ゆにっき

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

地域TL&副TLインタビュー

TL&副TLインタビュー第4弾!!今回は皆さんお待ちかね地域チームです!!(((o(*゚▽゚*)o)))
人数が多いこの地域チームをまとめているのは第8期チームリーダーの松村佳苗さん(以下:松)と副チームリーダーの浅沼健太くん(以下:浅)です!!
s_S__27041808.jpg


ではさっそく本題に入りましょう!!

ーー最初に、これから自分とチームをどうしていきたいか?

:「どっちからがいい?」

ーーどっちでもいいですよ

:「じゃあ、うちは、、、あとから(笑)」

:「了解です(笑)やっぱ地域チームは地域の人たちとの関わりが一番強いチームであるので、これからもそれを大切にしていきたいです。あと、いままでの活動では何かお祭りとかに参加、協力するって形でしたけど、今後は企画するボランティアをやれたらなと思います。」

:「副TLからTLへの振り返りになっちゃうけど、いままでに比べて自分が強くなったし、ポジティブにもなれて、前までは『私がやらなきゃ』みたいな感じだったけど、余裕が出来たおかげかみんなにやってもらったりして、実際に私がやるより出来のいいものが出来たりすると、みんなが頼りになるって再確認できたし、仕事を振る大切さがわかったかな。」

ーーでは続いて、チームの雰囲気について教えてください

:「内容重複しちゃうね、、、」

ーーでは、健太だけお願いします

:「はい(笑)自分も前期の頃とかそうだったんでうけど、ボランティアを企画している人に頼りすぎていたかなって思うところもあったんですけど、その企画している人たちの自覚が増していて、チームとしてはいい方向に向かっていると思います。」

一同:お〜〜〜〜〜〜〜

ーーではそれを踏まえて、チームの変えたいと思っているところは?

:「やっぱりまだ身内感があるところかな。まだまだ少人数グループで集まったりしているのがあるかな。少しずつでいいから努力していって、チーム全体で仲良くなれたらなと思います。」

:「健太の続きになるけど、地域チームには不器用な人が多くて、自分はコミュニケーションは得意だからそこで架け橋になれたらなって思う。で自分の方の話に戻すけど、地域って今の年もそうなんだけど、お祭りとかのお手伝いで楽しいイメージを持ってこのチームを選んでくれてると思うんだけど、そのイメージで終わらないで欲しい。私が感じるのはお祭りの募集をかけても人数の割には集まってなくて、イメージで終わってるんじゃないかなって思う。私自身、この地域チームの活動が大好きだし、本当に楽しいと思ってるから、みんなにこれを伝えたいなって思う。」

ーーはい。少し気になったのですが、チーム員の意見に耳を傾ける機会はないのですか?

;「ん〜。。。やっぱ地域チームはシャイな人が多いせいか、大人数の前ではあまり意見はでないね。それでも少人数で話し合ったり、紙とかに書いてもらったりとか工夫してるけど、それでもやっぱり少ないね。まぁ、私がそういうのを話しやすい存在になりたいね。」

ーーそれでは少し質問の嗜好を変えて、正直お互いのここは直して欲しいみたいなところはありますか?

:「「直して欲しいところ?!」」

ーーちょっと直球過ぎましたかね?(笑)では、ここを変えたらもっとチームが良くなるかなよ思う部分は?

:「そうですね、、、(熟考)強いてあげるなら、あまりひとが集まらなかった時にメンヘラを出さないで欲しいですね、、、」

一同:(爆笑)

:「え〜〜〜!メンヘラじゃないよ〜!!」

ーーじゃあ副チームリーダーになった健太目線から見たらどう?

:「いや、本当にそれ以外ないですよ。僕がUni.に来るようになったのも佳苗さんが誘ってくれたおかげですし。最初は何となくだったんですけど、ボランティアに前向きに向き合えるようになったんで。。。」

(ここで、変なメンヘラの下りが続いたので中略)

ーーでは、佳苗さんはどうですか?

:「全員を知ってほしいかな。特に女子!!多種多様な人もいるし!!まだまだ一人一人の関わりが弱いかなぁ〜って感じです。」

ーーでは、気を取り直して前TLの髙橋さえこさんはどのように映ったか?

:「やっぱり影響はでかすぎる。さえこさんなることを目標にして、不安になることとかがあった。でも今では、自分は自分でいいやって思えるようにもなった。まぁ少しくらいは近づけたかな。。。?」

:「自分も副TLになりたいって気持ちを持ってた頃から、さえこさんを見てると少し不安になったけど、いざ相談すると親身になってくれたりして、仕事もできてこんなに後輩の面倒見もいい人で、、、本当に副TLになったからには少しでもさえこさんに近づけたらなって思う。」

ーーつまり地域チームにとってさえこさんはであると

一同:(爆笑)

ーーそれでは最後にTLと副TLとしての目標は?

:「TLをサポートしつつ、一人一人に向き合えるように頑張っていきたいです!!」

:「Uni.全体のことは副TLに任せて、TLはチームに集中して多くのやりたいことを一つずつ実現していき、最後には後輩に何かを残したい」

ーーはい!!ありがとうございます!!
ーーそれでは佳苗さん。このインタビューを締め括るひとことをどうぞ

(多くのカットのあと)

:「冬合宿のスノボーが心配。。。できないしキャラ的に置いてかれそう。。。」

全く期待はずれの返答でインタビューは終了しました(笑)
このインタビュー見て分かると思いますが、地域チームのTLと副TLの人たちはとても接しやすく、ユーモアセンス?に溢れています。今後、地域チームの活動で参加するか迷った方は相談してみてはいかかでしょうか?
s_S__27041812.jpg



(広報局 1年:江本、綱島 2年:上原)
スポンサーサイト

| インタビュー | 21:17 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT