ゆにっき

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

環境TL・副TLインタビュー

こんにちは!
第9期と代が代わってから数ヶ月経ちまして、
おまちかねの初のTL・副TLインタビューを行いました(^-^)/
第1弾環境チームです!今のお2人の心境をお届けします!

20180125_202824864_iOS.jpg

チームリーダー 徳田雅信(2年) 副チームリーダー 渡辺明音(1年)



――代が変わってTL、副TLになってみての心境はどうですか?

徳田:元から全然リーダーやるキャラじゃなくて、友彦さんっていうね、とてもリーダーに適した人に比べたら劣るんだけど。やっぱ環境チームは人数多いから、上手くまとめられるように今まで以上にしっかりやんないとなっていうプレッシャーが一番おっきいかな。 あかねはどう?

渡辺:8期の友彦さんをはじめとする三年生の方がみんな、頑張っている姿をあんまり見せないなと思ってて...わかりますか?

徳田:あー、わかる (笑)

渡辺:そういうところはやっぱり凄いなって思うし、自分もこれからあんまり頑張っているのを前に出さないような副TLになりたいなって。

徳田:なんかいつの間にかやってるんだよね。

影でやってるみたいな?

徳田渡辺:そう !



――そんな先輩たちの凄いなって思うところはありますか?

徳田:環境チームって、結構先輩含めて真面目な子が多くて、自分からグイグイってよりもさっきあかねが言ったんだけど、裏方というか、いつの間にか影で仕事をやってくださっている方も多くてさ。で、そういったひたむきに縁の下の力持ちになっているところがすごいなって。いつの間にか後輩からも慕われているし、先輩みたいになりたいなって...。っていうところが一番俺は尊敬してるかな。

人数少ないけど一人一人キャラ濃いよね。

徳田:キャラ濃いねえ~

全員:(笑)

渡辺:後輩にどんどん話しかけてくれる人もいれば、こういうことやりたいって案を出してくれる人もいて、人数が少ないながらにそれぞれちゃんと役割を担っている感じが今の三年生の先輩はするなって尊敬してます。



――9期で前の代とは変えていきたいこととか、9期になって新しく始めたいこととかありますか?

徳田:うちの環境チームってのもなんだけど、ボランティア本部ってわけでさ、ボランティアをやる部活なわけよ。だからやっぱ、ミーティング来てるとか、交流会行ってるだけってなると、やっぱり趣旨がずれちゃってるかなって。やっぱりボランティアに行きやすい環境をチーム内で作るのが、いいんじゃないかなって思ってる。“環境チームの環境づくり”って俺は言ってるんだけど。それをまず一番に新しく変えたいなって思ってるかな! これからどんなことやりたいかなっていうのは、代々続いてきてる伝統的な月一清掃を、マンネリ化しないようにしたいかなって。 
新しいことって言ったら、他の大学さんだとかと関わることかな。昨年他の環境のコンクールとか他の大学さんが主催でやってるところの委員会や実行委員とかに行ったんだ。ちょっとそれで冬合宿行けなかったりもしたんだけど(笑)
他の大学さんと仲良くなったり、どんなことやってるのかなって吸収しつつ、上手く還元して、もしもできたら他の大学さんとミーティングとか交流会とかができたら...頑張って行きたいなって。もちろんチーム内でも、成蹊学内でもできるそんな取り組みもできたらいいなって思ってる。

渡辺:少し被るところはあるんですけど、ミーティングの出席率自体は定期的に来てくれる子が多いので、それは嬉しいんですけど、やっぱりボラに実行しないと意味がないじゃないですか。言い方はきついんですけど。でもボラに行かせるのはTLとか副TLの仕事なのかな、とは思っているので、まずはボラに行くような環境づくりは整えたいなって思ってます。

20180125_202816328_iOS.jpg


――環境チームは人数多いけど、大変なことはありますか?

徳田:人数少なかった時は、一人一人がもう8、9割くらいが来てたらしく、まあ30人いたら、20半くらい来てるとか。やっぱ人数多くなるにつれて、来ない人が目立っちゃうとかはあるんだ。あと、一番ちょっとマズイのが、大人数をまとめる環境チームの方針というか、マニュアル的なものがなくて。今まで続けてきた数人ずつ分けて、ボランティアの企画進めると一つの企画20人とかになっちゃうたり...

やらない人が出てきてしまったり…?

徳田:だから、そうだね。もうちょっと少人数で上手くまとめられるそんな、企画づくりやっていきたいなって思ってるかな!



――環境チームを漢字一文字で表すとすると何だと思いますか?

渡辺:それすごい迷った!

真剣に考え中...

徳田:雰囲気とか取り組み方から見ると「」って漢字。

全員:おお!

徳田:誠実な「」。みんな誠実で真面目で一人一人大人しいけど実行力がある。大人数だからやろうと思えばいろいろなことが実現・実行できると思うんだ。俺もみんないい子だから。

俺も?(笑)

徳田:いや俺はいい子じゃないよ(笑)俺は悪い子だから。実りある一年間になっていきたいなって。

渡辺:すごい迷ったんですけど「」かな。本当にいろんな人がいて、、いろんな役割をしてくれる人がいて、人数も増えたので、だいぶ彩りがあるなって。よりチームが密になってる気がしたので「彩」にしました。

徳田:そうなんだよ、本当にいろんなやつがいるからな。

個性強いよね(笑)

渡辺:特にチーム内がちょっと濃くなったなっていう感じ!



――色んな人がいる環境チームのみんなに向けて一言!

渡辺:今年のチーム中では唯一副TL戦でライバルがいて争った中で選んでもらってる立場なので、まずはその選んでくれた人にはすごく感謝しています。そして相手側を選んだとしても、副TLに就任させてくれたことに感謝してます。あんまり私もすごいリーダーっていう感じではなくて、最初の時点では正直私もほかの子を推薦してました。もっと適任の子いるんじゃないかなって思う中で、こうして副TLやってるので、ちょっと至らない部分もあるんですけどこれから一年間よろしくお願いします!

最後にTLから締めで!

徳田:ちょっと外れるけど運営役員環境多いのよ。局長4人中3人とも環境だし、運営役員12人中5人が。そういうのでUni.の環境チームが顔になりつつあるのかなって。結構ぐいぐい行くのが環境に揃ってるんだなって。プレッシャーは感じてるんだけど、逆に相談しやすいというか、ユニの事情とか分かってくれる子が多いってことはこちらとしてもすごいありがたいし、結構抱え込むタイプなんで、是非相談させていただきたいって頭を下げている感じで...

全員:(笑)

徳田:1年生もそういった運営役員たちにしたっている子多くてさ、そういう子たちが2年・3年となって…数ヶ月で1年生も入ってくると思うんだけど、後輩を慕う先輩に慣れるようにがんばってください、私も頑張りますので。

20180125_202821419_iOS.jpg

最後はお決まりの環境ポーズで絞めてくれました^^






代替わってみると改めて先輩たちのすごさというものが感じてきますね...。
そして環境チームに対する想いが2人からとっても伝わってきましたね!!
先輩たちの良さを生かしながら、新たな環境チームが今後どんな活動を実行していくかが楽しみです^^

次回は教育チームです!お楽しみに(^^)/

(記事 2年二宮 1年小松)

| 環境 | 06:04 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

東北現地ボランティア

こんにちは!東北プロジェクト2年の小堀ななみです!今日は夏休みの東北現地ボラについて報告します!
今回は9/8の夜に高速バスで仙台駅に向かい、9/9は朝から大森第4団地での活動や南三陸町の震災遺構を訪問、そして夜にバスに乗り、9/10の朝に新宿着という充実したスケジュールでした。
そして、1年2名、2年9名、3年5人、そして4年2名の計18名で行きました!
まず今回初めて現地に来た人達で石巻市にある大川小学校へ見学に行きました。大川小は東日本大地震の津波の被害によって生徒と教師84名が犠牲になりました。骨組みだけが残された校舎。私は今年の3月11日に初めて訪れましたが、当時の事を想像しながら校舎を見学していると言葉に出来ないような気持ちになりました。テレビの報道で見るのと実際に行き、目で見るのとでは感じるものが違うと思います。
S__61702177.jpg

そして今回のメイン!石巻の大森第4団地での夏祭りのお手伝いです!
私たち東北プロジェクトではフルーツポンチを作って配りました\(^o^)/暑い日だったので、冷たいサイダーにたくさん果物を入れたフルーツポンチは大盛況でした!
その他にもスイカ割り、団地の方々との交流、。子供達と遊んだり、東北大学の学生さん達とお話したり、みんなでフラダンスを踊ったり?(笑)私たちまで、流しそうめんや野菜炒め、冷たい飲み物などたくさん美味しいものをいただきました!S__61702174.jpg
S__61702175.jpg

また自治会長さん、復興公営住宅に移られた方、石巻市の復興を考える会の方3名のお話などなど…今回も現地の生の声をたくさん聞かせていただけた貴重な時間でした。
これからどんな活動をしていくべきなのか、どんな思いで過ごされているのか…などいろいろ考えるきっかけになったと思います。
大森第4団地を出て、南三陸町のさんさん商店街へ。ここは2012年2月に仮設商店街としてオープンし、今年の3月3日に本設オープンしました。その商店街から、津波によって大きな津波の被害を受けた防災対策庁舎を見ました。
鉄骨がむき出しになって佇む防災対策庁舎。あんな高さにまで津波が襲ってきて被害を受けたことを当時や被害を受ける前の写真なども合わせて見ることができ、一緒に見て、改めて恐ろしさを感じました。画面越しに見るのと、実際に目の前にするのでは感じ方も違うと強く思いました…。
そしてさんさん商店街には美味しい海鮮丼や東北のお土産なども売ってるんです!ちょうど訪れたのが夕方ごろだったので、商店街に西日が差し込んでいて綺麗でした!
S__61702178.jpg
その後、石巻市の日和山公園にも訪れました。高台から石巻の街を一望することができる場所で、震災前から震災直後、今までの変化を感じられます。石巻に行ったら、ぜひ訪れるべき場所の一つだと思います。
最後は仙台駅で、美味しいご飯も食べました!

長くなってしまいましたが、このような流れでした。
とても濃密な時間を過ごすことのできた夏休みの現地ボラ。
行くたびに多くのことを吸収でき、現地の方達の優しさや頑張っている様子に触れ、私たちにまでパワーをもらっていると感じます。
S__61702180.jpg
これからも、積極的に自分たちができることをし、ギブアンドテイクの関係を目指したいと思いました!
読んでくださってありがとうございました!
そして!12月9日の東北引退ボラにもぜひぜひ参加してくださいね〜!(・∀・)

<編集後記>
今回は自分も参加者の一人として現地訪問しに行きましたが、当時の爪痕はまだまだ残っていました。震災からもうすぐ7年たちますが、すでに過去のものになってしまっている人がいると思います。建物などの復興は専門的になってしまい学生にできることは少なくなってしまいました。しかし、建物などだけが復興ではありません。人と人のつながりはとても大切なものです。実際に何回か現地訪問をしてきた先輩たちと現地の人たちのつながり、信頼に感動と言ったら大げさかもしれませんがとても強いものを感じました。学生の現地訪問は自己満足など言われている節もありますが、決して無駄なものではないと思います。先ほども述べた人とのつながりや、自分の中での新たな価値観や目標の発見、災害を忘れてしまわないようにこのゆにっきのような形で伝えていくこともできます。この記事を読んで東北のことを少しでも思い出す、興味を持ってくれる方がいてくれたら幸いです。

| 東北 | 14:21 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【国際】国際運動会

こんにちは^^
国際チーム1年の野口萌里です。

今日は、9月17日に行われた国際運動会について報告します!

夏休み最終日は!
国際運動会を開催しました\(^o^)/
参加者28名と沢山の方々に来ていただき、熱く!熱く!盛り上がりました〜〜!!

参加費の200円は合計5600円としてブリッジエーシアジャパンさんに寄付させていただきました。
参加者の皆様、ご協力ありがとうございました!


国際運動会では、海外発祥のスポーツや遊びをして、4チームに分かれて競い合いました!
競技は全部で4種目あります。

*インディアカ
ドイツのスポーツで、インディアカと呼ばれる羽根のついたシャトルコック状のボールを、手で打ち合う団体競技です。そこに少しオリジナルのアレンジを加えて輪になって楽しみました!

20170928_161957000_iOS.jpg


* ドッチビー
日本の競技で、ドッチボールのフリスビー版です。そして今回はドッヂビーに国旗当てゲームを組み合わせました。見慣れた国旗から見たことない国旗にみんな苦戦しながら答えてました!

20170928_162004000_iOS.jpg

20170928_161959000_iOS.jpg


* 借り物競争
①ワイフキャリング
ワイフキャリングとは、フィンランド発祥で、゛夫が妻を運ぶ″競技です。
20170928_161936000_iOS.jpg

②2人一組で、借り物のお題が入った風船を運び、割ってお題を探します!
借り物のお題が英語や中国語で書かれている!という国際的な要素を取り入れました。
20170928_162002000_iOS.jpg


* リレー
予定よりも少し早く終わってしまったので
最後は急遽、リレーを開催して国際運動会ラストスパートは大盛り上がりで締めました!


〜結果発表〜

5位 1050点 Cチーム
4位 1090点 Dチーム
3位 1120点 Eチーム
2位 1610点 Bチーム
1位は、、、!!!
1720点のAチームでした!
おめでとうございます\(^^)/
優勝したチームには、景品が送られました〜〜

20170928_161955000_iOS.jpg


皆さん大盛り上がりでとても楽しい運動会になりました。
1年生から4年生まで幅広く仲良く、一緒に話したり笑ったりすることができて良かったです。
素晴らしい夏の思い出ができました^^


| 活動報告 | 12:04 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【国際】ハンガーバンケット

今回ハンガーバンケットの企画のリーダーをやりました国際チーム2年の井口晴貴です!


ハンガーバンケットとは?
世界の貧困の状況を知るために様々な所得層の食の格差を疑似体験して学ぶワークショップです。

当日は、まずワークショップで各所得層に分かれてもらい、高所得層にはオードブル、低所得層には塩水とおにぎりなどといったような食事を出しました。
途中で層の入れ替えもあり、参加者たちはなかなかの盛り上がりを見せていました。

S_6803698403983.jpg
▲ブルーシートを敷いた地べたに座る低所得層と、それを眺める高所得層

Image_3ecd6f1.jpg
▲高所得者は豪華なオードブルを食べることができます



次にディスカッションを行いました。各班ごとにそれぞれの所得層を体験してみて問題点、解決策を考えてもらい、まとめてもらいました。どの班も活発なディスカッションが行われ様々な意見が出されました。

S_6803698429723.jpg

Image_070fb0f.jpg


今回のボラの感想として、自分自身も世界の食の格差について学ぶことができたと思います。ワークショップもディスカッションも盛り上がっていたと思うのでそこはとても良かったと思います!改善すべき点もいくつかあったので来年に生かしてほしいです。
来てもらった方、ありがとうございました!

| 国際 | 20:10 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【環境】エコエコクッキングWS

皆さん、こんにちは!
今回は9/13に行われた環境チームのワークショップについて報告したいと思います(^-^)

その名もエコエコクッキング☆

普段であれば捨ててしまうような野菜の皮や茎も使って、美味しく調理をしながらゴミを出さない、という目的のものになります。

FullSizeRender 2

WSの企画メンバーで試作会をした時の様子。
にんじんや大根の皮をどのように調理するのか、アクをとるにはどうすればいいのか話し合って、本番に向けて準備しました!

当日はできるだけ多くの人に参加してもらうため、1部(午前)と2部(午後)に分けて行いました。

IMG_9316.jpg
IMG_9318.jpg

大根の葉はみじん切りにしてふりかけに

IMG_9315.jpg
IMG_9319.jpg

中華スープに入れる野菜の皮は、よく洗ってきんぴらへ入れました!

IMG_9321.jpg
IMG_9317.jpg

普段捨ててしまうキャベツの芯も細かく刻めば餃子の具として利用することができるんです(-_^)

IMG_9320.jpg

そして……みんなで作った料理の完成!
皮や芯を使ってるとは思えないほど自然な料理に仕上がることができました。とっても美味しかったです☆

IMG_9323.jpg
IMG_9324.jpg

調理後は食料廃棄物やフードマイレージなど、普段の私たちがあまり耳にしない「食に関する問題」をクイズ形式にして取り上げ、解説をしました。
今回のWSを通して、国内の食料廃棄物を減らすためにはどうすればいいのか、私たち個人ができることを見直すきっかけになったと思います

IMG_9322.jpg

最後は一緒に調理をした皆と記念撮影です♪

IMG_9282.jpg

1部の皆と、

IMG_9285.jpg

2部の皆で!
参加してくださった皆さん、そして企画メンバーもお疲れ様でした(^o^)

(記事:2年 矢島)

| 環境 | 21:40 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT