ゆにっき

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

井の頭線ウォーク!

こんばんは~夜分おそくにしつれいします。

先日に引き続き登場!
バイト終わりにお茶漬けたべました。教育チーム2年の瀧野恵理です。
今回は、去る9月16日(日)におこなわれた井の頭線ウォークについて紹介します(^_^)/


こちらもUni.に存在している5チームに関係なく、有志メンバーによる企画ボランティアです。

なんで企画したかっていうとですね
チームも学年も関係なく、全体でボランティアを企画したい。
そしてそれを実行することで、ボランティアにかんする視野を広げてほしい。
それでやってるうちにみんな仲良くなったら最高じゃん!
、、みたいなかんじです(`・ω・´)b

企画当初は、様々なボランティア内容の提案がありましたが、
吉祥寺をふくめた井の頭線沿いを歩くことで、周辺の地域を知ることもできるし、
参加費をとることで、そのお金を社会貢献につなげていくこともできる。(※追記参照)
ということで、
井の頭線(渋谷~吉祥寺間)の各駅をポイントに、48名の参加者が8班に別れ、歩くこととなりました!


当日はメンバーもわからず、集合場所と集合時間のみを知らされ、渋谷駅のさまざまな待ち合わせスポット(ハチ公前、交番前、モヤイ像前etc)に集合!

ちーむたきのは、10:10にハチ公前集合でしたね!
あいざきなゆたこっちゃんたきのかなこさんおでんという
なかなかのメンツでの行動となりました( ̄▽ ̄)

井の頭線は、渋谷、神泉、駒場東大前、池ノ上、下北沢、新代田、東松原、明大前、永福町、西永福、浜田山、高井戸、富士見ヶ丘、久我山、三鷹台、井の頭公園、吉祥寺の、なんと全17駅!!

渋谷区、目黒区、世田谷区、杉並区、三鷹市、武蔵野市をまたいでのウォーキングとなりました!わお!

ちゃんと全ての駅で写真を撮りました(*^O^*)

ちーむたきのの例です。それぞれの駅でテーマを決めて、凝った写真を撮りました。

17時に井の頭公園にゴール予定でしたが、結局ゴールしたのは18時半でした。。
待たせてしまったほかのチームごめんなさい。

ボランティア後は、ほかのチームも集合して、
「たのしかった!」「チームの人と仲良くなれた!」などのお声をいただきました。ありがとうございます!

土地と土地との間隔だとか、地域との結びつき、人のあたたかさに気づくことができました。
また、結束力も強くなったのではないかなーと思います!
あと、電車ってすごいね!

そんなこんなでまたまた長くなりましたが、参加してくださったみなさんありがとうございました!



気づいたら2時間も文章かいてた。。たきのでしたっ。


(※ここからは、井の頭線ウォークで徴収した参加費について説明します。)





なぜ井の頭線ウォークでは参加費をとることにしたのか、
また、その参加費の行く末に関してをマジメに説明します。


▽参加費を徴収したのは、なぜ??
井の頭線ウォークというイベント自体へのボランティア性の付随を理由としています。
というのも、企画段階で、
 ただ歩くだけではボランティアにならない。
との考えがあったからです。
そこで「ファンドレイジング」という方法にたどりつきました。

「ファンドレイジング」とは簡単にいえばお金を募ること
しかし今回のボランティアは歩くだけなので、とくに活動資金が必要ではない。
そのため、寄付金としての「ファンドレイジング」をすることに決めました。
行く末に関しては次の項目をご覧ください。

ちなみに!ゴミ拾いをするという方法も挙がりましたが、
井の頭沿線は思った以上にきれいだったのでやめました~(下見もしたんだよ)。



▽参加費の行く末は??
今回、井の頭線ウォークでは、ひとり200円の参加費をいただきました。
集めたお金は、KIVAというNPO機関を通して、発展途上国において個人で事業を営んでいる(または営もうと考えている)人に融資します。

KIVAとは、スワヒリ語で「絆」という意味をもっています。
ここでは、インターネットを介して、融資する側と、融資を必要とする借り手側とをつなげる、NPO機関を指します。
一口25ドル(現在、約2,000円前後)から融資することができ、その融資先は自ら選ぶことができます。

KIVAのホームページのリンクを載せておきます。ぜひご覧ください!
http://www.kiva.org/start


そして!
今回の参加者は48名でしたので、200円×48名=9,600円(約4~5口)を融資することになります。
融資先に関しては企画側で相談の上、決定する予定です。
決定事項はお知らせしたいと考えています(^o^)/
また、融資した分のお金はいずれ戻ってくるわけですが、
国際協力の意味も含め、支援を継続していきたいと考えているため、
別の人に融資するなどして、お金をそのまま循環させていきたいとも考えています。

より詳細な考えを知りたい方、疑問を持った方は、企画メンバーに声をかけてください!

最後に、この考えに賛同していただいた上で参加してくださったこと、企画メンバー一同、お礼申し上げます。
ちょっとかたくなっちゃいましたが、楽しむことができたなら何よりです!


ここまで目を通していただきありがとうございました!

小ネタ。


ちーむたきの、イチオシの小ネタ写真で失礼します(笑)
スポンサーサイト

| コラボラ企画 | 02:00 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

わたしはまさみさんチーム!

チームは違いましたがすっごく楽しかったです!
チームを超えた友情が育めました( ̄^ ̄)ゞ笑
またこういう企画をしていきたいですねー♡

| もつ | 2012/09/20 18:12 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT