてあって。それで大人数でゲームができたため、そこで先ほど言った名前を覚えるってことがスムーズに。声かけとかもチームプレーの中であるんで、そういうのがとてもありがたかったです。」

「全体を通してなんですけど、名前を常に呼び合うみたいな感じのシステムが作られていてとても名前覚えるのに効率がいい…って言い方も変ですけど(笑)いいきっかけが多かったなみたいな感じですね。」


s_IMG_0664.jpg



―逆に、新歓合宿であまり良くなかった点もあったりしますか?

「せっかく富士山の近くに行ったんで、班に分かれて富士山の近くで写真撮るとか出来たら楽しそうだったなっていうのはありましたね。」

「考えてたこと言われた・・・」

一同「(笑)」



―合宿中印象に残ったことは?

「やっぱ、会長さん?あれ、社長さん?」

―代表さん?笑

「代表さん!笑 が、すごかったと思います。夜に1年生上級生、みんなでお話していた時に、めっちゃ色んなところを見てるなって。目線がすごい動いてた。」

「ある先輩がバスのとなりでもあり、今ではチームが同じであり、合宿の夜の集まりの席が隣っていう先輩がいて、しかも学部学科が同じっていう、もうその先輩とはほんと仲良くなれたんで・・・」

―誰だろう・・・?(笑)綱島くんはどうでしたか?

「印象っていうか、先輩がすぐ名前覚えてくれたのが嬉しかったです。いろんな呼び方で呼ばれるのが嬉しいですね、それですぐ名前覚えてもらえるっていうのは。」


―ありがとうございました(*^▽^*)!!

s_IMG_0666.jpg





第3部 企画局メンバーにインタビュー!
(担当:2年 上原、清水)

今回インタビューを受けてくれる企画局の二人は教育チーム2年の佐竹璃久くんと西尾礼良さんです!!

s_20160622134537e25.jpg


―新歓合宿であるからこそ考えていることは?

らいら「やっぱり1年生が初めて来る合宿だから楽しんでもらうっていうことが大前提だったかなぁって思います。
例えば、ポートボールなんかも(交流の機会を増やすために)たくさんチーム作ったりして…」

りく「俺は新歓合宿は1年生が初めての合宿だから
名前を覚えてもらおうとかお互いに関わりあって関係を深めようとかを考えてた。」

らいら「あ~、バスで名前ビンゴとかしたり、そういうみんなを知っていこうみたいなコンセプトで企画をしたかな」

りく「あと、兼サーとかしてる子がいて、今後どの団体に落ち着くかは分からないけどそこでUni.の合宿に来て
『あ~楽しかった』って続けてもらえるような合宿にしたいって思ってた。」


―新歓合宿中の大まかな仕事って?

らいら「まぁ、まずバスに乗るときにみんなに指示して、バスに乗ったらレクをやって、着いたらみんなを誘導したりって感じ。
あとは、レクをやるためのコートのライン引きをしたりとか、審判やったりかな。あとは…」

りく「食事の準備とか」

らいら「でも、みんなが手伝ってくれたからすごい嬉しかった」

りく「うん、助かった。ざっと仕事はこんな感じかな。」


―今回の企画で一番大変だったことは?

りく「俺は合宿中の仕事にも入るんだけど、合宿行く前に企画局の限られたメンバーで下見に行かないといけなくて、
それで新歓合宿の下見担当が俺でその時に下見で一回全部まわってみて、その後合宿本番でも同じようなことをもう一回
やるからそれが大変だった。」

―それはもう一回やるからきついっていうこと?

りく「それもあるけどそれよりも、みんなのことを把握した上でこうした方がいいんじゃないかって下見の時に考えて
ルートとかもちゃんと確認して、それを企画のメンバーに共有したりっていうことが結構大変だった。」

らいら「私はみんなの募集をする段階の時が一番きつかったかも。まず、メーリス流すけどやっぱりすぐには返信が来なくて
このままじゃ人数少ないね、やばいねってなった。それでそればっかりは企画だけの力じゃ限界があってどうにかできないっていうのが
悔しいっていうか。もちろん声かけたりはするけど、いろんな人が手伝ってくれたおかげで今回、150人弱来てくれたことはホントに
ありがたかった。呼ぶのが一番大変だったなぁ。」

企画1

―今回の新歓合宿でやってて楽しかったこと、うれしかったことは?

りく「食事の準備のときとかに企画局じゃない人たちが集まってきて『手伝うよ』みたいな感じで企画局の人たちがやってって
言わなくても参加者側の人たちが手伝ってくれたことがすごい嬉しかった。」

らいら「あ~、なんかみんなで合宿やってるって感じがあってよかったよね。」

りく「1年生とかも積極的に手伝ってくれたし、企画側が楽になったし、嬉しかった。」

らいら「めっちゃいい子たちだった~。
私は企画として前に出ることはバスレクだけだったけどそれで顔覚えてくれた人とかもいてほかの人より顔覚えてもらえる
機会が多かったからいろんな子が話しかけてきてくれてめっちゃ嬉しかった。そこら辺得だなって思った(笑)」

りく「大変だけどその分やりがいがあるから」

―今日、りくめっちゃかっこいいこと言うね。

りく「それ絶対書くでしょ(笑)」
※ほんとに書いちゃってゴメン!

一同「(笑)」


―最後に合宿の感想をどうぞ

りく「合宿自体は成功したよね。」

らいら「うん、普通に成功した。1年生も含めみんな楽しんでくれてて嬉しかった。」

りく「1年生みんな楽しんでくれてたよね。」

らいら「去年よりも1年生の人数がめちゃくちゃ多かったし。よかった!」

りく「去年は言ってないから分からないけど、でも今年行ってこんな感じか~って分かったしそこで来年に生かせると思う」

―二人ともありがとうございました!

s_201606221345468ad.jpg





新入生の気持ち、上級生の気持ち、そして企画メンバーの気持ち、それぞれの立場のお話を聞くことができました^^
新入生の皆さんも楽しい合宿の裏でこんなにも頑張ってくれている人がいるんだって知ることができるいい機会になったのではないでしょうか?企画の皆さんのためにも楽しんでお返ししないとですね!(^^)!

これからいろいろなボランティア、行事が皆さんを待っています!
Uni.ライフを楽しんでいきましょうヾ(≧▽≦)ノ!!!



(広報局2年 秋元、上原、清水、福丸)
スポンサーサイト

| インタビュー | 14:05 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。