ゆにっき

≫ EDIT

チームインタビュー~国際編~

こんにちは!今回はチーム紹介インタビュー第三弾、国際チームです!二年の久保 大地子さん、立原 武流さんにお話を伺いました!


syasinn.png


Q 国際チームの雰囲気は?

立原「イメージ的に元気な人が多いかな!ふざけるときはめっちゃふざけたり、わいわいしてる感じだけど、ボランティアの企画とかになるとみんなすごいまじめにやってて、メリハリがあるなって思う。」

久保「そうだね・・、個性もばらばらだけど、ちゃんと集まったときは同じ方向を見て、ボランティアをやる!」

―――みんなで意見言いあう感じ?

久保「意見言う人もいれば、それを受けて、作業する人もいるって感じかな。」

Q自分が一年生の時に国際チームに入ったきっかけは?

久保「私は、最初国際チームに入ろうと思ってて、だけど、そのあと周りが地域チームとかで揺れてたから、あ、じゃあ地域に入ろうかなって思ったけど、雰囲気で竹井さんとか朱音さんとかいたし、最終的には内容より雰囲気とか人で決めたかな。」

立原「俺もそんな感じかな。雰囲気を見て、ふじおさんにプッシュされて(笑)、あと、国際はボランティアの企画するときとかにいろいろ調べるから知識がつくからいいよって言われて、入っちゃおう!みたいな感じかな。」

―――実際に入ってみて知識ついた?

立原「そうだね、実際いろいろ勉強しなきやいけないし、国際のボラって貿易とか経済の格差とかをちゃんと調べたりするから知識はついた。そこは間違ってなかったね!」

Q 国際チームのアピールポイントは?

立原「いざというときの団結力」

久保「うん!なんかパッてできるよね!」

立原「はいじゃあ集まって!って言われたらパッて行動できる。それで、みんな個性が強いから・・」

久保「うん、それぞれにできることがある」

立原「俺が好きなのは、みんなどっかの場所で輝けるの。仕事面とかじゃなくても、いじられ枠とか、何言ってんだこいつ枠とか(笑)、あるんだよねちゃんと(笑)」

久保「何言ってんだこいつ枠だれ?(笑)」

立原「ひろきとか(笑)」

―――ちゃんと役割があるんだね!(笑)

立原「うんなんかあるよね。そういうのが好き。特徴ありすぎて、輝きすぎてる、みんな」

―――他には?

久保「仲が良い!なんか、合宿とかで国際チームが固まってたらそっちの方行っちゃう!(笑)」

Q 国際チームの好きなところは?

久保「好きなところは・・やっぱり雰囲気!やってる内容とかよりも人がみんな素晴らしい!」

立原「居心地がいい!国際チームは居心地がいい!(笑)」

―――(笑)

Q ボラや企画の特色は?

久保「企画する人全員がちゃんとわかってないとできないから、やってたら絶対それに詳しくなるし、やりがいを感じるし、達成感も感じられる」

立原「うん、そんな感じだね!!」

Q 先日の貿易ゲームの感想は?

立原「あそこにいたるまで、意見出して、どれだけいろんなパターンができるか。貿易がまずわかってないとできないからみんな貿易についてちゃんと調べて、みんなで意見交換するから終わった後、みんなが達成感感じて、もう貿易ゲームのみんなで集まれないの悲しいねっていう話になる。」

久保「うん、なんかそれぞれ終わった後に褒めあう!今回、こういうとこすごかったよ!みたいな(笑)」

立原「褒められた方も、なんもしてない、なんもしてない!みたいなね(笑)」

Q どんな一年生に入ってほしい?

立原「誰でもウェルカムだけど、やっぱりオンとオフをしっかり切り替えられる人かな。そういう人がいたら、打ち上げも楽しいし、企画もうまくいくのかなって思う。」

久保「別に国際チームっぽくなくていいんだけど、大学の中でとか、これから一個でもやりたいことを持ってる子。芯のある子がいいな」

―――どんな先輩になりたい?

久保「あんまりすごいまじめな人ですごいなんでも出来て・・とかよりは、すごいへらへらしてるわあの人って思われる方がいい!(笑)」

―――友達感覚みたいな

久保「うんうん!」

立原「接しやすい先輩になりたい。いろんな意味で!」

―――最後に国際アピールしてください!(笑)

立原「言葉の中でカタカナをよく使うなら、それは国際チームむいてます!(笑)

―――(笑)

立原「例えば、リンゴをappleっていう人とか・・・」

―――あ~!国際だね!(笑)

立原「なんか比べてみようとかをcompareしてみようとか、LINEの名前を英語にしてたらそれはもう国際チーム!(笑)」

お二人とも、ありがとうございました!国際チームの仲の良さが伝わるインタビューだったのではないでしょうか!チームを迷っている一年生もミーティングなどに参加して雰囲気を味わってみてください!

(広報3年上原・秋元、2年吉川)
スポンサーサイト

| 国際 | 19:32 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

チームインタビュー~教育編~

こんにちは~広報局です!!
新入生が入部してから早一ヶ月・・・少しずつ新入生と上級生も打ち解けてきたのではないでしょうか?
さて毎年恒例のチームインタビュー前回に引き続き第二弾!今回は「教育チーム」です
インタビューに協力していただいたのは、2年の高橋未来さん白水彩乃さんです!ではさっそく二人に教育チームについて紹介してもらいたいと思います!!

1495372540753.jpg


ー教育チームの雰囲気は?

高橋:みんな一人一人意見もって、ほんと明るい感じです。

白水:私も同じ感じでほんとムードメーカー的な人がすごいいっぱいいて、盛り上げてくれるし面白い人いっぱいですね(笑)

高橋:話しやすいしね



ー教育チームに入ったきっかけは?
高橋:最後まで迷ってて・・・結局新歓合宿のときに一番教育チームの先輩と話したことがきっかけです!あと知ってる先輩が入ってたことがわりと大きいかな!!

白水:私は新歓部屋に行ったときユニマガジンを読んで教育が楽しそうだなって!そのときは実験系のボランティアの写真が写ってて、それすごい楽しそうだと思いました。自分がやるなら楽しいのがいいなと思って!あと子どもが好きっていうのも全体として大きい!!

高橋:ああ!子ども大きい(笑)

白水:うん!子どもが前提にあった(笑)


ー教育チームでがんばってきたことは?
高橋:ボランティアに参加したときは子どもたちに楽しんでもらえるように色々話したりしました!

白水:ミーティングで具体的に意見言う人はいっぱいいるんですけど私はそういうの得意じゃなくて・・・あんまり意見出せてないからその分ミーティングにはちゃんと参加しています!あとは最近議事録を書く係をやってます(笑)

高橋:あとは何か頼まれたらあんまり断らない(笑)

白水:あーそれはある(笑)


ー教育チームで一番おすすめのボラは?

高橋夏ボラです!!

ー何やったの?

高橋:この前は涼しくなろうみたいな!

ー涼しくなろう!?(笑)

白水:そう(笑 )電気使わないでね!

高橋:うん!うちわ作ったり!スライム作ったり!

ースライム?あれかー(笑)

白水:うん!グニョグニョの(笑)

ー子どもたちと一緒にやるの?

高橋:うん!一緒に教えてあげて、隣についてあげる!アイス作ったりとか!

ーめっちゃいい!楽しそう!!

(↓去年の夏ボラの様子)
IMG_20170521_215839.jpg

IMG_20170521_215842.jpg


高橋:あと走ったか!なんかハッカを塗って走ったり!

ーえっハッカ?

白水:なんか塗って走ると涼しくなる(笑)

高橋:スースーする感じ!

白水:それで2女の3人くらいが子どもたちにひたすら追いかけ回されるっていう(笑)

高橋:めっちゃ疲れたー子どもたちの方が元気だった(笑)

ー他におすすめはありますか?

白水:やっぱりハロウィンボラ!一番規模が大きい感じで毎年の恒例!そのときは子どもたちもいっぱい来てくれたし!!

高橋:仮装するんだよね!

白水:そう!みんなで仮装して!あとお菓子もらいに行ったりとかね!

ー劇とかもやるんだよね

白水:そうそう、毎年恒例かは分かんないけど一年生が交通安全をテーマとした劇にするっていう決まりがあるみたいで!

高橋:えっ交通安全ってあれ決まってたの?
 
白水:なんかそうみたい。道路とか通って家まわっていくから、子どもたちがちゃんと周り確認して車に注意するように!これ結構好評でみんな笑ってくれるし面白かったって言ってくれる!

(↓去年のハロウィンボラの様子)
IMG_20170521_215523.jpg


ーこれから一年生がチームに入るけど、どんな一年生に入って欲しい?

高橋:全部自分たちで決めるから意見とかをちゃんと持ってる人とかいいと思う!

白水ボランティアをつくりたい!企画したい!っていう人がいいのかな?(笑)
そういう人は楽しいと思います。あとはやっぱり子どもが好きな子かな!

ー教育って全部企画するんだよね?

白水:基本的に!

ー最初から何もないとこから?

白水:うん!ハロウィンくらいかな、ちゃんと決まってあるのは。
    ・・・でも最終的には誰でもね、入って欲しいですね(笑)

高橋:うん!最終的には(笑) 誰でもほんと入ってくれれば!!

白水:あと教育って他チームを呼べないっていうか、たくさん呼べるボランティア少ないっていうのもあるので、入った方が教育のボランティアいっぱいできる!(笑)

高橋:あー確かにできるね!!!

ー最後に一年生に一言お願いします

高橋:教育チームは先輩もみんな明るくて優しい人ばかりだから、入ったら絶対楽しんでもらえると思う!入ってほしい!!

白水:全く同じですね(笑)

1495371569970.jpg

お二人ともありがとうございました!!教育チームがどんなチームなのか、どんなボランティアができるか知れたのではないでしょうか?
教育チームに興味のある新入生の皆さん!このインタビューを見たり、実際に先輩たちに話を聞いてみたりして、ぜひ考えてみてくださいね(^-^)/

(インタビュー&記事: 2年綱島・二宮 3年清水)

| 教育 | 22:15 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

チームインタビュー~環境編~

こんにちはー!広報局です!
だんだん暑くなってきた今日この頃、今年もチームインタビューやってきましたよ\(^o^)/
チーム決定するうえで、1つの参考にしてもらえるとうれしいです♪
今日からあいうえお順でやっていきますよー!!ということで、環境チームから!!


今日は環境チームを代表してこの2人です!
kankyo1


2年生の東峰和佳子さん(わかこ)
kankyo2

森大雅さん(たいが)の2人にインタビューしていきます!
kankyo3


―環境チームの雰囲気を教えてください。

わかこ「普段はみんなほんわかしていてマイペースでわちゃわちゃしている感じなんですけど、ミーティングの時は学年関係なく発言するように切り替えができ真面目な人が多いです。」
たいが「環境チームに所属している人は皆学部も違うし人数も多いけれども団結力が強いチームで、みんなのびのびとやっています。」

kankyo6



―なぜ環境チームに入ったんですか?

わかこ「私は元々ボランティアをやりたくて興味はあったんですけどどんなボランティアをしたいかははっきりしていなかったんです。
その時に各チームのLMを回っていて環境チームの雰囲気というか...例えばですけどLMの時に"好きな寿司ネタ何?とかいろいろな話をしていて(笑)
先輩方がみんな面白く、環境チームいいなぁと思って..総会の時に元チームリーダーの友里さんと現チームリーダーの友彦さんの話を聞いてから環境チームにしようと決めました。」

たいが「1年生のころの新歓期間はただ漠然とどのチームがいいかずっと迷ってました。そんな中、現チームリーダーの友彦さんが新歓ボランティアの時に『環境チームに来ないか』と誘っていただいて。
さらに環境チームの先輩方がとても親身になって話してくださって、そこから環境チームにしようかなぁと思うようになりました。」

―2人ともチームリーダーの影響が大きかったんですね!

わかこ「うん!(笑)」
たいが「多くの先輩に誘っていただいたけど環境チームに入ろうと思ったきっかけをくれたのは友彦さんですね笑」
わかこ「私は小知和さんと仲良くなったのも環境チームに入ろうと思ったきっかけです!」

kankyo5



―1年生にオススメのボランティアを教えてください。

わかこ「これから夏に向けてのボラだと、海岸清掃がオススメかな!毎年江ノ島で海岸の清掃活動をして、終わった後はみんなで観光しまーす!笑」
たいが「毎月、月一清掃というボランティアを行なっていて、活動場所が吉祥寺近辺で見慣れていて活動もしやすいと思います!みんな待ってます!
もう一つオススメがあって、公園ボラというボランティアなんだけど月一回程度で行なっているんですけど、こちらのボラは割とマイナーなのでぜひ来てください!」
わかこ「どのボランティアも来てみたら絶対楽しいよ!」
たいが「絶対楽しいです笑」

*公園ボラについては後日ゆにっきの『隠れボラインタビュー~環境チーム編~』で特集しますのでお楽しみに!

―月一清掃場所が井の頭公園だけではなくなるんですよね?

わかこ「そうなんですよー!」
たいが「吉祥寺の街を清掃していくことになったんです!」
わかこ「遂に街に進出です!」
たいが「井の頭公園ももちろん清掃するんですけど、それに加えて街や吉祥寺に限らず色々な場所を考えいるのでお楽しみに!笑」

わかこたいが「是非お待ちしております!」

kankyo8.



―どんな1年生に入ってほしいですか?

わかこ「え~っと、入りたいと言ってくれる子なら誰でもウェルカムです(笑)強いて言うなら環境チームのことを好きでいてくれる子、環境チームLOVEな子に入ってほしいです!環境チームのことを好きになってくれれば、もうそれだけです。笑」
たいが「僕も環境チームに少しでも興味がある子なら誰でもウェルカムです。環境チームの一員としてボランティアやイベントに参加してくれる人、大歓迎です。そしたら僕たちも全力でサポートします。」



―この記事を見てくれてる新入生のみなさんに一言おねがいします!

わかこ「一緒に楽しいUni.ライフをおくりましょう!(笑)」
たいが「学校で会ったときは声かけてね~」

わかこたいが「待ってまーす!!」

kankyo7


インタビューを受けてくれたお2人、ありがとうございました!
環境チームの雰囲気が少しでも伝わっていればいいなと思います!
ぜひボラにも参加してみてくださいねー!!
明日のチームもお楽しみに(^▽^)

(インタビュー:3年 金子、2年 江本 写真 : 3年 Yukiya Yoshida)

| 環境 | 20:07 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

新歓スタート!

皆さんこんにちは!
学生ボランティア本部Uni.の広報活動を担当している広報局です!(^^)!



寒くて長い冬が明け、とうとう春がやってきましたね~!

そしてそして、本日は成蹊大学の入学式!

桜の開花とともに大学に新たな仲間が入ってきてくださったわけですね(*´▽`*)

新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます!


さてさて、今日から4/6までの4日間、部活やサークルの新歓が行われています!

私たち学生ボランティア本部Uni.ももちろん!絶賛!新歓活動中ですよ~

Uni.では学生会館305にて部の説明などしています^^


そしてそして、注目すべきは我らが広報製作のUni.Magazine!!

Uni.の公式フリーペーパーになっています(^^)/

s_S_5878048484237.jpg

s_S_5878048551287.jpg


↑表紙・裏表紙はこんな感じ~

気になる中身は…!

s_S_5878048605463 (1)

s_S_5878048625929 (1)


見てのお楽しみです(笑)

これを読めば、Uni.の楽しさが伝わること間違いなし!

ということで、少しでも興味のある人は学生会館305をのぞいてみてくださいね~

優しくて頼もしい先輩たちがお待ちしております(*^^)v

ではでは!

| 未分類 | 09:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

局長インタビュー~総務局~

今回、お届けする局長インタビュー第4弾は総務局長である菅野結衣さんのインタビューをお送りします!!
総務局長 01

総務局といえば総会アルバムといったイメージがありますが、それを支える局長はどのような方なのか迫ってみましょう。

――局に入った理由と局長になった理由はなんですか?

菅野:「局に入った理由はUni.しか入っていないからには、しっかり活動したいと思ったから。渉外局か総務局で迷って、どっちもミーティングとか相談会を見たりしたけど総務の方が雰囲気や活動内容が自分に合っているかな〜と思いました。事務作業とか!」

――誰かに誘われたりしたんですか?

菅野:「あった!あやさんかな。Uni.に入る時も総務局に入る時もあやさんに誘われました。でもうち一次募集では迷って(メールを送らず)寝ちゃって、二次募集で総務に入ったかな……すみません(笑)

局長になったのは……なんだろう。なんでだろうね(笑)
局長決めの話題は皆秋くらいまで触れなかったな。しゅうたろーさん(前局長)とうちは帰りの方向が一緒だったから、その時に少し聞かれてたくらいで、2年生同士で話し合ったのは本当直前になってから。その時にうちとかりんが「局長をやりたい」って言って、他の三人は「二人で決めていいよ」って言ってくれたんだけど結局決められなくて。だから、二年生が話し合って頑張って決めてくれたんだと思う。ある日突然、「局長はゆいになったよ」って言われた。代替わり前最後のミーティングで全然関係ない話をしてる時にポロっと言われて、「あ、そうなの!?」って(笑)

局長になった理由は、総務局がすごい好きで。やっぱり自分が好きなところで皆に貢献できたら一番いいのかなって。こんなんでいいのかな〜?笑」

――代替わりで局自体が変わったな、と思うところは?

菅野:「今の三年生は結構しゅうたろーさん対他の先輩たちって感じだったんだけど、今はうちがこんなんだから、かりんとかめいちゃんとかしっかりしてる子が多い!おざねぇ、もえこも。二年生が協力してくれる。うちの立場だからかもしれないけど、すごい感じる。あと一年生も慣れてきたから意見も言ってくれるようになったかな。雰囲気ね……まだ代替わりしてからお昼の30分くらいしかMTしてないから…ごめんね(笑)まあでも、そんなに変わらないかな?キャラがこの人だけ飛び抜けてる!みたいなのはあんまりない。総務全体がほんわかしてるから、いい意味で変わってないんじゃないかな!」

――局の魅力やアピールしたいことはありますか?

菅野:「局の魅力は雰囲気かな。他の局は知らないけど、ほんわかしててうちは落ち着く。総会の前日にMTするときとか、決めなきゃいけないことはしっかり決める!長期休みのミーティングとか、掃除終わった後にピザを頼んでピザパーティーをしたり。」

――へえ〜、楽しそう!

菅野:「あと、夏休みは総務遠足にも行くし。去年は川越かな。川越での思い出は、皆なかなか駅にたどり着かなくて(笑)似てる駅があるんだよね。あと電車が止まったり、皆全然集合しなくて。おざねぇに至ってはスタバのフラペチーノ頼んできたり(笑)あとは風鈴が綺麗だった!なんだっけ、氷川神社だったかな。あと、川越の有名な塔かな?観ようと思ったものが工事中だった(笑)」

一同:(笑)
総務局長 02

菅野:「『うん、こういうのもレアだよね』って話してたよ。うちバイトがあったから途中で帰っちゃったんだよなぁ。でも結構皆来たし、楽しかった!」

――総務局って厳しそうなイメージがあったんですけどイメージと違いますね!

菅野:「そうなの!?(笑)……総会かなぁ。
皆が入場するときが一番大変だから、総会の中ではそこが一番キビキビしてるかも。席にプリントとか置いてあるのも、皆5限とかの時間に集まってやるんだけど、だいたいすぐ終わるからそのあとはのんびりしてる!それまで皆遊んでたり。今回の総会では一年生が踊ってたし。まゆかとかが踊ってた気がする(笑)」

――総務局が後ろで踊るのは毎年恒例なんですか?

菅野:「ああ〜、後ろで踊るやつは毎年やってる!今度見てみ、後ろ!基本的に手は振ってて、笑わせたい時はコマネチしてたね(笑)あとはバスガイドの真似とかしてた、しゅうたろーさん。総務が前に出た時、一年生は皆コマネチしてて……7人くらいが皆コマネチしてるから、『え、なにこれ』ってちょっと笑っちゃって(笑)結構ふざけてます。」

――局長としてはこれからどういう風に活動していきたいですか?

菅野:「ええ、うーん……なんだろう。うちボキャ貧で言葉が出てこない(笑)
うちも局員だったけど、引き継いでみると知らない仕事ばかりだったんだよね。しゅうたろーさんは私たちがやりやすいようにアルバム作りとか総会とか、できるようにしてくれてたから、そういう縁の下の力持ちになりたい。皆がUni.の活動をしやすい環境を作れるように…頑張ります(笑)局全体としては、『総務局に入ってよかった』って思ってくれるのが一番だから、居心地がいい局にしたいかな。遠慮とか、気を遣って自分の意見が言えない、みたいなことはないようにしたい!せっかく人数も多いから、いろいろな意見があっていいと思うし。」

――Uni.の皆にこれだけは伝えたい!ということはありますか?

菅野:「あ、部室を汚さないで!そして暴れないで!静かにして!(切実)うちはそれを一番伝えたい!!皆ゴミ捨てないから、使っただろうなっていうティッシュとか、食べただろうなっていうものとか、最悪食堂の食器とかもたまにある(笑)あとボール遊びしてる人も。部室がプレハブみたいな感じだから壁とかいつか破れるんじゃないかなって……苦情も出てるそうなので。あ、でも部室に来て欲しくないわけじゃなくて、一年生とかたくさん来て欲しい!!うちも行きづらかったけど、決まった人しか来ないのは寂しいし。」

――部室の掃除は総務局のお仕事なんですか?

菅野:「基本的にはそうかな。分担とか絶対にやらなきゃいけないってわけじゃないけど、だいたいミーティングの後とかに『部室の掃除でもするか』って言ってやってる。今年の夏は激落ちくんを買って床を磨いたり、レイアウトも変えたよ!かりんともえこが『激落ちくん買ってくる!』って言って買ってきた後に徳ちゃんがリュックからおもむろに激落ちくん取り出して(笑)『なんで徳ちゃん持ってるの!』『早く言ってよ〜』って、本当に面白かった(笑)掃除する気満々だったよ。というわけで、『部室は綺麗に使おう』。井の頭公園の前に部室を掃除した方がいい気がする、最近。出張月一でぜひ部室掃除を…(笑)」

――これからも続けていきたいことは?

菅野:「総会の資料や出席表とかを総会の一週間前くらいに決めて、皆で印刷して切って閉じて、まとめて…っていう作業をいつも手伝ってくれるから、これからも手伝ってくれたら嬉しいな。うちの代になって皆来なくなったら悲しいなって(笑)皆総会とか手伝ってくれるんだよね。しゅうたろーさんが局長の時は自分が『毎年の流れでこんな仕事をやってるんだ〜』って感じだったから、一年生にやりたいことを聞くのもいいかなって思う。グラパのアルバムとか総務局が作ってるって知らない人Uni.には結構多いんだよね。そう思って局員に作らせてたら申し訳ないし、ぶっ飛んだ意見じゃなければ新しいことも頑張ってやりたい!」

――以上でインタビューを終わります。ゆいさんありがとうございました♪

総務局長 03
(広報局 2年:清水、1年:矢島、綱島)

| インタビュー | 20:39 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT