ゆにっき

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

南三陸現地ボランティア

こんにちは
教育チーム・東北プロジェクト1年の鈴木隆一です


今回は東日本大震災から4年が経ち、自分も含めて新しいメンバーも一緒に南三陸町災害ボランティアセンターへ行ってきたことを報告したいと思います


3月11日に成蹊大学構内で「ともしびプロジェクト」を実施したあと、東北プロジェクトのメンバー9人で現地へ向かいました
23時ごろに新宿を出発して仙台駅へ
その後、電車、バスを乗り継いで12日の9時ごろに南三陸町災害ボランティアセンターに到着しました


ボランティアの内容は当日にボランティアセンターの方に紹介してもらうという形でした
今回行ったボランティアは、牡蠣の養殖場のお手伝いでした
基本的に作業中の写真撮影は禁止だったので、分かりにくいとは思いますが文章のみで説明します

養殖場のお手伝いと言っても実際に海へ出るようなことはなく、すでに収穫された牡蠣を出荷する状態にする過程を手伝わさせていただきました

最初の仕事はかごに入った牡蠣(およそ30kg程度)を大きなテーブルの上に広げ、牡蠣についているごみや汚れ、ムール貝などを除去する作業でした
手で大きな塊の汚れを落とすだけの単純な作業でしたが、力が必要で、とにかく大量に牡蠣があるので大人数で作業してもなかなか終わりがこなかったです(牡蠣の養殖場のお手伝いは東北プロジェクトと福岡大学のボランティアグループの方々と一緒に20人程で行いました)
作業は1時間に一回休憩があり、温かい飲み物などを用意してくださいました
午前中は10時から約2時間同じ作業をして昼食を食べました

午後からは牡蠣についていたごみを一度洗い、残ったムール貝の中から商品となる6cm以上の大粒のものを選別していく作業をしました
これも単純な作業でしたが、ほんとに量が多くていつもは5~6人で作業していると考えると気が遠くなるような作業でした
この作業を約2時間行ったあと、女性は大きなごみをとってある牡蠣をブラシで磨く作業、男性は作業場の片づけ・清掃をおよそ1時間ほどしてボランティアは終了しました

最後に養殖場の方からお礼にと蒸した牡蠣をご馳走になりました
東京で食べるものとは味が全く違い、なにもつけなくても牡蠣の甘さと潮の香りがいっぱいに広がってとても美味しかったです
IMG_3569.jpg

IMG_3568.jpg


ボランティアを終えたあとは高速バスで仙台駅へ向かおうと予定していました
しかしここで問題が発生して、なんと乗る予定だった高速バスが定員オーバーで乗れないという緊急事態に
しかしたまたま近くにいらした方の自家用車に乗せていたただいて、近くのバス停まで送っていただいて、なんとか行きと同じルートで(予定より4時間近く遅れましたが)帰ることができました
そして仙台駅から22時発の夜行バスで13日の朝5時半に新宿へ帰ってきて、0泊3日の現地ボランティアは無事に終了しました


今回初めて震災後に現地に行って感じたことは、たった4年間でここまで復興することができるのか、と思ったのと同時に、4年間でたったここまでしか復興できないのか、という矛盾したような感覚だったことです
確かに道路は整備されてきていたし、土を盛り上げて高台をつくっていたりと少しずつ変わってきているということは感じました
しかしその一方で未だに津波の爪痕がまざまざと感じられる、手の付けられていない地区の集会場や橋の支えの部分が折れてしまっているものが残されていました
東日本大震災から4年と聞いて、「もう」4年経ったのか、それとも「まだ」4年しか経っていないのか
それぞれ違うと思いますが自分は後者でした
「まだ」たったの4年しか経っていない、これからあと何年かかるか分からないし、もしかしたら二度と震災前のようには戻れないかもしれないということも感じました
しかし現地の方と話しをさせてもらって、とても前向きで明るく、復興の手応えを感じているのではという印象を受けました
前のようには戻れなくても、新しい形で復興していこうという希望をもってお仕事をされていました
自分はなにもできないと思っていましたが、実際に現地へ行き、体験し、感じることで、これからもっと自分にはできることがある、できることは何でもやりたい、そういった気持ちになることができたボランティアでした
IMG_3571_20150320153109b90.jpg


とても長く拙い文章になってしまったことをお許しください
以上で報告を終わらせていただきます

| 東北 | 15:40 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

いわき市石炭・化石館「ほるる」炊き出し

こんにちは、1年生の竹井です。国際チーム、広報局、動物プロジェクトに所属しています。ただ今回はこれらについてではありません…東北プロジェクトの活動についてお伝えします!

12月14日に福島県いわき市にある、いわき市石炭・化石館で行われた「2014クリスマスパーティーナイトinほるる」に出店された東村山ボランティアセンターの皆さんのお手伝いという形で参加してきました。東村山ボランティアセンターの皆さんとは震災の年以来、ずっと一緒に活動させていただいています。今回は3年生1人、2年生4人、1年生2人の計7人で参加しました。

朝6時半に吉祥寺に集合とかなりのハードスケジュールでしたが無事全員揃い出発、10時ごろには目的地に到着しました。そこでポップコーンとフランクフルト、お好み焼き棒、ミニドッグの販売と子供たちのために輪投げを実施しました。





輪投げをしてくれた子供たちにはお菓子を配布。彼らはうまい棒を手にし、僕らが1万円を手に入れたとき以上の喜びを見せてくれました。大人が取り戻さなきゃいけないのはこういう心じゃないかな…笑

東村山の方々は毎月いわき市を訪れ、今回のようなイベントに出店したり、仮設住宅を訪問するなどの活動を続けています。いわき市を支援されている理由は東京から車で行け、日帰りが可能であるから。費用などのことも考え、活動を長く続けていくには最適であるとおっしゃっていました。東北に行ったのが2回目でしかない僕にはわからない事ですが、3年間毎月というのは苦労も多いのではないかと思います。1年に数回大きな行事を行う、毎月ちょっとずつ小さな活動を積み重ねる。改めてボランティアには様々な形があると感じました。uni.の東北プロジェクトも今後、共に長く活動を続けられるよう励んでいきます。






| 東北 | 13:50 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

東北ボラ in 石巻!


こんにちは!はじめましての人ははじめまして!(´∀` )
地域チーム&東北プロジェクト3年 松永美玖です!♪

もう8月も終わってしまいそうなのですが!ここで8/16に行われた東北ボラの報告をさせていただきますっっ!!
今回は宮城県石巻市の南境第4団地という仮設住宅でおこなわれた「KI (気持ちいっぱい)夏祭り」に15名で参加して
参りました!
__ 2


夏祭りというよりは炊き出しのような雰囲気で、わたしたちは地域チームで吉祥寺のお祭りでもつくったあの白玉を!(笑)配りました(´∀`)
だがしかしですね!天候が悪くスケジュールが少しずれてしまった関係で、被災者の方と触れ合うことがあまりできませんでした・・・(泣)
でも仮設住宅に行くことが初めて!って参加者もいたのでいい機会にはなったのではないかとおもいます!

また、お祭りがはやめに終わってしまったので、石巻の被災地や仮設商店街を見て回りました。
__ 4

3年たっても津波の被害の爪痕がまだまだ街中にのこってました。。。
逆に以前訪れた場所にいってみると、新しい家が建ち始めていたり、工事がはじまっていたりなんて変化も見ることができました!!


やっぱり1回きりとかではなく、不定期でも継続していくことが大切なボランティアだなあと改めて感じました◎
東北ボラいったことない人ぜひ一度一緒にいきましょう~!!!

(((参加したみなさまおつかれさまでした!)))
__ 1

| 東北 | 14:08 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

4月13日いわきさくらまつり

こんばんは、昨日初めてスマホを買って四苦八苦している地域チーム三年糸嶺柾人です。

ということで4/13(日)に福島県はいわき市で行われた第三回さくらまつりへと行ってきました。

会場となったのは常磐線湯本駅より徒歩10分程のところにあるいわき市石炭・化石館ほるる。いわき市内にあった炭鉱の歴史や市内で出土した化石、市内の地層などが見学できる博物館です。
その会場では早速各ゆるキャラがお出迎え。左から
ほるるマスコットキャラ「ほるるくん」
いわき農産物マスコットアグリン☆ファイブより「さる1号」
同「なしポチ」
東村山市社協イメージキャラクター「ぽんたくん」
IMG_6154.jpg

さてさて、今回のお手伝いは主に東村山市社協の人と一緒に物販ということでした。
名物という東村山焼きだんごを焼く美里
IMG_6174.jpg
醤油味の団子はこちらでは珍しいらしく、飛ぶように売れ一時前には完売という人気ぶり。

その隣では焼きそばを販売。大きいヘラを操り焼きそばと格闘する礼子
IMG_6181.jpg

僕自身もやってみました!
やっぱり具材が多いと結構重く感じるなぁ→あれー、思ったよりキャベツがすぐには小さくならない→おうおう、手前から具材が落ちてしまう……

「手前から落っこちるのは気にするなー」

は、はいそうですか、ではリズムよくわっせわっせ……

とまぁ、流石に簡単とは言えない感じでした。もうちょっと麺がほぐれてくれれば……

ところで、このブログを書くためにちらしを確認していたら、社協の皆さんとやっていたコーナーには名称があったんですね。その名も「花より団子の広場」お、おう……。

お、ゆるきゃらのお手伝いということでぽんたくんとみんなが一緒にいると? よっしゃ、三人一緒に記念撮影や!
IMG_6177.jpg
エ、ぽんたくんノナカニヒトナンテイマセンヨ?(棒

それらの脇では、舞台演舞などが行われていました。
フイ・オ アフラニ舟木によるフラダンス
IMG_6186.jpg
フラダンスといえば、丁度このいわき市湯本では炭鉱閉山後の地域活性化の起爆剤としてスパリゾートハワイアンズが現在も頑張っています(これらは「フラガール」として映画化もされました)ね。

小平・東村山市ダンスパフォーマー集団「迫-HAKU-」によるダンス
IMG_6221.jpg

IMG_6259.jpg

IMG_6275.jpg
いやぁ、こんな感じでうまく踊ってみたいものですねぇ(遠い目

それにしても、地域チームの人間としても、焼きそばの実演は中々できるものでなく、今回貴重な体験をさせていただきました。

最後になりましたが、会場の皆さんと、お祭りの手伝いや学生の往復をしていただいた東村山市社協の皆さんにはお世話になりました、ありがとうございます。
IMG_6287.jpg


IMG_6291.jpg
丁度いわきは桜が満開でした


IMG_6297.jpg

IMG_6303.jpg
ですが、この通り、特に沿岸部は復興半ばなのは忘れちゃいけませんね、こればかりは実際に行かないとわかりませんし、忘れそうになります。

| 東北 | 23:42 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2月1日、2日東北祭り

こんにちは、とりあえず二年終わりまではフル単で行けるはずの地域チーム二年糸嶺柾人です。
というわけで、2月の1日と2日に開催されました、東北祭りに参加してまいりました。
何、記事更新遅すぎだって?はい、ごめんなさい。
IMG_4473.jpg
え、この写真の場所に見覚えがある?ほらほら、7月のふれあい夏祭りあったでしょ、奥さん、あそこですよあそこ。

ともあれ、Uni.では主にパンフレット配布、ステージ警備、抽選所案内の三役に分かれて会場運営に協力しました。
お前はどこにいたって?たまたまステージ警備の役回りだったので、ステージ上のパフォーマンスをほぼ全て見ることが出来ました。これが役得ってもんですぜゲヘヘ。
さて、邑上武蔵野市長や土屋衆議院議員などの来賓挨拶を経て、総責任者である矢口さんの開会宣言によりお祭り開始(以下、ステージなどの写真は矢口さんなどの許可を得て掲載しております、スタッフ以外の方の顔はぼかしております)。
IMG_4484.jpg

IMG_4491.jpg
輝&輝のお二人による三味線演奏(1日)

IMG_4516.jpg
民謡みどりさんによる東北民謡ショー(1日)

IMG_4546.jpg
和太鼓千川組子どもの部による和太鼓演奏(2日)

IMG_4570.jpg
浅野咲千絵さんによる三味線演奏(2日)

IMG_4580.jpg
奥土居美可さんらによるJazzコンサート(2日)


IMG_4513.jpg
全自動子供泣かせさん青なまはげさんが一匹
ちなみになまはげは一匹二匹と数える、これ豆知識。

IMG_4520(2).jpg
なのにゆるキャラ勢揃いの時は奥で恥ずかしくて後ろに隠れる青なまはげさん(嘘

IMG_4499.jpg
ほっかほかの久慈まめぶ
「クルミや黒砂糖を包んだ団子を、野菜、焼き豆腐、油揚げ、かんぴょう等と共に昆布と煮干しの出汁で煮込んだ料理(出典:wikipedia)」という、「あまちゃん」では「おかずかおやつかよくわからない微妙な食べ物」と評されたものだけどこれ見たらおいしそうに見えるでしょう、ねぇ?

IMG_4593.jpg
パンフ配りお疲れ様です

なまはげ「わ゛る゛い゛ごはいねぇーがぁ~」
_人人人人人人_
>誰も構わない<
 ̄Y^Y^Y^Y^Y ̄
IMG_4523.jpg

→そしてなまはげはパフォーマンスをやめた
IMG_4524.jpg

後は合間を縫ってボラに来てくれた人とゆるキャラのツーショット撮ってあげるとか
IMG_4515(2).jpg
IMG_4578.jpg

そのような感じで皆さんお疲れ様でした。特に今回のイベントを主催した東北物産館さんとは、以後東北関連のボランティアなどで協力体制を築けたらな、と思っていますので、今後ともよろしくお願いします。


ちなみに今回一番の萌えキャラだったのは
IMG_4514.jpg
わざわざカメラ向けるたびポーズ撮ってくれた青なまはげさんでしたとさ。

| 東北 | 13:55 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT