FC2ブログ

ゆにっき

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

福祉TL・副TLインタビュー


福祉チームインタビュー!!

福祉4

今回は、チームリーダーの和田 麻友香さん(写真ひだり)と、副チームリーダーの中平 太一さん(写真みぎ)にお話を伺いました!


――代が変わりましたね、いつから本格的に始動し始めたの?
和田「年末から本格的にだけど、その前からめいさんは私に全振りしてくれてたから、わりかし、徐々に徐々に移行していった感じかな。」

――副チームリーダーは、心境的に変わったこととかある?
中平「今はまだそんなにないけど、これからもっと大変なんだろうなって思います。」

和田「まだ全然仕事振ってないかもしれない。私の相談役やってもらってます。(笑)」

――先輩が引退して、感じたことは?
和田「代が変わってから、一気に降りかかってきたわけではないけど、めいさんから仕事が徐々に徐々に振られてくるたびに、これを全部めいさんは1人でこなしていたのかと、驚きとともに尊敬の念が芽生えたよね。」

――結構前から仕事振り分けてもらってた感じ?
和田「うん。LMの司会とかも一年生が入ってきたら、私がやるようになったりして、で、そこからLMの内容も私が考えるようになったりもしたから、一年生はほぼほぼ私が司会してるところしか見たことないよね?そこらへんから切り替わった感はあるかな。前の代がいなくなっちゃったぶん、支えてもらってたっていう部分がなくなって、さみしいし、ちょっと心細い部分があったりして、いろいろ試行錯誤してるっていうのが今の現状ですね。」

中平「ミーティングで難しい話してるときとか、息詰まっちゃったときに、三年生が今までぼそって出してくれてた意見がすごいいい方向に行ったりしてたのがなくなっちゃったなっていうのはあります。」

和田「そうね。その分を私たちが埋めていきたいなっていうのはあるね。」

――自分たちの代になって、新たに始めたいと思ってることとか、続けていきたいことはありますか?
中平「福祉のボラの楽しさとか魅力をもっと発信していって、他のチームの人にも知っていってもらえるようになればいいなと思います。」

――具体的に何かしてることはある?
和田「うーん。とりあえず、積極的に誘ってみることかな(笑)!初参加の人が来てくれるといいなって思ってる。その人をどう楽しませるか、せっかく来てくれた人に楽しかったな、学びがあったなって思いながら帰ってもらえるようにしたいなっていつも思って活動してる。」

――福祉チームの中で、力を入れたいボラはある?
和田「福祉のボランティアの性質的に、人数が限られちゃうことが多くて、大募集が出来ないのが残念なところなんだけど、、、太一的おすすめは何?(笑)」

中平「一番福祉らしいボラは、やっぱりスープの会かなって思うんで。」

和田「スープの会はちょっと内容が変わったんだけど、土曜のお昼はみんな忙しいみたいで、人数が結構減っていってるのが現状かな。だから、もう少し来てくれると嬉しいかなって思う。スープづくりは訪問活動とはまた違ってめちゃめちゃ和やかな雰囲気が流れてるから、初めての人でも来やすいかなって思う。楽しくおしゃべりしようっていう会なので、スープづくりはほんとに一部で、おしゃべりしてっていう感じかな。風街サロンっていう早稲田にある場所で、地域のたまり場みたいな施設をスープの会さんが持ってるから、毎週そこに行って作ってるっていう感じかな。他のボランティアの人もいるし、同世代もいる。」

――どのくらいの人数でやってるの?
和田「少人数。スープの会の人が一人と、あとよく来る元ホームレスさんの人が一人いて、で、あとはボランティアの人たちが10人弱っていう感じで、その中で、コーヒー淹れてもらったり、お菓子食べたりしながらおしゃべりしてっていう感じかな。」

――楽しそう。ほかに歴史浅いものとかもありますか?
和田「あるね。空き缶ボラ…ほかのチームと活動しようとしているものがあるけどちょっとまだ計画中で、うまく進むかなって感じです。」

――福祉チームのここは負けないというような魅力は何ですか。
和田「ありますよ。みんなの居場所となるような、帰っていく家みたいな、落ち着きというかなんというか、なんだろ、癒しというか。。。みんなで集まるとなぜか生まれる、生まれる何かがある。まあ一言でいうとアットホーム感。」

中平「いや、もう全く同じです。副TL選の時にほんとに同じようなことを話したんですけど、イヤなことあったらみんなで支え合える場所だし、うれしいことがあったら喜びを共有できる場所が福祉チームかな。」

――すごい、みんな同じ風に思ってる。うらやましい。
和田「こじんまりして平和だね。」

――チームの皆さんに一言。
和田「あれだな、少人数で活動も多くて大変だと思うけど、私はみんなのやりたいことを尊重したい、そういう方針を掲げて生きている(笑)みんなに楽しんでほしいから、みんなが楽しんでもらえるように頑張るよ!ってことを伝えたい!」

――福祉は少人数だけどボラ分けはみんなに割り振ってる感じ?
和田「うん、うん。みんな企画に参加してます!というか参加しないとまわらない現状....(笑)」

――放課後ミーティングとかもやってるってこと?
和田「夏、多くやりすぎた(笑)」

――何個くらいボラあるの?
和田「ボラ先として6,7個あるかな。月一の活動が二つあるからそこはコンスタントに週二回会ってイベントは20個くらいあるかも。。。これから一年生も忙しいかと思うから、ちゃんと取捨選択していこうかなと考えている。なんか話過ぎて太一の話を奪っている気が、、、(笑)」

中平「軽く要望になってしまうんですけど、福祉以外でのチームのボラに参加することも楽しいものがあるし、参加することによって、最近いろんなところに福祉来てるよね、ってなって福祉のボラに来やすくなると思うから他チームのボラにも行ってみてほしい。」

――最後に漢字でチームを表すと?
和田「わたしは「癒」!」

――そのこころは?
和田「わたしを受け入れてくれる空間!みんなにとってもそうであってほしい。」

――いいな。福祉チームに入りたい(笑)。太一さんは?
中平「「和」。まゆかさんの「和」でもあるし(笑)ほんとにいい意味でまゆかさん中心のチームだし、まゆかさんの雰囲気が今の福祉チームのすべてを物語っている。」
福祉5

――ありがとうございました!
福祉チームらしい温かい雰囲気の中行われたインタビュー。福祉チームの魅力が多くの人に伝わるといいですね(^^)

(記事:2年 吉川、1年 小松・佐藤)
スポンサーサイト

| 福祉 | 12:01 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT