ゆにっき

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

局長インタビュー~企画局~

こんにちは、広報局です!みなさんどんな春休みをお過ごしですか?今日から各局の局長インタビューの様子を更新していきますよ(^∇^)
トップバッターは企画局から弦間彩華さんです!


無題2






――企画局に入った理由はなんですか?



弦間「もともと今までに、小・中・高って、委員会系の卒アル実行委員とかイベントを企画する系の委員会に入っていたのね、ほぼ、毎年。それで、大学でもそういうことをやれる機会がこの企画局っていう存在によって自分にあるということが分かったので、それでまず興味を持ち始めたの。で、実際のところ、入るか入らないかでずっと迷ってたんだけど、なんか企画局に入ってる先輩方が何人か直接声かけてくださって、企画局は合宿の企画をできるってところが一番自分の心に響いて、せっかく悩んでたんだし、悩んでるくらいだったら進んでやってみようと思って、入りました。」



――局長になった理由を教えてください。



弦間「局長になった理由は、最初はさえさんに声かけていただいたのがきっかけで、もともと局長やろうとかは全然考えてなかったんだけど、ひと声かけていただいたのがすごく大きかったのが一つで、あとは、今までもさっき言ってきた通り、いろんな委員会とかやってきてその中でリーダーとか任されてきたことが多かったので、経験としてはあるし、やってみようかなってだんだん思ってきて、で、そのあと自分の中でめっちゃ迷ったんだけど、今まで、自分が先輩やみんながいる中でやってきて、こういうところで自分が改善できるところ、貢献できるようなところがあったんじゃないかなって思って、それを自分が局長になることによって、もっと意見を出したり、みんなの意見を聞いたりして、生かしていけたらいいなと思って、局長になることを決めました。



――企画局の魅力、アピールしたいことはありますか?



弦間「企画局は、その名の通りイベントを企画する局なので、局員一人一人が楽しむっていうことを目標に心にいつも留めて、自分が楽しめることで参加者が楽しめることっていう風にしっかり関連付けて参加者のことを考えてみんなが意見を出してくれてるっていうチームワークとか協調性がすごい強い局だなっていうところが企画局の魅力です。
あとは、やっぱりすごい大勢の参加者とかをまとめるっていうか、ボランティアとかと違って、楽しいことを企画してるわけで、何かに貢献するというよりは、参加する側がいかに決められた宿泊期間とかで楽しめるかということを私たちは企画するわけで、やっぱ、そういうのを一番に考えると、壁がいっぱい出てくるの。やっぱ、問題が出てくると、みんなそこにつまづいちゃったりすることがみんなあるんだけど、でもそれを乗り越えたからこそ、合宿やってるときはやっぱり、大変だけど、その大変さも含めて楽しいし、終わったらそれなりにものすごい達成感があるし、っていう面が企画局のいいところだなって思います。達成感が一番だと思います。」



――局のミーティングとかで結構みんな意見言ったりする?



弦間「そうだね、やっぱり宿題みたいなのがあるんだよね結構、企画局って。次の週までにこういうことちゃんと考えておいてねって言って、で、みんなに考えてきてもらって会議に臨むようにしてるから、そこで、持ち寄ったそれぞれの視点のアイデアが飛び交って、すごい楽しい会議になってるかなって思います」



――企画局長として、これからどうしていきたいかとか、どういった活動をしたいとかはありますか?



弦間「企画局っていうと、さっきもずっと一貫して言ってきてるけど、イベントを企画するっていうことで、会議でのアイデアとかを共有しあって、最終的には一つのものをまとめだすっていう作業が普通にやってることなんだけど、なんかそれだとこう言っちゃ変だけど、自分たちの理想が合宿になってる、理想が納会になってるっていう感じなの。だから、その自分たちがいくらいいアイデアを出しても、それは結局、自分たちの理想どまりになっちゃうと思うので、結構今はみんなSNSとかやってて、合宿終わったら合宿楽しかった~!って写真とかあげたりしてくれてるじゃん。だからそういう、何年生がこういう感想持ってくれてたんだとか、あと合宿行く前に何するんですかって色々聞いてくれる子もいて、みんながどれくらい一つのことに関心を持ってくれているのか、どういう気持ちで参加メールを送ってくれているのかっていう細かいところまで、耳を傾けてそれをしゃんと会議に反映させていきたいなと思ってます。」



――代が変わって、企画局の変わったところはありますか?



弦間「何が変わったかって聞かれると、いい意味で何も変わってないと思います。(笑)なんか、うちの局員ってみんな前からそうだけど、一人ひとりめっちゃ個性強くて、ある意味自由な感じなの、一人一人が。だから、代が変わって、前にいたメンバーと今いるメンバーで違うところっていうのが、すごいざっくりになるけど、自由感の雰囲気が全然違うの。同じ自由でも一人一人の自由さの幅とか視点がすごい違うなって思ってて、だから今まで出てきてたアイデアとかレクの案とかっていうのとは違う分野っていうか、そういう考え方もあるんだね!っていうところが代が変わって、会議やってて一番思った変化かなって思います。だから、基本的に何が変わったかって明確にはちょっと言えないんだけど、個人個人の自由さ、雰囲気を変えてくれてるっていうか、新しい流れを作り出してくれてるっていう感じで変化を感じています。」



――真面目に話してるけど、結構自由で楽しい感じで?



弦間「そうそう、もちろん真面目だけど、、、(笑)」



――メンバー濃いよね(笑)



弦間「めっちゃ濃いよね!!うちの学年だけでも濃いし、一年生も濃いし、そういった意味では逆に助かってるっていうか、なんか自由さが会議を止めないんだよね。みんながなんでも言ってくれるから。またそれも、戻るけど魅力かなって思う。」



――そしたら仕切るのは結構やりやすい?



弦間「やりやすい方だと思います。ちゃんと一人一人が意見をもってるなって会議やるたびに思います。ほんとにねえ!よくしゃべるから(笑)、だから掛け合いがうまくいってると思います。それで、合宿中も最近は気づいてみんなちゃんと動いてくれるようになったし、誰かがこういうところで欠けてたら、それを補助できるみたいないい関係が築き上げられているとは感じています。」



――冬合宿から二年生が上になって大変だったことはありますか?



弦間「それはもうめっちゃ大変だった!やっぱり、覚悟はしてても実際上がいなくなると、不安しかないっていうか楽しもうと思っても不安は大きくて、今までの先輩方が築き上げてくださったものが偉大だったから、それをどうにか保っていけるように、私たちも、続いていけるようにしなきゃなって一人一人がそういうプレッシャーを持って、やってたんで大変っちゃ大変だけど、でもがちっと団結してできてたんじゃないかなと思います。」


――お疲れ様です!(笑)


弦間「ありがとうございます(笑)」

無題


――では、春合宿の意気込みを!



弦間「春合宿は、宿泊日数が一番多くて、ちゃんとした施設のボランティアとかも用意されてるA日程もあるし、海岸清掃もできるB日程もあるし、だから、意気込みっていうか、ある意味で今まで通りやってって、気づけるところに早く気づいてやっていかないとボランティア先とか相手に迷惑をかける機会がおおくなっちゃうと思うんで、だからとにかく、自分たちの都合だけじゃなくて、参加者のことやかかわってくださる相手方のことを考えてやっていくべきだと思っています。で、とにかくみんなに楽しんでもらえるように一つ一つを丁寧に企画していきたいです!ぜひぜひ楽しみにしていてください!」



ありがとうございました。企画局はとてもやりがいのある仕事で、局員も個性豊かなメンバーが多いようですね!
春合宿、今年はどんなことを企画してくれているのでしょうか?!楽しみですね☆


(インタビュー:二年 柏木、金子 一年:吉川、二宮)
スポンサーサイト

| インタビュー | 20:48 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT